「少しずつ何事も進めていく事が大事」GameWithのサービス開発部部長が語る、エンジニア組織の未来とは

学生時代よりパッケージ開発会社で勤務、リードエンジニアとしての経験を積む。SESの企業にて、防衛システムのウォーターフォール開発やweb系開発に携わった後、大手ECサービス企業では、サーバサイド、クライアントサイドの開発他A/Bテストツールの開発・導入、AWSの本格導入に主担当として着任。同サービスを100万人以上が使う主力サービスにまで牽引させる。2016年にGameWithへジョイン。現在ではサービス開発部部長として、GameWith内の案件コントロール、エンジニアチームのマネジメント、組織体制や開発体制の改善に従事。

株式会社GameWithに入る前

前職ではECサービスのサーバーサイドのインフラの設計、アーキテクトの構築など幅広い開発を担当していました。リードエンジニアとして、本体の開発とは別軸で、他職種の方々から相談を受けた内容に対し、FBを行って開発の助言やサポートを行っておりました。最後の方はチームで仕事をするよりも、一人で仕事をする事が多かったです。

ー GameWithへ入ろうと思ったキッカケ

自分の中でやりきった感が有ったという事と、仕事における大きなチャレンジが減っていったように感じていました。GameWithのようなスタートアップの企業であれば、色々な事へチャレンジができると思ったところが大きかったです。入社前には色々なスタートアップ系の企業を見る中で、事業内容やサービスの将来的なポテンシャルや、組織をまさに作っているタイミングという点もとても魅力的でした。同時に新規のサービス開発がスタートをする頃合いだったいう事もありました。

現在

サービス開発部の事業部長として、エンジニアチームのマネジメントや、組織体制や開発体制の改善着手、GameWith内で走っている案件のコントロール全般を行っています。

開発自体はプレイヤーの時に比べると減りましたが、今でも優先度の高い小さめなタスクは私が対応を行っています。タスクを抱えている事業部内のエンジニアの業務進行の妨げにならないようにするためです。他部署からの要望やオーダーに関しても、私が窓口となって取りまとめ、各担当に案件を振り分けています。開発業務以外にも、エンジニアの採用に関する要員計画の策定や、エンジニアが働くための環境作りに着手しています。

GameWithの開発体制に関して

サービス開発部の強みとは何か

部内のエンジニアの業務におけるレベルが、全体として非常に高い点です。併せて「自分で考えて行動をしたい」というアグレッシブな志向性の方が非常に多い組織です。

サービス開発部は現在18名体制の組織です。その内主にチームが3つに分かれています。(アプリチーム、デザイン・フロントエンドチーム、GameWith本体の開発チーム)

GameWith本体は既存のコードベースがあるため主にPHPで書かれておりますが、GoやElixirで書かれたサービスもあり、適材適所な技術選定をしています。

今後どういうことをしていきたいか

ーサービス開発部をどのような部署にしていきたいか

エンジニアが働きやすいという環境を作っていきたいですね。

評価制度の再整備や、より社内においてエンジニアへの認知を上げる施策も行っていかなければなりません。組織としての強みを伸ばしていくという意味でも、会社全体のバランスを見ながら、エンジニアの業務に関する裁量を増やしていきたいと思っています。

とにかくエンジニアにとってやりたい事と、会社にとってやりたい事が近くなるような体制作りを目指していきたいですね。「少しずつ何事も進めていく事が大事」だと思います。

一方で、今後会社として新規事業を行うとなった際に(人員的な意味で)エンジニアがボトルネックにならないような体制作りを行っていかなければならないと感じています。併せて人が増える事によってのコントロールマネジメントも必ず発生してくると思っています。その時に上手く案件を回す為の体制作りにも着手していかなけれなりません。会社と事業部のエンジニア達、双方にとって良い方向かつバランスが良く物事が進めるような仕組み作りを行いたいです。

ー加川の考える自身のキャリア

自分自身のキャリアとしては、ここが終着点であり集大成ではないかと思っています。部長としてやるべきことがたくさんあり、やれていないこともたくさんあります。エンジニアがよりいいものを作れる環境を整えていきたいです。

今はマネジメント側の比重が大きいですが、開発もマネジメントも両軸でできるようにもなっていきたいです。エンジニアで有る以上、開発における知識・技術が有るか無いかでは信頼度が違いますからね。

ー どのような方と働きたいか

何事においても自走できる方ですね。そして、言った事には責任を持って取り組める方と仕事をしたいと思います。ただ、責任ばかりを追求すると挑戦の部分でどうしても萎縮してしまうので、責任と挑戦のバランスは意識していきたいと思っています。


サーバーサイドエンジニア
「世界一のゲームプラットフォーム」を一緒に目指して頂けるエンジニアを募集!
《創業5期目で東証マザーズ上場、7期目で東証一部へ鞍替え》 株式会社GameWithは六本木ヒルズ森タワーに本社を置く、2013年に創業した企業です。社名に「Game」とありますが、私たちはゲーム開発会社ではなく、業界最大級のトラフィックを誇る日本有数のWebメディアを運営するWebサービス会社です。 ゲーム攻略メディアからスタートし、現在は新作ゲームレビューや動画事業、コミュニティなどを展開し、それぞれ業界トップクラスへと成長させ、2017年に東証マザーズへ上場をし、 2019年8月に東証1部へ市場変更いたしました。 《主なサービス》 ・ゲーム攻略メディア運営 ・ゲームレビューメディア運営 ・動画配信 ・ユーザー向けのコミュニティ運営 ・ゲーム攻略アプリetc... *株式会社GameWith 公式ホームページhttps://gamewith.co.jp/ *ゲーム情報・攻略サイト 「GameWith」https://gamewith.jp/ 《目指すは世界のゲームインフラ》 今後は「世界のゲームインフラになる」というビジョンに基づき、ゲームを楽しむことに関わる全ての人たちのインフラのような存在を目指し、メディア事業にとどまることなく、 ゲームをより楽しむための、あらゆる事業領域に進出してまいります。
株式会社GameWith


アプリ開発エンジニア
自社サービス「GameWith」のアプリ開発エンジニア募集!
《創業5期目で東証マザーズ上場、7期目で東証一部へ鞍替え》 株式会社GameWithは六本木ヒルズ森タワーに本社を置く、2013年に創業した企業です。社名に「Game」とありますが、私たちはゲーム開発会社ではなく、業界最大級のトラフィックを誇る日本有数のWebメディアを運営するWebサービス会社です。 ゲーム攻略メディアからスタートし、現在は新作ゲームレビューや動画事業、コミュニティなどを展開し、それぞれ業界トップクラスへと成長させ、2017年に東証マザーズへ上場をし、 2019年8月に東証1部へ市場変更いたしました。 《主なサービス》 ・ゲーム攻略メディア運営 ・ゲームレビューメディア運営 ・動画配信 ・ユーザー向けのコミュニティ運営 ・ゲーム攻略アプリetc... *株式会社GameWith 公式ホームページhttps://gamewith.co.jp/ *ゲーム情報・攻略サイト 「GameWith」https://gamewith.jp/ 《目指すは世界のゲームインフラ》 今後は「世界のゲームインフラになる」というビジョンに基づき、ゲームを楽しむことに関わる全ての人たちのインフラのような存在を目指し、メディア事業にとどまることなく、 ゲームをより楽しむための、あらゆる事業領域に進出してまいります。
株式会社GameWith
株式会社GameWith's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings