1
/
5

インターネットと交通事故の関係

こんにちは。
株式会社イデアルアーキテクツのかわむらです。

昨年のコロナ渦によって夜の外出、呑み会の自粛が推進され始めてから、インターネットの通信速度が遅くなったように感じたときがありました。

特にP2P通信方式のチャットツールなどでは如実に通信が不安定になりはじめました。
単純にコロナ渦で、ネットを使う人が多くなったのかな?くらいに思ってました。

調べてみると、某通信会社の調査によると2020年2月末時点と、2020年6月末時点では通信トラフィックが20%増えているとの調査結果があり、平日の昼間と夜間の利用が特に増えていたようです。

これらのように通信が渋滞している代わりに、違った状況が現実に起こっているようです。

先日、免許更新をしたときに興味深い話を聞きました。
自粛によって交通事故の件数は前年に比べて全体的に下がったそうです。
神奈川県は史上最低の交通事故件数を記録しましたが、走っている車が少ないため、
渋滞がなくスピードが出しやすいため、事故の被害状況が前年より悪くなっているそうです。

インターネットの通信速度は速いほうが嬉しいのですが、車道ではスピード超過はとても危険です。
歩行者にとっても危険なことです。

皆さんも交通事故には気をつけましょう!

株式会社イデアルアーキテクツ's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more