突然ですが、昨日フルカイテンに入社しました!驚きしかなかったので報告します

突然ですが、7月1日にフルカイテン株式会社へ入社しました

はじめまして、マーケメンバーとしてフルカイテンに入社しました、宇津木と申します。
入社初日から、めちゃくちゃ驚いたことがあったので共有します!
フルカイテン株式会社はあらゆるリテールに共通の悩みである在庫最適化を支援するSaaSを提供しているスタートアップなんですが、AIに需要を予測させる設計思想の斬新さと技術レベルの高さが、半端なくすごいんです。しかも、社員わずか10人(僕が11人目)で名だたる大手・中堅との契約を重ねていながら、社員たちは全く浮かれていない。
初日からハンマーで頭を殴られたかのような衝撃の連続。かなりワクワクしています!

たった3人で開発!

在庫が回転する、という意味でその名も「FULL KAITEN」というSaaS。そのAIは、膨大な数のSKU(品番から枝分かれした商品管理の最小単位)ごとに過去の販売データを分析することで需要を予測する機械学習系です。Pythonを用いていて、バックエンドではApacheSparkなどを利用しています。色々なミドルウェアをドキュメントには記載がない制限を見つけて回避することで高性能を実現するようなかなり難易度の高い開発をしているんですけど、ここを1人で担っているエンジニアさんがとてつもなく優秀で、エベレスト登頂を目指すアルピニストのように燃えています。データ連携とフロントエンドを担当する若手2人も新進気鋭です。たった3人で開発していること自体が驚きなんですが、FULL KAITENを導入する企業がこれから加速度的に増えていくことを考えると、もっとたくさんのエンジニア仲間が必要だというのは最初に感じた課題です。


本当に競合がいない

自分は長い間急成長スタートアップに身を置いていましたが、それでもFULL KAITENというSaaSの引きの強さには驚きを隠せませんね。
しかもFULL KAITENには競合はいないんです。「競合なし」という台詞はよくスタートアップが口にする言葉で、僕の経験から言うと大抵は調査不足あるいは市場が存在しないかなんですね。でも、フルカイテンは本当に同じ効果が出せるサービスが無いんだと実感しましたね。社長の営業に一日同行しただけですが、クライアントも「こんなプロダクトは見たことがない」と仰るし、自分でも調べましたけど本当に競合はありません。それにマネするにも技術的に難易度が高すぎると思いました。


リテール経験がUI/UXに反映

社長はかつて子供服のECを手掛けていて、在庫管理の失敗から倒産の危機に瀕したという経験があります。現場での実務経験と、困難を乗り越えたロジックに裏打ちされたプロダクトの洗練具合、優れたUIUXを実現している裏側の高い技術力が、大手企業を唸らせているし安心感を与えていると思います。不良在庫に陥る手前の「過剰在庫」の可視化という"発見"に驚かないクライアントはいないでしょう。


一回の商談で決まることも

社長によると、大手さんでも一回デモをお見せしただけで即契約というケースは珍しくないそうです。在庫問題、在庫の適正化というと地味ですが経営課題の一つであり、特にアパレル業界では大量発注・大量生産・大量廃棄という構造的問題に対する社会的批判が高まっていますから。
でも、ARR数百万規模のSaaSの契約が(しかも10名規模の企業の!)即決なんて普通では考えられないことですよ。なのにフルカイテンの社員たちに浮かれているところは全くなくて、「顧客第一」で常にプロダクトの改善に意識が集中しているのも驚きでした。「カスタマーファースト」の姿勢が既にカルチャーになっている感じです。


契約・アポが取れている企業のインパクト半端ない

スタートアップはちょっとづつ実績を積み上げていくことで徐々に徐々にインパクトのある企業に導入されていく、というのが関の山ですが(これがどんなに大変か!)、初っ端から取れている。アポの取り方も斬新で半端ないですよ(方法は企業秘密だそうです!)。
一例を挙げるとミズノ株式会社様、Tokyo Otaku Mode Inc.様、既に契約頂いて導入待ちの企業様でも、アパレルブランド「ROPE」などで有名な株式会社ジュン様、株式会社アーバンリサーチ様、「アンダーアーマー」の株式会社ドーム様などなど。商談中の企業にもビッグネームの会社が名を連ねています。
初日に同行した商談も某大手企業さんで、いきなりCMOとの商談でした。で、導入に向けて具体的な検討に入ることになったので、FULL KAITENのような価格帯の商談がこのスピード感で進捗していくことには本当に衝撃を受けました。


FULL KAITENがこける、または中途半端に終わることは世の中の損失になる。

FULL KAITENが目指すのは、企業の在庫最適化。いやいや、その先にもっと大きなミッションがあります。在庫を増やさないことで、大量生産・大量廃棄の世の中を、「いらないものは作らない」世界に変えていく。それが環境問題、労働問題の解決に繋がっていく。そんな社会的インパクトの大きなミッションに社員は惹かれている。つまりFULL KAITENを失うことは世の中の損失だと心から感じた次第です。


初日に感じたことまとめ

このフィードのカバー写真はまさに入社当日、社長と飲んでワクワクが止まらない自分です。
色々なスタートアップをコンサルしてる友人などにFULL KAITENの実情を話すとみんな驚愕します。その規模でそんな実績出してるSaaS企業はないと。
フルカイテンはベンチャーキャピタルからも高い評価と出資を受け、在庫問題の解決というミッションに取り組んでいます。熱意にあふれた人、特に「手練れのエンジニア」を熱望しています。ご応募お待ちしております!

フルカイテン株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings