What we do

運営するサービス「楽待」のロゴ。
開発部メンバー。開発部には14名が在籍しています。
ファーストロジックの経営理念は「社会の発展に貢献すること」です。 経営理念を達成するためのビジョンとして、「公正な不動産投資市場の構築」を掲げております。 ビジョンを実現するためのミッションは3つ。 ・不動産投資家の支援 ・投資用不動産価格の透明性向上 ・不動産投資市場の健全化 全社員が経営理念、ビジョンを達成するために一丸となって働いています。 私達が運営している「楽待」は、2,000社以上の不動産会社にご利用頂いている業界No.1のポータルサイトです。また、「楽待」だけでなく、月間数百万人が訪れるコラムメディア「楽待新聞」も運営しています。このメディアでは、「不動産投資」の正しい知識やノウハウを、初心者から上級者まで幅広くお届けしています。(※2015年4月にYahoo!ファイナンスと提携し、「不動産投資」というカテゴリーが新たに誕生しました。) 物件探しにはじまり、賃貸経営のパートナー探しまで、ファーストロジックは、インターネットで不動産投資をするための最高の環境を提供いたします。 【参考映像】 資産管理の考え方(ボビー・オロゴンは損知らずの投資家) https://www.youtube.com/watch?v=ewgZh-2h8o8 【外部評価】 『利用者数No.1』:Nielsen NetView(2018年5月、対象サイトは当社で選定し家庭と職場のPCで比較) 『物件数No.1』:インターメント株式会社(2016年7月)調べ 『使いやすさNo.1』:ゴメス・コンサルティング(2016年1月)調べ

Why we do

開発部LT(ライトニングトーク)の様子。全員が新しい技術の学習に貪欲です。
普段の仕事の様子。エンジニアはトリプルディスプレイで業務を行います。
ファーストロジックの設立は2005年。 元ITコンサルタントだった代表の坂口が「エンジニア35歳定年説」を耳にし、エンジニアとして長期的に働くことに懸念を覚えました。 本業以外の収入を得るために不動産投資に興味を持ち始めたのがきっかけです。 しかし、不動産投資について調べている過程で、不動産投資に関心を持つ人の多さと、一方で多くの人が不動産投資の情報を得るのに不自由している現状を知りました。 そこで、自身の持つITのノウハウを駆使し、物件を買いたい投資家と売りたい不動産会社をマッチングする仕組みを作ろうとリリースしたのが「楽待」です。 現在では、不動産投資家に向けて、不動産投資の基本知識と最新情報を提供するWEBメディア「楽待新聞」やYouTube「楽待チャンネル」も運営。 「公正な不動産投資市場の構築」をビジョンに掲げて、全社員で日々邁進しています。

How we do

エンジニア向けの本はもちろん、デザインに関する本も多数あります。
就業中の様子です。他の人への質問は非常にしやすい環境です。
社員数は45名、平均年齢30.9歳と若いメンバーが中心となり、 新しいカタチの不動産投資を実現するために日々努力してます。(平成30年7月31日 現在) <ファーストロジック 3つのポイント> 1.業界圧倒的No.1 利用者数、使いやすさ、掲載数などあらゆる指標で業界No.1です。 2.東証一部上場×ベンチャー 2015年2月、20名で東証マザーズに上場。 2016年2月、34名で東証一部に上場した会社です。 現在を第2創業期とし、世界を目指す企業に成長するため、新たな仲間を探しています。 3.25歳で営業部長 当社ではわずか25歳で営業部長になった新卒社員がいます。公正な評価制度を確立しているので、頑張ればチャンスを掴む機会はたくさんあります。 2018年3月に移転したオフィスは、すべてヨーロッパのデザイナーズ家具を使用。 他社では決して使うことが出来ない高価な椅子や机で仕事をすることが出来ます。 PCも常に最新機種を導入し、快適な環境で仕事が行えます。 オフィスがある、東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワーには、 共有ラウンジもあり、フリードリンクを完備しており社員もよく利用しています。

Page top icon