1
/
5

入社すると行われる太郎さん(CEO)による「あゆみ」とは?【Hacobu Culture】

こんにちは!
HacobuにてマーケティングPR&採用を担当しています、そらです!

本日は、Hacobuに入社したら行われる「あゆみ」についてご紹介させていただきます!



入社すると下記のようなカレンダーが飛んできます。

あゆみ?誰かを紹介されるのか?一体何だ・・・?
と思うかもしれないこのカレンダーですが、Hacobuが今まで辿ってきた軌跡を共有する大切な時間です!
(昔は"あゆみ"とだけ書かれていて、私は実際にあゆみって誰だ?と思っていました笑)




今回はたまたま全員Tech(開発)チーム!5名のメンバーが参加しました。
真剣な表情の太郎さん(CEO)まさるさんJoinの経緯を話しています。



「この頃のまさる、若くない?」と、この笑顔。
(若干の悪意を感じます・・笑)



誰がいつ入社した、こんな事件があった、当時はこういう経営戦略だった、このタイミングでこういう気付きや学びがあった、等など。
今までのHacobuの4年分の軌跡をたっぷりとユーモアとジョークを交えながら太郎さん(CEO)の口から語られます。




ご覧の通り、質問タイムも大盛りあがり。



サービスが現在のような形になるまでのエピソードをお聞きして、その道のりは決して真っ直ぐでも平坦でもなく、それを支えた初期メンバーの力あってこそ。入社時と比べ、今取り組んでいることの重要さについてより理解することができました。現在運用しているプロダクトをさらにブラッシュアップさせて、より良いものを開発するために頑張っていきたいです!


今までのメンバーの話やプロダクト作成の経緯などを聞けて、これまで携わってきた方のおかげで今のプロダクトがあるということを改めて認識しました。現在、リプレイスの最中ですが1.0※へのリスペクトを忘れずに開発していこうと思いました!

※現在、Hacobuでは今のプロダクトを全く新しい物流オープンプラットフォームとして再定義するプロジェクトを進めており、今までのプロダクトを1.0、リプレイス後のプロダクトを2.0と呼んでいます。
参考:【Hacobuエンジニア対談】Techリードゆうき × 頼れるリーダーまっつんが語る、世の中を変える物流オープンプラットフォームMOVOの魅力。


スタートアップで一番重要なことは、PMF※であることを認識させられました。特に創業メンバーの尽力が無ければ、Hacobuという会社はなかったかもしれないし、自分のやりたかったこと(エンジニアとして物流業界に携わる)も実現していなかったと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになった。

※PMF:プロダクト・マーケット・フィット(Product/Market Fit)とは、顧客の課題を満足させる製品(プロダクト、サービス)を提供し、それが適切な市場に受け入れられている状態のこと。略称は「PMF」。スタートアップ企業が成功するには「顧客の課題を満足させる製品」と「適切な市場の選択および受け入れられること」の両方が重要であり、どちらかが欠けていると成功しにくい、という考え方である。



などなど、参加したメンバーから素敵な感想をいただきました^^


Hacobuが今まで辿ってきた軌跡を共有する「あゆみ」
これからも大切にしていきたいHacobu カルチャーの一つです。

それでは、次回のカルチャー紹介もお楽しみに!

株式会社Hacobu's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more