1
/
5

会社にとって一度しかない上場準備を経験できる。heyの経営管理チームの経理のしごと

heyの経営管理チームで経理を担当するみなさんは、上場にむけてスピード感たっぷりで仕事を進めているさながら特殊部隊。後藤祐貴さん(以下、ご)、大澤卓哉さん(以下、お)に話をききました。


──おふたりはもともと経理を?

ご:もともとは監査法人にいて、上場企業の会計監査をしていました。heyでは立場が変わって、監査を受ける側になったということです。今まで監査していた対象の企業に入ってみないと財務諸表の作り手側の気持ちはわからないなと思い入社しました。

──もともと監査法人にいたということは、相手の手の内がわかるということですね。すごい採用。大澤さんはいかがでしょう?

お:もともと会計システムの会社でエンジニアをしていました。その後その会計知識を活かして保険会社の経理へ。heyに元同期が働いていたのでHello heyというイベントに遊びにきてみたらすっかり魅せられてしまって入社を決めました。

新たなルールや仕組みを作ろうとすることに柔軟な、heyの「大人力」

──heyの経理って、具体的にどんなお仕事なのでしょう。

ご:僕らの仕事は大きくわけて2つあります。まず『決算作業』です。hey、コイニー、STORES.jpの3社分の会計数値をまとめ、その後連結作業を行い月次で報告します。それを1年分行った結果、年度が終わった後に年次決算の作業をします。あとは『上場準備作業』です。

──上場準備って具体的にどんなことをするんですか?

ご:企業が上場すると一般の人もその企業の株を売買することが出来るようになるので、それに資する体制ができていますと言えるようにワークフローなどを整備する必要があります。証券会社からもらったフィードバックをもとに東証から求められる体制をつくるためミーティングを行い、その体制を作るために規定などのドキュメントを作り、具体的に誰が中心に進めるか分担を決めて、その進捗管理をして・・・・・・と業務は多岐にわたります。

──そうやって新しいルールや仕組みをベンチャー企業に作ると、社内からの反発などはありませんか?


ご:普通はありますよね。でもheyはかなり少ない方だと思います。社員みんなが、会社が大きくなるという選択をした状況を理解しているし、大人な人が多いからだろうなと思います。

お:僕は一度失敗してしまったことがあります。はじめにそのルールが必要になる根拠を説明せずに作業をお願いしてしまったことがあって。上場準備のために必要なことだったのですが、なぜやるかの目的を説明できていないと指摘してもらいました。でも、ちゃんと説明したら一緒に進めてくれて。

ご:だから揉めたり反発されたりということではないんです。ちゃんと話し合って行けているから、大人だよね。

めったにできない上場準備の経験ができる


──この時期のheyの経理に入ってみようと思った理由も聞いてみたいです。

ご:僕は飽き性で、決められたルーティーンをこなすのが苦手なんですよね。だからまださまざまなことが整っていない会社に入って整備していく部分をやってみたかった。会計士としての専門性も活きるし、なかなかできることじゃないのでいいチャンスだと思いました。

お:僕も同じで、自分の経験値をあげるためです。上場準備って会社で一度しかないのでそれを経験できるのは貴重だと思ったんです。

──そういう経験ができるのがこれから入る人にもオススメのポイントでしょうか?

ご:そうですね。それにチームはとても仲がいいので働きやすいというのもあります。

お:チームランチもあるし、CFOも積極的に意見を聞いてくれてあたたかい雰囲気がありますよね。

ご:フレックス制度があるため、自分のペースで業務を進めることができるし自己管理がちゃんと出来る人には最高の職場だと思いますね。

むいているのは、ルールに従うだけではない柔軟な人

──どんな人と一緒に働きたいですか?

ご:責任感があって期日を守れることはコーポレートとしてはマストかなと思います。簿記の資格や知識があればさらに歓迎だし、会計士の人がきても面白いフェーズなのでおすすめできます。そうでなくても成長意欲が高い人であればめっちゃいい環境だと思いますよ。

お:僕はそうだな。チームの雰囲気が一般的な経理部の雰囲気よりは、自由な人が多いので柔軟な人がいいと思います。きっちりルールに従うだけの人ではなくて、状況に合わせて自分で考えて動けるような。せっかく規模を拡大するフェーズの会社で働けることを生かして、会計や税務の知識をベースに新しいルールを一緒に考えていけるといいなと思っています。

ご:そういえば大澤くんも、入社してきたときはヒゲもニットキャップもかぶっていない、スーツ姿だったもんね。

お:heyに入ってみて「こんなに自由に生きていいんだ!」と気付かされましたから(笑)

編集後記

忙しい時期と重なり取材をなかなかとれなかったお二人。いざ取材させていただくと、もっとゆっくりでいいですよ、時間はいくらでも作れます、とあたたかな雰囲気で応じてくれました。メリハリをつけて仕事を楽しめる人が入ったら、きっといいチームになりそうです。好きな服や髪型で出社できる経理というのも珍しいですよね、と聞いてみると「上場審査に、服装は関係ない!」ときっぱり!

撮影・執筆:出川 光

ヘイ株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more