【独白】MC松崎「キックボクシング、それは神様が僕に与えたおもちゃのようなものさ。」

その時のことを、彼はこう語る。

「その瞬間、僕の中の魔獣が解き放たれたんだ。」


これは、3/17(土)新大久保駅にあるGENアカデミーで行われた「トイカツファイト」にハッシャダイボクシング部が参加した実際の記録を、試合に参加したMC松崎へのインタビュー形式でお届けする、リアルドキュメンタリーである。

インタビュアー:橋本
インタビュイー:MC松崎

ー今回の試合ハッシャダイからは4名の参加者が出場したと
ええ。今回の大会は、前回も出場しKO勝ちを納めている《パントリー杉山》と《ジャケン》、そして前回引き分けとなった僕。
それに加え、ハッシャダイ随一の剛腕と呼ばれている《鉄拳の近藤》が出場したんだ。
パントリー杉山は半年前に始めたとは思えないポテンシャルだし、ジャケンは元経験者。鉄拳の近藤はまだ初めて1ヶ月だけど身体つきが日本人のそれじゃないと言われている。3人とも可能性を秘めている選手だね。

だけど、正直僕のお膳立てにすぎないよ。みんな僕を際立たせるために存在しているんだ。カレーで言う福神漬けみたいなものだよ。ハハッ。


ーで、今回の試合に備えてどれくらいの準備を
パントリー杉山と鉄拳の近藤は短い期間だったから相当頑張って練習してた感じがするよ。
特に、鉄拳の近藤の相手はキックボクシング1年の経験者。まだ初めて1ヶ月の彼にとってはかなりハードルの高い相手だったんじゃないかな。
経験者のジャケンと前回180cm以上の相手と対峙した僕にとって、そんな練習は必要なかったさ。
大事なのはコンディション調整ぐらいかな。

ーでは、ほぼ練習せず、コンディション調整のみだったと
ああそうさ。正直なところコンディション調整はミスったんだ。
前日に、電撃のように神のお告げが聞こえてさ。

ーなんと
“喰らえ、さすれば与えられん”ってね。

ーその後どうしたんだい
一瞬気を失ってたんだ。ふと気がつくと目の前にはカントリーマーム一袋とバタークッキーが一袋。それにチョコレートの袋が転がっていたよ。ざっと2500kcalはあったんじゃないかな。

ー影響はなかったのかい
ほぼ無いね。強いて言うなら、参加者の中で僕だけ計量で5kgオーバーだったことくらいかな。なに、なあんてことはないさ。ちょうど良いハンデだよ。


ー本当に?


君は馬鹿にしてるのかい?
良いかいトム

ー橋本です。
失礼、橋本。君は、漫画うずまきナルトを読んだことはあるかい?そこに出てくるロック・リーという体術のスペシャリストは全身に重りをつけて戦いに挑むんだ。それと一緒のことだよ。


(試合前に大事なのは何よりもハイになることと語るMC松崎氏)

ーなるほど。では、試合のことを聞きたい。まず初戦のパントリー杉山から。
彼は、試合前から落ち着いていたよ。「僕は僕のやるべきことをやるだけだ」ってね。


この記事の続きはこちら

株式会社ハッシャダイ's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
08fba0f0 75c4 41cf 8258 0250e372ac74?1549371124
920fae0d d7a1 4e7c 9a78 f1d789e193ea?1553616453
9fad0d48 0c96 4d52 96a3 672c33d44433?1504172935
4 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
08fba0f0 75c4 41cf 8258 0250e372ac74?1549371124
920fae0d d7a1 4e7c 9a78 f1d789e193ea?1553616453
9fad0d48 0c96 4d52 96a3 672c33d44433?1504172935
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon