1
/
5

What we do

1年の最後は「ありがとう」でしめくくります。
オフィス入口。全社員がワンフロアで働く、風通しのいいオフィス環境をつくっています。
弊社では『社会貢献×IT』を軸に、サービスを支えるコアシステムを全て自社開発し、サービス提供している現場の要望を最先端で実現してきました。 施工事業はチェーン本部向けの看板関連施工、メーカーや代理店向けの販促関連施工、エネルギー事業者向けの再生可能エネルギー関連施工に分かれ、全国4,300社の施工ネットワークとITを活用し、お客様の施工に関するニーズを全国で対応しています。 介護事業では、介護の本質的な課題解決に向けて入浴に特化したデイサービス型の店舗運営や、介護に携わる家族向けの情報ポータルサイトの運営をしています。

Why we do

出産・育休を経て戻ってくる社員も増えています。
全国の施工に関わる協力会社を『パートナー』と呼ぶ同社。業務上の繋がりだけではなく、ともに世の中に貢献し、成長していこう、という姿勢が表れています。
・“貢献のための成長”を追求し、ビジネスを通じて社会課題を解決する GCストーリーの“GC”とは“Growth for Contribution”(貢献のための成長)の略で、弊社が最重視している理念を表しています。 私たちは、貢献のために成長することで、誰かに感謝され、自分自身の周囲や社会が『幸せ』な状態であることを目指しています。この考え方を大切にし、日々体現することが社員・取引パートナーや顧客、社会の幸せだと考えています。 弊社はこうした企業文化を軸に成長し、「ホワイト企業大賞」大賞を受賞。5年連続「働きがいのある会社ランキング」でベストカンパニー賞を受賞しました。 当社のビジネスの根幹である、労働集約型産業の効率化。そこには、働き方を変革することで、関わる人々を幸せにしたい。そんな思いがあります。 今後も、ビジネスを通して、人の手を介することが不可避である労働集約型の産業を効率化し、関わる人々が活き活きと働く(生きる)ことができる世界を実現します。

How we do

社員全員が経営に携わるフラットな組織づくりをしています。
平均年齢28歳!
・“社員全員が経営者視点で事業に関わる”フラットな組織体制 2018年度より、今までの組織形態を大幅に変更し、“フラット”組織に移行しました。従来の「業績目標達成のためのヒエラルキーを前提としたマネジメントのあり方」は今日の不確実な時代にそぐわないのではないか、という問題意識から、社員全員が経営者視点で物事を考え、提案し、実行できる組織体制にしています。 ・売上数字ではなく“人間性”を基準にした人事評価指標 弊社では、以前から人事考課において売上貢献度などの業績は一切考慮せずに人事評価を決めています。行動基準を順守すれば業績は自ずとついてくるという考え方が根底にあり、他者への貢献を通じた人間的な成長をしていってほしいという想いが込められています。 ・社員同士が深く理解し合い、助け合う環境をつくる文化 組織は、「構成メンバーが安心・安全に働ける場であること」が非常に重要なことだと思います。少なくともここだけは本音で話せ、何も気にせずにイキイキ、のびのび働けるという環境をつくる。そんな環境だからこそ、“貢献のための成長”をしていけると考えています。そこで弊社では、様々なマインドプログラム(研修)を取り入れています。 ・個人のパフォーマンスを最大化するために 1)昼食補助制度 毎週火曜・木曜にお弁当の補助が出ます。 2)時間と場所を選べる。リモートにフレックス制度 週に1度リモートにて働くことが可能です。自宅でもカフェでも好きな場所で勤務が選択出来る事に加え、フレックス制度を導入しているので時間と場所を選択して働けます。 その他、社員の家族も参加できるキックオフ会など、パパ・ママになった社員も生き生きと働ける職場環境をつくっています。