What we do

来店不要の不動産屋さん「スマホの不動産屋さん」を運営しています。
不動産売却検索サイト「イクラ不動産」を運営しています。
イクラ株式会社は次のサービスを運営しています。 ・イクラ不動産(現在リニューアルにつき一時停止中です) →https://iqrafudosan.com/ 不動産売却検索サイト「イクラ不動産」とは、自分のお家がいくらなのかひと目でわかり、不動産売却を希望する消費者と最適な不動産会社をつなげるプラットフォームです。 不動産の売却は、一生に一度あるかどうかのイベントです。不動産は消費者が所有している最大の資産であり、できるだけ高く売りたいと考えていますが、数少ないイベントのため、不動産の知識は持ち合わせていないのが普通です。 真剣に売却を検討している人は、自分の家がいくらなのか、どうすればよいのか、どこの不動産会社にまかせればよいのか、比較・検討のために検索する人は多いのです。 しかし、検索すれどもこのようなサービスは日本にはありませんでした。 他にはない消費者が求めている圧倒的な情報・サービスを提供することで、消費者により良い価値を提供したいと考えて、日々サービスをつくり、改善しています。 ・スマホの不動産屋さん →https://iqrafudosan.com/lp-smp-fudosan 「スマホの不動産屋さん」は【来店不要】の不動産屋さんです。 不動産売却には誰にも相談できないような内容も多くあります。例えば、離婚などは身近な人にも相談しづらいです。 ただ、自分が知りたい答えをインターネットで検索しても出てこないことも少なくありません。 「スマホの不動産屋さん」では、個別に相談対応し、どうすべきかアドバイスします。 いきなり不動産屋さんに行って相談することにハードルが高いという方に、無料&匿名で利用することができるサービスです。 ・イクラちゃんねる →https://iqra-channel.com/ 「イクラちゃんねる」はプロ(不動産屋さん)のための不動産売買専門メディアです。 世界に同じ不動産は2つとしてありません。1つ1つが全く異なるため、まずはきっちりと調査をしなければなりません。一見売れなさそうな物件でも、加工すれば売れる商品になります。 ただ、条件が異なると関係する法律も異なってきます。そして、契約書や契約時に必要な重要事項説明書も記載が異なってきます。 このような不動産に関わる専門用語を、できるだけ平易に、一般の消費者でもわかりやすく理解できることを目指しているのが、イクラちゃんねるです。 多くは、不動産のプロである不動産営業マンの方がご利用されています。また、不動産を詳しく知りたい消費者の方にもご利用いただいております。 ・イエイクラ →https://ieiqra.com/ 「イエイクラ」は不動産を売却したい消費者のためのガイドブックです。 重複になりますが、不動産は消費者が所有している最大の資産であり、できるだけ高く売りたいと考えていますが、数少ないライフイベントのため、不動産の知識は持ち合わせていないのが普通です。 また、不動産を売却する理由は、離婚や金銭的なものなどネガティブな要素も少なくありません。 「家を売りたいけど、一体どうしたらよいのか」 それを解決すべく、不動産売却に関して有益な情報やコツなどを消費者に届けるためのメディアです。 ・イクラQA →https://iqraqa.com/ 「イクラQA」は不動産売却Q&Aサイトです。 イクラのサービスである「スマホの不動産屋さん」で実際に受けた相談をQ&Aにして公開しております。 不動産の専門家(宅地建物取引士、弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士)に回答していただいた内容を掲載しています。

