1
/
5

目指すは今までにないエンジニア像。心を動かす “エモい”エンジニア組織を実現する

2017年Fringeへ中途で入社し、現在はUnipos株式会社のチームリードとして開発とチームづくりに取り組んでいる岡田 謙一朗。彼には「より技術知識の基盤を持った組織で、スピード感を持って顧客に向き合いたい。もっとエモいエンジニア組織をつくりたい」との想いがありました。そんな彼の、理想のチームとは。

変化に柔軟な組織で働きたい。そんな想いで始めた転職活動でFringeへ

私は社員数100名程度の企業に新卒入社し、いちエンジニアとして主に顧客向けのシステムや、社内向けのシステムの開発をしていました。

新卒で小さな組織に入社したのは、「大きな組織だと自分が小さな存在になる」と思ったからです。また、さまざまな挑戦をして活躍したい気持ちもあったので、エンジニアとして学べる知識がそろい、かつ裁量のある組織を選びました。

ある程度社内でのインプットや勉強が落ち着いたころ、外に出てみようとさまざまな技術コミュニティに参加し始めました。そんな中でフロントエンジニアが使うAngularの、ユーザーコミュニティ運営サイドに回る機会があって。そこで自社以外の情報を集めると、より早く顧客に価値を届けられる手段があることを知ったんです。

その手段を自社に持ち込みたいと上司に提案し、研修資料も作成して、実行しました。ですが実行するまでの期間は長く、基盤が整うまではさらに時間がかかってしまって。

「もっと早いスピード感で、さらに先を見てみたい」という想いが強くなり、転職を決意しました。

転職先として考えていたのは、ネット系のベンチャー。変化に柔軟で信頼できる人と働きたいと思っていました。そんな中、Fringeへオフィス訪問をしたんです。見学中にすれ違った際、多くのメンバーがあいさつしてくれました。部活動のようなチームで働きたいと思っていたので、“人”の良さや活気を感じられ、とても明るい雰囲気の職場だったことが、決め手になったんです。

「第三の道」を探求する──「まだ見ぬエンジニア像」への挑戦

こうしてFringeに入社したのですが、その中でもある課題感を感じたんです。

エンジニアのキャリアは大きく分けて、「技術を極める」か、「マネジメントを極める」かで二分されています。ですが私は、どちらのキャリアにもピンときていませんでした。だからスペシャリストでもマネージャーでもない「第三の道」を模索していました。

そうしてたどり着いたのが、現在の役職の一部分であるファシリテーターという役割でした。

私は現在、Unipos事業でチームリードとして従事しています。チームリードとは、いわゆるプロジェクトマネージャーといわれる役職で、開発チームのアウトプットの質やスピードの調整を担う役割です。それに加えて、私は「自己組織化したチームづくり」をテーマとして掲げています。

「自己組織化したチーム」とは、チームとして課題に対する解決策を自分たちで選び、実行できること。さらに、それが個人やプロダクトの成長につながる選択肢であることを指します。

具体的な業務としては、開発プロセスに関する知見の共有や、開発チームが直面する課題解決のための助言やサポートなどがあります。あとはエンジニアも兼務しているので、Uniposチームの1フロントエンジニアとして、サービスの開発にも携わっていますね。

そのような業務をこなす中で、現在の仕事の一部分である、ファシリテーターの仕事に興味を抱いたのです。これこそが、私にとっての「第三の道」であると。

ファシリテーターの役割を専門とする役職は、現在はまだ存在しません。

ですが自身のキャリアの理想像は技術開発本部長に共有していますし、私の意志に「いい考えだと思う」と共感してもらっています。

その理想像を実現すべく、まずは自分の担当するチームが、どこよりも良いモノを・少人数・短期間でつくれるチームだと言われるように奮闘していますね。そして「自己組織化したチーム」を実現できたら、さまざまなチームを転々とし、さらに見る範囲を広げていきたいと思っています。

「まだ見ぬエンジニア像」を実現するという、前代未聞の取り組みですが、それを許容し挑戦させてくれているんです。

Fringeはまだまだ小さい組織で、急拡大期にあります。だからこそ、Fringeでは「当たり前」を決めつけられずに、自分やチームの可能性を追い求め続けることができます。

エンジニア組織のチームづくりについても知見のない分野ですが、多くの挑戦によってFringeの型をつくる現在の仕事に、大きなやりがいを感じています。

入社時から変わらない、私にとってのFringeの魅力

Fringeに入ってよかったことは3つあります。

1つ目は「壁のないエンジニア組織で、Biz側とも近い距離で仕事ができる」こと。

役職の垣根を越えてコミュニケーションが取れるので、顧客の要望をいち早くプロダクトに反映できたり、Bizの視点で物事を考えられたりもします。

先ほども述べたように、私は仲間意識を大切にしていて、Fringeへ入社した一番の決め手も“人”でした。

エンジニア組織は、会社によっては他と隔離されていたり、壁があったりすると思います。しかし、Fringeの社員は、いきいきと仕事をしている人が多くて。「この人たちと働いてみたい」「Fringeであれば自分の思い描くチームをつくれそう」と、自然に感じられたのです。

