1
/
5

クリーンエネルギーへのシフトは他人事ではない。マーケター藤本が語るNatureの魅力

Nature社員へのインタビューシリーズ。今回はマーケティング・アライアンス担当の藤本に、入社の経緯や現在の業務、会社への想いを聞きました。

藤本礼 / Rei Fujimoto
Natureでマーケティング/アライアンスを担当。新卒で、VOYAGE GROUPに入社。デジタルマーケティング領域においてサービス開発のプロジェクトマネジメントや、ブランド広告主向けのプロダクトのビジネスデベロップメントに従事。2020年1月にNatureにジョインし、マーケティングを中心に経営視点でNatureを支えている。

ーー現在、マーケティングを1人で担当されているとのことですが、具体的にどんなお仕事をされているんですか?

Nature Remoプロダクトの販売台数をどのように伸ばしていくかをミッションに、消費者に届けるためのtoC施策と、企業とのアライアンスで拡販を図るtoB施策の両方を担っています。

また、販売台数を伸ばすだけでなく、ユーザーニーズを製品に反映させていくのも僕の仕事です。
そのために、定期的にNature Remoを使っていただいているお客様の家にお邪魔して、ユーザーインタビューを行っています。どんな環境で、誰が、いつ、どのように使っているのか、実際の利用シーンを見せていただきながら、インタビューを進めます。インタビューではいつも新たな発見があるので非常に面白いですね。

現在はマーケティングを担当しているのが代表の塩出と僕の2人だけなので、個人ではなく会社単位で何をやるべきなのか、優先順位をつけて動く必要があります。範囲が広く大変ですが、ダイレクトに数字に直結する業務のため、非常に面白く、僕自身も経営視点で物事を見られるように成長できたんじゃないかなと思っています。


ーーそもそも、藤本さんはどうしてNatureに入社したんですか?

ひとつは、Natureが掲げている「自然との共生をテクノロジーでドライブする」という壮大なミッション、チャレンジングな姿勢に共感したからです。

前職では、街頭看板をデジタルサイネージに変えてリアルタイムで広告の売買ができる仕組みを構築するなど、テクノロジーで既存の市場を変えていく面白さを知りました。
ふと立ち止まって自分のキャリアについて考えた時に、どうせやるなら大きな事がしたい、テクノロジーの力で既存の市場を変化させていく事業に携わりたいと思ったんです。

また、僕の実家が農家だったこともあり、幼いころから手にとって触れられる”モノづくり”には漠然と興味がありました。

Natureの選考を通して、これから実現しようとしているミッションにすごく共感したのと、Nature Remoのプロダクトそのものに魅かれ、入社を決めました。


ーーミッションにある”クリーンエネルギーへのシフト”については、何か藤本さん自身の想いはありますか?

僕は代表の塩出のようにエネルギーに関する強烈な原体験がある訳ではないのですが、北海道の田舎育ちなので、自然への親しみは昔から持っています。
特に鮮明に覚えているのは、小学2年生の時に見た「しし座流星群」の大出現です。夜中に親と一緒に山に登って無数の星を見た経験は言葉にならない感動でした。そんな景色を今後も変わらず見たい、自分の子どもにも見せてあげたいと思うと、クリーンエネルギーへのシフトは他人事ではなく僕自身も取り組むべきテーマだなと感じています。


ーーでは、ここからは会社について教えてください。社内はどんな雰囲気ですか?

少数精鋭で年齢も業種もみんなバラバラ、多様性がありますね。役員は二人だけですが、特別に役員だからと萎縮することもなくフラットな関係性です。
代表の塩出はキャラクター的にもかしこまっている感じではないですし、一緒に仕事をすることが多いので、現場レベルの話もよくします。距離は近いですが、すごく尊敬しているので、いい関係性で仕事できていますね。これに関しては、CTOの松木も同じで、気軽にご飯に行ったり、風通しは良いと思います。
この規模ということもあって、事業について皆でシビアな話し合いをすることもたくさんありますが、一緒に働いていて気持ちがいい人が多いですね。


ーーこれからどんな人と一緒に働きたいですか?

ミッションへの共感と、Nature Remoプロダクトに価値を感じてもらえる方と一緒に働きたいですね。
あと、僕もそうですが、入社するタイミングで電力に関する知識がなくても問題ありません。シンプルに電力事業を面白いと思えるか。これは電気に関わらずですが、その市場がどのような構造になっているのか興味を持つ。そういった好奇心が大切かなと思います。

また、会社目線で考えた時に、自分が何をするべきかを、自分のスペシャリティを生かしつつ、周りと協力してやっていける人と働きたいですね。


ーーでは最後に今後の抱負を教えてください

もともとプロダクトが素晴らしいと感じていましたが入社してその想いが強くなりました。まだまだNature Remoを知らない人がたくさんいるので、そういう方達にどう広めていくか、きちんと積み上げて行きたいですね。

Natureは電力市場をテクノロジーでドライブしていきたい仲間を募集しています!募集ポジションに関しましては、以下の採用情報をご覧ください!

Nature 採用情報一覧

Nature株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more