1
/
5

【社員インタビュー③】静かにアツい唯一のエンジニアが目論む「技術集団構想」がすごかった🔥!!

ごきげんよう!株式会社FREEDiVEの田島です。

お久しぶりの社員インタビュー記事をお届けしたいと思います!今回は弊社唯一のエンジニア、田中賢介さんにお話をお聞きしました。FREEDiVEでのお仕事、孤高のエンジニアとしての苦労、そして「技術集団構想」についてたっぷり語っていただきましたので、エンジニアの皆様、ぜひご覧くださいませ!

FREEDiVE とお仕事について

ー賢介さんはどうしてFREEDiVEに入社したのですか?

社長に誘われました。実は前の職場の同期だったんですよ。彼は営業部、僕はシステム開発部だったんですけど、ベンチャーだったので連携が強くて部署に関わらず交流がありました。彼は「一緒に会社盛り上げていこうぜ!」ってよく言っていた気がします。

ー社長からの猛烈アプローチ(笑)当時から仲は良かったのですか?

うーん、、ほどほどに(笑)でも仲良くなかったら誘いに乗って会社に入ったりはしないですからね。そういうことです。それにしても彼は今も昔も変わらず熱意と行動力がすごいです。会社作っちゃいましたからね。

ーお二人はFREEDiVEの修二と彰といったところでしょうか。賢介さんは今FREEDiVEでどんなお仕事をされているのですか?

システム業務全般です。新規サービスのシステム開発と業務改善に関するシステム開発がメインになります。今はクライアントが社内なので、社員にヒアリングをしてつくりたいものの要件定義を立て、設計・調査をし、コーディング・テストも行ってリリースまで担っています。

ーその中で賢介さんが担当している部分はどこですか?

全部です。

 、、、!?(絶句)

エンジニアは僕一人なので、一人で全部やります。すごい驚かれてますね(笑)もちろん大変です、だからこそ一緒に取り組んでくれる人が欲しいですね。

ーそうですよね...絶対そうですよね...! いつもほんとうにお疲れ様でございます。社員がクライアントだ、とおっしゃっていましたが、他部署の社員とのコミュニケーションで心がけていることはありますか?

技術の言葉を使わず技術について話すことです。自分が基礎知識だと思っていることも相手にとっては未知の領域だったりするので、どうやって伝えたら正しく理解してもらえるかという点は常に意識しています。単語を言い換えたり例え話を用いる工夫をしていますが、やはり上手く伝えきれない時もあります。これは自分の課題ですね。

ー賢介さんがエンジニアとして大事にしていることは何ですか?

勉強し続けること。ついていけなくなるかもしれないという危機感は常に持つようにしています。同じ言語や技術を使い続けることはとても楽なのですが、それではあっという間に取り残されてしまいます。だからカンファレンスやイベントに積極的に参加したり、参考書を読んだりして最新のものに触れるよう努力しています。性分的に得た知識は試して動かしてみないと気が済まないので、それも原動力なのかなと思いますね。

ーキャッチアップとアップデートは怠らないということですね!眩しいです!

唯一のエンジニアがチーム構想を語る!

ー今後どんなエンジニアチームを作っていきたいですか?

分業体制ではなく、一人ひとりが創造できる「技術集団」を構築したいです。

インフラだけです、サーバーサイドだけです、ではなくてみんなが全部できる強いチームになればいいなと思っています。完全な分担制にしてしまうと使う技術も制限され成長しづらくなりますし、急な変化に対して弱くなってしまうと思うんです。だから一点特化型のスペシャリストを量産するよりも、守備範囲を広げて層を分厚くし、全員が何でもできるというチームが理想ですね。

ー堅実だけど尖った構想...! まず技術集団というお名前がとてもカッコイイです。素敵です。ではそんなチームにいてほしいメンバーはどんな人ですかね?

技術が好き、プロダクトが好きという気持ちを双方持っている人です。どちらかに偏っている人が集まると、マネジメントするだけの人というのがどうしてもでできてしまうと思うんですよ。もちろんもっと組織が大きくなったらそういう役割の人も必要になるんですが、今は一人ひとりがゼロイチでものづくりをするフェーズだと思うので、両軸を持ち合わせている人ならすごく頼もしい。

あとは新しいもの好きの人なら僕が嬉しいです(笑)やっぱり一人だけだと成長率に限界があるので、新しい技術を教え合って高め合えるようなチームを作っていきたいと思います。

ー二人目のエンジニアさんに向けて一言ください!

「技術集団」作りたいです。一緒にプロダクトを作っていけるエンジニアさん、僕は待っていますよ!

ーついでにプライベートでチャレンジしたいことも聞きたいなぁ

急に言われても思いつかないよ(笑)お酒が好きなので、酒蔵めぐりですかねえ。

ー渋い!お酒に疎いのであとで美味しいお酒を教えてください!賢介さんありがとうございました!


賢介さんはいつも黙々と作業をこなしていらっしゃるのでクールな方なのかしらと勝手に思っていましたが、実際は向上心と知識欲に溢れる「静かにアツい人」でした!そしてとっても優しい...インタビュー中はずっと「これ記事として面白いですか?大丈夫ですかね?」とコンテンツの心配をしてくださいました。ほぼ編集無しでお送りしましたが、組織作りへの情熱、プロダクトへの愛、そして素敵なパーソナリティはみなさまにしっかりと届いたのではないかと思います!賢介さん、心配いりませんよ!

ここまでご覧いただきありがとうございます。二人目のエンジニアになりたい、賢介さんのチームに入りたいというエンジニアさんからの応募を心よりお待ちしています!

株式会社FREEDiVE's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more