2つ目は「社員の働く理由が他者に向いているので、変化も柔軟に受け入れられる」こと。

Fringeは、しくみの整っていない部分は多いですが、変化に対して柔軟な組織です。それはまさに、転職時に求めていたものでした。

入社後の出来事で印象に残っているのは、以前チームのファシリテーターとして、開発プロセスを大きく変える手伝いをしたときのことです。メンバーは変化に柔軟で、納得いかない部分にはきちんとフィードバックをくれるので、同じような仕事でもやりやすさが違いましたね。

そのようにFringeの社員には、自分ごととして捉えて行動できる人が多いんです。それは、個人のために働く人が少ないからだと思います。通常エンジニアの転職理由は、技能アップ・収入アップなど、個人に動機が向いていることが多いです。

でも、Fringe社員は「なぜやるのか」といった思想に共感し、入社する人が多い。だからこそ「プロダクトにこんな貢献をしたい」「自分の技術をお客様にこう使ってもらい、価値を感じてもらいたい」と、動機は他に向いています。それが「人ごとにせず、自分でなんとかしよう」と考えられるゆえんだと思います。

またFringeのおもしろいところは、事業ごとにエンジニアチームがあり、それぞれカラーもまったく異なるところ。はっきり意思を持っている人が多い中、その人たちが集まったときにどんな色になるのかは、チームによって違ってきます。なので、もちろん同じような技術や開発プロセスにはなりません。

さらに、各チームの色をFringeという母体に還元し、また次の色をつくっていける。そのような個性の集合によって生み出される色の違いが、Fringeらしさだと思っています。

3つ目は「情熱を持って新たな挑戦をし、仲間に称賛され、仕事で泣ける」こと。

以前は“働かなくてはならない“といった義務感で、決まった流れの仕事に「なぜやるか」を考える暇もなく取り組んでいました。

ですがFringeに来て、仕事に情熱を持って取り組み、新しい挑戦ができるようになりました。「誰かのために」した仕事を、見てくれている仲間がいて、称賛してくれる。それが本当に嬉しくて。入社後に発見大賞(社員間で選ぶMVP制度。Fringeで最も大切にされている文化)を取ったときは感極まって、つい泣いてしまいました(笑)。“仕事はやらされるものではなく、自分の意志でやるもの”だと、以前とは捉え方が180度変わりました。

物語に涙するように、仕事でも涙したい。その想いを諦めず語りにきてほしい

Fringeに入って「なぜ働くか」を考えるようになりましたが、そんな私のFringeで働く意義。それは、個人の生産性を足しただけではなく、集まったからできるプラスαを仕事で実現する一助となることです。

今後はチームファシリテーターの役割に注力して「自己組織化したチームづくり」を実現し、漫画やアニメで仲間がさらっと助けてくれる感動的なシーンを仕事でも再現したいです。たとえばサッカー漫画では、選手が会話していないのに共通意識を持ち、アイコンタクトで形をつくって複数名がひとりの人間のように動きますよね。そのようなチームをFringeであれば、きっと実現できると思っています。

私が“仲間意識”を大切にするのは、もともと映画やメディアなどに感情移入しやすいからだと思います。感動的な物語に心動かされますし、自分もそんな仲間と、何か大きなことを成し遂げたいという想いがあるんです。

ですが、みんなが感動するような物語なのに、いざそれを現実の目線で見ると「あの物語良かったよね」で終わってしまうことに違和感があって。物語に涙して心を動かされているのに、なぜ現実ではうまくいかないし、諦めてしまうのか。

──漫画のようなチームはロマンではない、現実にあるんだと信じています。働くことに対して諦めないでほしいと思っていて。実際にFringeへ入社してからも、Fringeにはそのチャンスがあると感じています。

私は今後も引き続き、Fringeで“個々が一番輝けるチーム”をつくっていきます。

対外的に見ても「Fringeのエンジニア組織で働いてみたい」と思われたいし、みんなが求めていたチームの型をつくりたいです。

そこで、Fringeをもっとおもしろくしてくれる人を探しています。仕事で心が折れそうになったときも諦めずにどうするかを考えられる人や、自ら手を挙げFringeに気づきを与えてくれる尖った人に、ぜひ来てもらいたいです。

Fringeに興味を抱いてくれている皆さん。この言い方はおかしいかもしれませんが、謙虚にはならないでください(笑)。

「私なんて、組織で力になれないかもしれない」なんて考えるなら、Fringeに思いの丈をぶつけにきてください。そして、私たちと目指す方向が一緒であれば、共に働きましょう。

まずは、あなたが何をしたい人なのか語りに来てください。いつでもお待ちしています。

Fringe81株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more