What we do

会話エージェントAI ENOKI(Qlofune)
会話エージェントAI ENOKI(Qlofune)
当社が解決すべき課題   データ量と複雑さが増していくにつれIT化が進む世界で   は、HMI(Human Machine Interface)により提示される指   示も 複雑となっている。   一方的な文章による指示が、聞き手であるヒトに複数のア   クション(答え)を想像させてしまい、目的が達成できな   い状況が散発している。 解決のための手段   従来から、人間は、文章による指示だけでは足りない場   合、 「会話」を通じて、本来の指示の意図を確定してき   た。   人間が一番自然に使える「言葉」「会話」に着目し目的を   達成する作業(=Natural Interaction)を用いた新しいHMI   の実現が求められている。 当社が実現したい世界観   Natural Interactionをベースとした「会話型エージェント」   HMIが、ヒトとITシステムとの相互理解をサポートするこ   とにより、誰もが、容易に、複雑かつ大量な情報分析とい   ったITの恩恵を享受できる世界を実現する。

Why we do

『コンピュータと直接「対話」できる世界をつくりたい』 現在、スマートフォンやPCのインターフェースで主流なのは、画面出力+キーボード入力。しかし、これって人間にとって自然なものではありません。人間には目と指以外にも、五感を含め色々なセンサーがあり、色々な可能性があるはずです。 最近ウェアラブルデバイスが多くの会社から出ていますが、まだまだ普及しているとは言えない状況です。今後もウェアラブルやタンジブルなインターフェースを備えた機器がどんどん市場に出てくると予想されますが、そこで活きてくるのが、EOKI(Qlofune)の自然言語対話です。旧来からあるキーボードやボタンによる「命令」ではなく、コンピュータと直接「対話」ができる世界をつくります。 21世紀にはなったけど、漫画やSF映画に描かれていた「21世紀」には程遠いなんて、思っていませんか? 私たちは、憧れていた未来の世界を実現できる日本発の先端技術「Qlofune (黒船)」をつくり、世界に向けて発信していきたいと思っています。

How we do

北米出張時に撮影した写真1
北米出張時に撮影した写真2
見たことのない世界、行ったことのない場所、新しいテクノロジー。そういうものがみな好きですし敏感です。海外の情報収集には余念がなく、希望者はどんどん視察、研修、セミナーに参加可能です。 アメリカ西海岸だって、行かなきゃ分からないことがたくさんある!そう考えているので、Googleマップじゃ感じられない感動を実際に体験し、新しい発想やエネルギーに変えてもらえるよう出張を奨励しています。 少数ながらエンジニア専用の場所を確保することで、集中して仕事ができる環境を用意しています。 また、オフィスが神保町ということもあり(カレーの街なので)カレーをみんなで食べる社内風土があります。おいしいカレー屋さんもたくさん知っています!