1
/
5

What we do

トラック予約受付システム シェアNo1のムーボ・バース(ミック経済研究所2020年8月調べ)
運行管理IoTデバイス「ムーボ・スティック」
【日本の物流業界をITで変革するサービスを自社開発】 Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして掲げ、物流情報がデジタルにやり取りされるスマート・ロジスティクスの実現を目指し、Logistics Cloud「MOVO(ムーボ)」を展開しています。 MOVO(https://movo.co.jp/)は複雑な物流現場の課題を解決する複数のアプリケーションとデータ基盤からなるクラウドプラットフォームで、日本を代表するメーカー、小売、物流企業等を含む様々なお客様から、4,000以上の物流拠点でご利用いただいています。MOVOの名前の由来は、move(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせたミッションを表現しています。 プラットフォーム上では複数のプロダクトを展開しています。 ①紙、FAX、電話のアナログな業務を代替する配送案件管理サービス MOVO Vista ②トラックの待機時間問題を解決するトラック予約受付サービス MOVO Berth ③トラックの位置情報を把握する動態管理サービス MOVO Fleet ④物流資材の紛失を防止する資材管理サービス MOVO Seek 新規プロダクトも積極的に自社内で企画・開発していることが特徴で、ビジネスチーム、テックチームが一丸となって、物流現場の課題をワンストップで解決する業界標準の物流クラウドプラットフォームを目指しています。 セールスやカスタマーサクセスが顧客から直接フィードバックをいただくだけでなく、開発チームがセールスの商談に同席して直接ユーザーインタビューを行うことで、ITリテラシーが高くない方でも抵抗なく利用できるUI/UXにこだわって開発しています。 【MOVOを社会インフラに。ミッションに共感いただいた大手企業との連携】 Hacobuのミッションと「MOVO」の自社開発だけでなく他社連携を積極的に進めていくオープンなプラットフォームの考え方に共感いただいた多くのパートナー企業と、戦略、サービス、デバイスを連携しています。物流倉庫業に関わるアスクル、大和ハウス工業、三井不動産といった株主からのサポートだけではなく、世界最大シェアのERPベンダーであるSAPの基幹システム、日野自動車のコネクティッドトラックとのサービス連携も開始しています。 その他にも強力な仲間づくりは今後さらに拡大していく予定で、物流業界のどのプレイヤーでも使えるクラウドプラットフォームの実現に向かって着実に歩みを進めています。 【トラックドライバーや現場の方から感謝のお手紙も】 Hacobuのソリューションを使っていただいているトラックドライバーさんや、物流会社の現場の方から、「MOVO」のおかげで長時間労働が改善された、と感謝のお手紙やメールをいただくことが増え続けています。ユーザーのみなさまからの声を直接聞く中で、社会課題の解決の一役を担っていることを強く実感することができます。 <NewsPicksにてHacobuを取り上げていただいた記事> CEO佐々木インタビュー記事: https://newspicks.com/news/5068705/ 特集動画: https://newspicks.com/movie-series/43?movieId=803

Why we do

CEO佐々木のビジョンは大きい
物流ビッグデータで「運ぶ」を最適化する
日本経済を支える物流全体の最適化を行い存続可能な社会を作る 「ドライバー不足問題」「トラック待機時間問題」「再配達問題」など、物流の問題を伝えるニュースが連日メディアを賑わせています。 これは物流における仕組みの多くが、FAXや電話を主流とした気合と根性のアナログな人海戦術で担われていることが原因です。 そして、そのアナログな仕組みは、人手不足という社会課題と共に巨大なコストとなっており、このままでは物流が崩壊し経済が立ち行かなくなる可能性すらあります。 Hacobuは企業間物流に関わるあらゆる事業者がデジタルに繋がる物流情報プラットフォームを構築し、業務のデジタル化を進め非効率を解消することで人手不足を解決します。 そして事業者の垣根を超えた物流ビッグデータを活用し物流全体の最適化を行い、持続可能な社会を創ります。 日本、そして世界を見据えて、物流業界にイノベーションを起こしていきます。

How we do

現在メンバーは40人ほど。男女問わず、幅広い年代のメンバーが活躍している職場です。(写真は2019年1月時点)
2019年5月にはオフィスを移転しました
【物流DXを推進するTeam Hacobu】 物流DXの実現に業務を通してリアルに関わり、その実現後の世界を想像してワクワクできるメンバーが集っています。どのメンバーも明るく、前向きで、世代や役割が全く違うメンバーともフラットに対話しながら仕事に取り組んでいます。 ビジネスチームはアクセンチュア、A.T.カーニーなどのコンサルティング会社やウォルマートの物流部門、フォワーダー、海運などの物流の現場経験者を中心に、SAPなどの大手ERPベンダーの営業経験者など各専門領域に特化したプロフェッショナルが揃います。 テックチームは「最高品質を最速で」をモットーに、プロダクトを通した様々な問題解決にチャレンジしています。好奇心と行動力にあふれたメンバーが多く、プロダクト開発に留まらず、社内業務の効率化や新デバイスの実験等、個人の興味を業務に活かすメンバーも活躍しています。 男女・年齢問わず、様々なバックグラウンドを持った個性豊かなメンバーで力を合わせて頑張っています。現在、Hacobuのメンバーは約50名。まだまだこれから組織を強くしていくフェーズです! 【Hacobuを突き動かす5つのValue】 Hacobuのメンバーは50名を超え、これからさらに組織は大きくなっていきます。男女・年齢問わず、様々なバックグラウンドを持った個性豊かなメンバーは、"Hacobu Value"という5つの価値観を重視して事業を進めています。 <Give it a try.> とりあえずやってみる。やってみて初めて世界が見える。とりえあえずやってみてわかることは、考えてわかることの1000倍ある。 <Respect others.> 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。役職やポジションは、あくまでその人に与えられた役割だ。人の上下を定めたものではない。チームメンバー、取引先、顧客、あらゆる人を同じ人として尊敬する。尊大な態度をとるな、卑下するな。 <No boundaries> それは自分の仕事ではない、と思うのを恥ずかしいと思う。自分の仕事を制限するのは自分の能力だ。 能力が高い人は、それは自分の仕事ではない、とは決して言わない。それは自分の仕事ではない、というのは、自分は能力がありません、と言っているのと同じだ。 <Speed-focused.> 超速!超速!超速!100%の精度でも時間をかけて出しては意味がない。とりうる手段を超速で実行する。 <Get things done.> 目的を達成するためにとりうる手段はすべて講じる。そして、目的を完遂する。 【Hacobuの文化と制度】 会社組織はフラットで、一人ひとりのライフスタイルを尊重した働き方を推奨しています。 現在はコロナの影響も有るためリモートワークを基本としながら、ピンポイントでオフィスワークを取り入れるなど、あらゆるメンバーが仕事のパフォーマンスとプライベートのバランスが取れる柔軟な働き方を実現しています。 これは代表の佐々木自身が4人の子育てを行っているパパ社長であることも起因しています。社員の約5割が結婚、約3割が子育て中のママ・パパとして子育てと仕事を両立させています。そのため、会社としても社員や社員の家族のライフイベントを大切にする文化が根付いています。 その他、全社的な1on1、リモート補助、メンタリング制度、オフィスのフリーアドレス化、個人型確定拠出年金など働きやすさを実現するために多くの制度を取り入れています。