1
/
5

What we do

企業の根幹ともいえる【ITインフラ】。ITインフラ運用・設計・構築・RPA(業務自動化)導入支援事業を行っています
お客様企業のIT環境を支えるシステム運用サービスを生業として15年目の企業です!
社会ではITが浸透し、AI・5G・ブロックチェーンなどの技術が生まれ、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進行しています。IHSは『お客様の未来を創るベストパートナー』を目指し、「大手企業のITインフラ安定稼働」と「業務のデジタル化」の2つを事業ドメインとしています。 #大手企業のITインフラ安定稼働 高度なIT社会は、パソコンやサーバーなどのハードウェア、オペレーションシステムなどのソフトウェア、インターネットなどのネットワーク、データベースなどで構成される「ITインフラ」の安定稼働によって成り立っています。 IHSは、このようなITインフラの運用管理から設計・構築までを行っています。お客様はITインフラに高いパフォーマンス、信頼性、セキュリティを必要としている大手企業のみです。 #業務のデジタル化 『時間創出と価値創造』をテーマに、IHSはお客様の業務をデジタル化(効率化・自動化)し、お客様が新たな時間を創出し、価値を創造の時間にシフトする支援を行っています。

Why we do

日本のIT国家戦略を支える情報処理推進機構(経済産業省)の仕組みに沿った人事制度を構築。社員のスキルを体系的に管理し、7つの役割※と段階的なステップを用意して、社員が成長しやすい環境を整えています。 ※研修生、サービスデスク、システムエンジニア、ITアーキテクト、プロジェクトマネージャー、コンサルタント、営業
社員一人ひとりが自社の未来を考え成長するために、5年後のIT事業について考え、5ヵ年計画を策定しました。 弊社は、トップダウンでなく、社員と共に成長しています。
ITによって生活環境が急激に変化し続けている今、あなたはビジネスパーソンとしてどのような未来を創造していますか?そして、あなた自身のライフワークはどうありたいですか? 皆様の生活にAIやロボットが当たり前のように浸透し、多くの事が自動化し続ける環境を維持するのが、弊社の仕事である“システム運用”です。 弊社はシステム運用すらも自動化し安定運用を目指しております。更に、人とロボットが共存でき、融和できる環境を構築する事で、世の中の役に立ち、お客様に喜んでいただき、自分自身も仕事を楽しみたいと考えております。

How we do

月次での交流会も定期開催しています。キャリアコンサルタントのサポートがあるのも特徴です。
毎年社員全員で研修旅行に出かけます!2020年1月は沖縄へ行きました。
社員数は2020年の4月時点で192人。 私たちは「社員の成長が、会社の成長」と考えています。 当社事業の中心となるシステム運用サポートでは、人の力こそが大切です。IHSならではの教育制度は、エンジニアの技術スキルに加えて、ビジネススキル、ヒューマンスキルも身に付けることができます。 弊社は*iCDに沿った人事制度を2019年から構築しており、7つの役割と13のステップを用意し、社員のITスキルを体系的に管理しております。 キャリアアドバイザーとの面談、年2回のオープンな振返り面談、昇格エントリー制度などの人事制度で、従業員の成長を支援しております。 ※iCD(iコンピテンシ ディクショナリ): 日本のIT国家戦略を支える『情報処理推進機関(IPA/経済産業省所管)』が推進する企業成長に必要な業務とスキルを体系的に網羅したもの 社員の仕事に取り組む姿勢、ビジネススキル、コミュニケーション能力などがお客様から高く評価され、お客様との長期間にわたる信頼関係に繋がっています。 入社後にはより高いレベルの知識、スキルの習得に取り組める機会として、充実した社内研修や外部研修を受けられる体制を整えています。 社内研修では2種類の研修を用意し、社員一人ひとりのキャリア、経験に合った研修を受けられるようにしています。 ・階層別研修(入社1~4年目研修、マネージャー研修) ・全社員向け研修(セキュリティ研修、宿泊研修等) 外部研修では、JUAS(日本情報システム・ユーザー協会)と連携し、役職者を対象にITに関する最新動向や最新技術、業界や市場の動きなどについて研修を受講しています。 全社員向けにはBiz CampusやSkill Compassと連携し、e ラーニングや基本的なビジネスマナー、マネジメントスキル等の研修を受講することが可能です。 自身の成長に積極的な貴方と、共に大きくなっていける会社です。