1
/
5

INTERVIEW|チャレンジングな環境と経営的安心感が共存する会社#Engineer

こんばんは、HRBrainです。おかげさまで、人事評価効率化の為のサービスから組織のコミュニケーションエンジン(人事⇄メンバー、経営者⇄メンバー)へと拡がりをみせています。現在、事業拡大に伴うReact,Goエンジニア大量採用開始しました。さらにアクセルを加速すべく組織強化に動きます。

今回は、開発組織をリードするVPoEのインタビューをお届けします。ぜひご覧ください。

- VP of Engineering/Server-side Engineer

サイバーエージェントでサーバサイドの開発に従事。やりがい・事業の将来性を感じ転職を決意。


― HRBrainを”ヒトコト”で表すとどんな会社だと思いますか?

チャレンジできる環境と経営的安心感が共存する会社だと思います。

創業3期目のスタートアップですが、安定した収益を見込める事業モデルであることや、将来性を見込んで投資してくださっている方々のおかげで経営的な安心感があります。そのためスタートアップにありがちな日銭を稼ぐようなスピード偏重の傾向がなく、良いサービスをつくることに集中できる環境があります。同時に、スタートアップらしいアグレッシブさとチャレンジングな環境もあると感じています。


― 今の仕事内容とやりがいを教えてください。

HRBrainをより良いサービスにする役割を担っています。

具体的にはサービスの改善や仕様の調整などを通じて、お客様の要望に応えています。カスタマーサクセスチームと連携して、お客様からの生きた声を開発に活かしています。

受託開発ではないので、やろうとしている改善が他のお客様にとっても喜ばれることなのか、今すぐ改善する必要があるのかを考慮し、優先順位をつけ開発に挑んでいます。すべての要望をそのまま受け入れるのではなく、人事評価・目標管理の本来の目的に繋がるかどうかを大切に開発しています。

仕事のやりがいは、社員一人ひとりの裁量が大きく規模も小さいので、自分の取り組みが会社に与えるインパクトが大きいことです。自分の力で会社やサービスを良い方向へ変えていくことができる。そんな手ごたえを得られる環境に魅力とやりがいを感じています。

今携わっているサービスでは以前携わっていたBtoCと違ってお客様との距離がかなり近いので、ある機能を実装したときなどに喜びが直に伝わってくるというのもやりがいになっています。同時に困っているお客様も近くに感じるので、なんとかしなきゃという気持ちも以前より強く感じています。

※セールス・カスタマーサクセスメンバーからお客様の要望を直接エンジニアメンバーにフィードバック。代表、エンジニア、PM、セールス、カスタマーサクセス全員で開発に挑んでいます。今回テーマは「UIを全員でたたく日」


― HRBrainの「エンジニア採用」を積極的にリードしてくれていますね。初めて取り組んでみてどうですか?

今年3月に本格的にエンジニア採用を始動しました。少数チームで採用ポリシーも手探りの状態です。採用媒体の管理画面を見るのも、スカウトメールを打つのも初めてでした。エンジニア採用セミナーに参加したり、前職の尊敬する先輩にアドバイスをもらったり、興味をもって面談に来てくださる方とのお話の中で見えてくるものがあったりと、日々思考錯誤しています。自分の会社の仲間は自分で探したいと思っているので、採用に携われるのは楽しいですし、面白いです。HRBrainらしい仲間を増やす過程を楽しんでいきたいと思っています。


― HRBrainの出会いを教えてください。

Golangの勉強会で、HRBrainで働く前職のメンバーとたまたま会ったことがきっかけです。話を聞いて興味を持ちました。自分の周囲に楽しく働けていない人がたくさんいるのを感じていて、良い方法はないのかなと思っていたタイミングだったこともあって、人事評価の切り口からだと解決できる可能性を感じたのも大きかったです。自分が感じていた問題を自分の手で解決することができるかもしれないと感じ、転職することを決意しました。


― 2018年1月に入社して8ヵ月、実際にHRBrainに入社してみてどうですか?

お互いを尊重し合いながら働けていて心地良いです。同じ方向を向いて、正しく意見をぶつけ合っている感覚があって、「声の大きい人が強い」とか「感情的になった方が強い」とかいうことが全くなくとても健全だと感じています。 例えばお客様の導入支援や運用のお手伝いを行っているカスタマーサクセスチームとはよくやりとりをするんですが、彼らはエンジニアの意見を尊重してくれているし、我々エンジニアも彼らの意見を尊重しているので、今できる範囲で最善を尽くすための議論ができていると感じています。「人事評価クラウドHRBrain」以外のサービスをつくることになっても、このメンバーなら良いものができると感じています。

また必要なものや環境は理由を説明して妥当だと判断できれば用意してもらえたり、雑談含め何か発言した際になんでも聞いてもらえる雰囲気なので意見を言いやすく、心身共に安心して働ける環境だなと感じています。


オフィス風景。 「スタンディングデスクを買おうか?」と伝えると、「いやこの椅子絶妙に合うんです」と。技術に対して投資していく環境ですから安心してくださいね、笑 


― 提供しているサービスでもある「人事評価」をどう捉えていますか?また、「成長」をどう捉えていますか?

「人事評価」は会社と自分の向かいたい方向と、今できることの共通点を見つけることだと捉えています。自分のやりたいことができていない場合は会社のために無理に仕事していることになるためそのうち辞める可能性があるし、会社の方向を無視して自分のやりたいことだけをやっている場合は会社としてポジティブな評価ができない可能性が高いのでこれもまた辞める可能性に繋がります。全てが一致していればポジティブに働け、会社も成長できるのでより良い待遇も受けやすく、両者にとってメリットがあります。「成長」に関しては選択肢が広がることだと捉えています。選択肢が広がることでできることが増え、会社と自分の向かいたい方向との共通点が広がると考えています。



― さいごに、HRBrainの未来の仲間にメッセージをください!

健全にモノづくりができる環境、スタートアップのスピード感と経営的な安心感、事業内容の社会貢献度の高さが揃っている環境はなかなか無いんじゃないかと思います。クオリティの高いモノづくりをしたい人、会社を大きくしていくフェーズを楽しみたい人、作ってるモノに意味があるのかと悩んでいる人、そんな人たちはぜひ一度オフィスに遊びに来てほしいです。

株式会社HRBrain's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more