1
/
5

2021年 ハートビーツ「技術開発室」での取り組み

経営企画室の磯崎です。

今回はハートビーツの「技術開発室」という部署についてのご紹介です。

技術開発室では、同じMSP業界の中ではあまり力をいれられていないと思われる、ソフトウェアエンジニアリングInfrastructure as Codeなどの手法も積極的に取り入れています。

技術開発室は「運用システム開発」と「基盤システム開発」という2つの役割があります。

運用システム開発

社内で用いられるツールを開発・運用しています。直近ではMSP事業を支える業務システムを大幅改修することによる業務自動化を推進しています。そして今後は機械学習等を活用して人手に頼ってきた業務プロセスの多くを自動化したり高度化したりすることを目指しています。

基盤システム開発


会社全体・業界全体を見渡して、全社で利用する基盤システム整備・情報発信を行っています。扱う技術はクラウド、コンテナ、セキュリティ等、多岐にわたります。

今後のMSP事業を加速化していくため、ハートビーツの事業拡大のために欠かせない重要な部署です。

ぜひ最先端の技術や、自動化といったワードにピンと来る方は、下記をご覧ください!


株式会社ハートビーツ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more