【祝】GSが1歳になりました!〜設立1周年記念パーティーレポート〜

こんにちは、グローバルセンス採用広報の山口です!

今回はグローバルセンス(通称GS)の設立1周年記念パーティーが1/11に行われたので、その様子をレポートしていきます!


1周年記念のお料理は...「ちらし寿司」!

毎月開催の飲み会イベント「ココ飲み」でも毎回お料理に凝っているGSですが、今日は1周年のお祝いということで、でんぶで彩られたピンクと黄色と緑が綺麗なちらし寿司が振る舞われました!


PGW事業部プロゲーマーの伝説のオタク(田中)さんは、


「このピンクのものって何という名前でしたっけ...いくら?」


といつも通りのハイセンスさで、テーブルに笑顔をもたらしてくれました!




また、子連れなメンバーも多く在籍するGSなので、お子さんたちは今日も遊びに来てくれました!

GSの旗付きポテトサラダをたくさん食べて、一緒に会社のことを祝ってくれる姿が可愛過ぎます...。


メンバー全員の重いを込めたGS特大フラッグ!

大盛り上がりのリビングから和室へ移動すると、メンバー全員が1周年パーティーに当たってのコメントを書いていくフラッグが用意されていました!

メンバーたちがこれまでの感謝やこれからの意気込みなどをガシガシ書いていきます。


こちらがその完成形!この1年で仲間も20名弱増えたので、コメントもぎっしりでした。




これ、手作り...?と誰もが唸ったGSケーキ

会も中盤に差し掛かる頃、突然部屋の電気が消され、キッチンからケーキが運ばれてきます。

GSのロゴをそのまま立体的な形にしたケーキは、Facebookの広報でおなじみのツノダさんの手作りとのこと!

メンバーの多くが「これ、手作り?」「クオリティがすごい...」と舌を巻いていました!




ケーキのロウソクに火が灯された後、ハッピーバースデーの歌を歌い終わって代表の工藤さんが嬉しそうに息を吹きかけている様子がとても多幸感に包まれていました。



1歳になったGSに、社長は何を思うか?

まだまだ各テーブルで話が盛り上がる21時頃、会を一旦締めようと全員で円になるよう声がかかりました。

全員が並んだ後、工藤さんは最後の挨拶がてらにこのようなことをメンバー全員に伝えていきます。


22人のところから始まった1年だったけれど、今はこうして多くのメンバーがいる。来年もまだここにはいないけれど、これから出会っていくメンバーもいることでしょう。
でも、人数の多さは凄さじゃない。それよりも、笑顔の割合が大事なんだよね
この1年はそうした「みんなの笑顔」という財産の大切さを感じた1年だった。
社会に出ると不条理はある。それは仕方のないことだから、泣きたい時は泣いて良い。僕はそれを全部受け止める。「納得」と「満足」と「安心」が、その先であれば良い
去年に引き続き、今年もこれから走り続けていくので、また一緒に頑張っていきましょう。




前回の忘年会に引き続き、メンバーの安心が強く感じられる工藤さんのスピーチが印象的でした。

みんながどんな時も帰ってくることのできる「居場所」のような場所がGSであり、改めてどんな人にとっても「希望」や「安心」という存在であるのが工藤さんなのだなと感じました。




番外編:帰り際にもらったお土産は...

そろそろ会場を後にしようかなと思っていると、メンバーからGSのロゴ文字がプリントされたオリジナルのボールペンをもらいました!

フラッグにボールペンにと、GSのことが大好きなメンバーの愛情がとても強く感じられますね...。

これからぜひぜひ使わせていただきます!


というわけで!GS1周年記念パーティーの様子、いかがだったでしょうか?

また来年の1/11の誕生日を楽しみにしながら、メンバー一同走り続けていきます!

また、「GSと一緒に走ってみるのも面白いかも...」とご興味を持たれる方は、一度オープンイベントに足を運んでみてくださいね。

「安心と笑顔が溢れる居場所」を掲げるGSは、どんな方でも常に大歓迎。

あなたのご来社をお待ちしております!


★GSの「誰でもいつでも遊びに来れる社内イベント」はこちらから!

・Facebook:https://www.facebook.com/globalsensecorp/

・Wantedly:https://www.wantedly.com/companies/gb-sense/projects

グローバルセンス株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more