Why we do

人口の減少と住宅の供給増加に伴って、2033年の空き家数は約2,166万戸、空き家率は30.4%となる見通し。
日本の総人口は、2004年をピークに、このままだと今後100年間で100年前(明治時代後半)の水準に戻っていくとみられます。
【このままなにもしなければ家の価格は下がる】 不動産から負動産へ… 多くの不動産の価値が下がりはじめています。 ▶理由1:需要が減るから 不動産の価格は「需要」と「供給」で決まります。価格が上昇するには、買いたい人がより多くいなければなりません。しかし、日本はこれから本格的な人口(世帯数)減少、少子高齢化社会に突入するため、ほとんどの不動産の価格が下がるのは自然なことと言えます。 国の推計によると、日本の人口は2004年12月の1億2784万人をピークに、2050年には約25%の3300万人が減少し、9515万人になると予測されています。また、2100年には約62%の8000万人が減少し、4771万人(推計値)と明治・大正時代の水準にまで戻るとされています。こんなに人が減ると欲しい人も減るため、不動産を所有していても、売るに売れませんよね。 人口減少と同時に生じる「少子化」「高齢化」も、住宅価格の大きな下落要素です。2050年に3300万人減少するという内訳をみると、15歳未満の若年人口が約900万人減少、15〜64歳の生産年齢人口が約3500万人減少とあわせて4400万人減少する一方、65歳以上の高齢人口は約1200万人増加します。 2050年というのはなにも遠い将来のことではありません。35年ローンを利用して住宅を購入する人は、ローンが終わるころには、このような時代になっているということを考えておく必要があるでしょう。 少子高齢化によって住宅価格が下がるのには様々な要因がありますが、若年層の年金や保険など社会保障の負担が増すことで、実質所得が減少し、それが住宅の購入力の減退につながるからです。 価格が上昇するには、買いたい人がより多くいなければなりません。 解決策として「労働力としての移民の受け入れ」「定年退職や年金支給年齢の引き上げ」「女性の社会進出促進による世帯所得の向上」「出生率の改善」などがありますが、今のところ着実に改善されているのは「女性の社会進出」だけであり、解決するには容易ではない問題といえます。 ▶理由2:供給が減らないから 不動産の価格は「需要」と「供給」で決まります。もし、需要が増えないのであれば、供給を減らして需要(価格)を保つしかありません。 しかし、いまだに数多くの「新築」を建て続けているのです。 欧米では、多くの国において10年間の「住宅需要」や「住宅建設見込み」を推計し、それを基に住宅建設数を決定しています。2003年から10年間のイギリスの世帯数当たり新築建設をみると7.2%など、多くの国が10%以下を見込んでいます。 一方、日本にはこうした目安がなく、毎年90万戸程度の新築住宅をつくり続けているのです。イギリスと同じ7.2%なら年間着工件数は35.9万戸程度であり、10%にするなら49.9万戸程度が適正な新築数となります。ようはつくり過ぎなのです。 人口が減少する中、つくり続けるとどうなるでしょうか。 そう、空き家が増えるのです。 すでに全国の空き家数は1000万戸を突破しているものとみられ、2033年の空き家数は2000万戸を突破、空き家率は30%を超えるという予測となっています。 約15年後には今の約3倍に空き家が増えるというのは衝撃的ですが、供給を減らさない限り仕方ありません。3戸に1戸は空き家なので、不動産価格が下がるのもわかりますよね。 戸建だけでなく、都市部のマンションであっても、立地の良いマンションを除いて、売買や賃貸などのニーズがないマンションは、建物だけでなく所有者も高齢化し、空き家が増えて、管理費や修繕積立金もたまらず、荒廃していく可能性があるのです。 【なぜやるのか】 それでも、お家は個人が所有する最大の資産です。 消費者は、おそらく人生ではじめての不動産売却に「いくらで売れるのだろう?」「いつまでに売れるのだろう?」と不安を感じます。誰もが失敗したくありません。 その不安を解消し、少しでも早く高く売却でき、その地域で信頼できる最適な不動産会社をつなげます。 今、お家を売却をしたいと思ってインターネットで検索しても、良いサービスがありません。 泥臭く集めた膨大な不動産ビッグデータを消費者にわかりやすく提供し、ITを通じて日本のどこに住んでいても確認できるようにします。 お家を資産として、できるだけ高く売れる仕組みをITのチカラでつくることで、売主のストレスを減らし、かつ資産が増えることで他に投資することができて、結果として家族と経済がより良くなる、そんな世界の実現をミッションとしています。

How we do

不動産は今すぐにCtoCやフリマで売買できるようになるとは考えていません。「ハイテクを駆使して泥臭く」がモットーです。
誰もやっていないことをやってのけるには「仮説→検証」の繰り返しです。様々なアイデアを出し合い、新たな価値を生み出すサービスをつくっています。
▶︎少数精鋭のチームだからこそ協力し合う ・クリエイティブなアイデアを意見しあえる ・チームで取り組む楽しさを感じれる ことは、チームの自慢の一つです。 不動産売却市場を変えるんだという目標を掲げ、最短距離での実現を目指しています。 世にないサービスのため、PDCAをまわしながら、意思決定を迅速に行っています。 特に「不動産売買」という専門的な知識が必要なジャンルでもあるため、コミュニケーションを多くとり、サービスに反映していきます。