1
/
5

社内のバリューを伝えるために○○○○○○を作った話

こんにちは。ムーブメント研究所のにゃりです。

前回は、全社オフサイトをフルオンラインでやりきった記事をnoteで公開しましたが、今回はもう少しゆるふわなイベントをレポートしたいと思います。

いきなり話は逸れますが、”ゆるふわ”って言葉に耳馴染みはありますか?
freeeでは、ささいな共有やラフなコミュニケーションを取る際に、「ゆるふわ」という言葉が日常的に使われます。おそらくガチの対義語のような感じです。

(試しにslackでキーワード検索してみたら、5,696個出てきた・・・w)

さて、本題に戻りますが、今回は「ジブンゴーストバスター記念日」について。

freeeでは9つの価値基準(≒バリュー)があります。



今年からその1つひとつに記念日を制定しました。というのも、『毎年その日になると、1つの価値基準に対して想いを馳せる機会になってほしい』という想いがあったからです。

(過去の様子はこちら!Hack Everything★ Day
社会の進化を担う責任感謝祭
アウトプット→思考デー

9月15日は「ジブンゴーストバスター記念日」

ジブンゴーストバスターとは、「自分のなりたい理想像に向かうために、今自分が向き合いたい部分(=ジブンゴースト)を言語化し、それに対するフィードバックを貪欲に求め、立ち向かっていく」という姿勢のこと。



記念日が9/15日になった由来は「freeeがはじめて実質的なリーダー研修をした日」だからです。

なんだか、ここまで文字にしてみてもなかなかストイックです。

ムーブメント研究所として、これを記念日としてみんなに体感してもらうにはどうすればいいだろう・・・

ジブンゴーストって一見すると、自身のウィークポイントを否が応でも改善しないといけないように見えたり、目に見えない「ゴースト👻」との孤独な戦いのようにも映ります。

本当は、なりたい姿や自身の思い描く理想に向かって前進していくためにある考え方なので、強みや得意を伸ばすことでも良いのに……。

ジブンゴーストに対する目に見えない恐怖を、もっと目に見えるポジティブな形で表現したい!!!

その結果、生まれたのはこちら

↓↓↓

ドーン

ジブンゴーストサンドバック!!!!

なんと、イラストレーターさんが無地のサンドバックに手描きしてくださった、世界に1つのサンドバックです!!!!

もちろんグローブもあります↓↓(こちらは手描きではなくプリントです)


社内の卓球台や筋トレマシンの近くに置くことでいい感じに馴染んでいます。


そしてジブンゴーストバスター記念日、当日がやってきました。

サンドバックのお披露目は、全社集会のコンテンツ内で行ないました。

イベントでははじめに「ジブンゴーストバスター記念日」の起源となる「freee初のリーダー研修」の思い出について、人事部長の野澤が語りました。

まとめると

当時の研修を通じて、「自分たちはできている」と思っていたことが、蓋をあけてみると単なる思い込みであることを痛感した
高い場所から仲間の腕の中に背中からダイブするセッションでは、自分はなかなか仲間を信頼できずになかなか飛びこめなかった
実は、今この場でみんなの前でプレゼンすることが、自身にとっては本当にチャレンジである

ライブ配信でのコメントでも、野澤のジブンゴーストのさらけだしには反響がありました。

そしていよいよ、サンドバックお披露目。

この日のために、動画を作成しました。

ここで公開できないことが惜しまれますが、その様子だけでも・・・・。

ロケ地は、朝4時の多摩川。

ランニングして

腕立て伏せして

腹筋をして

一体なんの動画って感じですが、あの名作「Rocky」のパロディー=「Nyakky」として3分くらいのムービーを公開しました(笑)

にゃり(=私)をロッキーに見立てたものです…。なんかすればするほど恥ずかしくなってきた(笑)

そのほか、動画の中でも何名かのメンバーに、ジブンゴーストをヒアリングして、実際にバスターしてもらったりもしました。




オンライン上のコメントでも「ww」「マジで作ったのか」「腕立ての腕が曲がってない」などなど、沢山の反響がありました。

正直なところ、サンドバックを作ったことの効果測定は難しいですが、少なくともジブンゴーストに対する重いイメージを転換する機会となったと感じています。

サンドバックにハマってしまい、マイグローブを購入したメンバーもいます。(笑)


みなさまもジブンゴーストと闘いたくなったら、是非弊社オフィスへ遊びにきてください!

freee 株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more