1
/
5

2021年もユーザーの新しい体験づくりにチャレンジ!IMG SRC取締役 山口浩健が語る

こんにちは、イメージソース取締役の山口です。

私は、イメージソースがD2Cグループに参画した後、2018年6月より取締役として経営から実務実行まで幅広く担務しています。それ以前は、2006年にグループ会社の(株)D2Cへ入社、2015年まで(株)電通にて常駐、ナショナルクライアントのWeb戦略立案から制作までデジタルを起点としたコミュニケーションプランニングを多く手掛けてきました。

代表の小池に続いて、2021年に取り組みたいことを私からもお伝えできればと思います!
(前回の小池の内容はこちら↓)

ユーザーの新しい体験づくりに常にチャレンジし続ける

まず、2021年のコロナ禍における広告販促コミュニケーション領域を取り巻く状況は、あまり大きく変化はしないと予測しています。購買行動を促す、心を動かすということは形を変えてなくならないと思うからです。先行きが不透明ではありますが、これまでイメージソースが大切にしてきた地に足がついた活動を強化し、さらに進化させながら取り組んでいこうと思っています。

具体的には、Webやデジタルを中心とした領域の活動が昨年より増えていますが、イメージソースがもともと得意としてきたリアルな接点づくり、ユーザーの体験づくりの経験を最大限活かしたアウトプットに取り組みます。
ARやMRといったXR領域や、デジタルとリアルを繋いだ新たな購買体験など、新しい体験づくりに常にチャレンジしていきたいですね。

そのためには、デジタル、インスタレーションを問わず、体験におけるUI/UXの深掘りをチームで考え実行していく意識づくりから、その遂行において必要な人材育成、ワークフロー作成、チームワーク醸成なども強めていくことが必要です。今までも、勉強会の積極的な実施を推奨してきましたが、より今年1年も強めていきたいと思っています。


NTTグループの一員として「テクノロジー×クリエイティブ」を創っていく

イメージソースの特徴であるR&D活動は2021年も継続していきますが、
ステークホルダーであるdocomoとの関わりを意識した取り組みも考えています。今年、一般普及し始めるであろう5GやXRについては、コンテンツやクリエイティブと共に表現していくことで更に体験価値を高めることができるのではないかと考えています。

BIT WAVE SURFIN’」のように、NTTが持つ技術とイメージソースのR&Dをブリッジをさせたり、docomoのドローン事業「docomo sky」のようにコミュニケーション、クリエイティブでのクライアントとの連携強化に繋げることもできると思っています。

D2Cグループのシナジーという観点でも、R&Dプロトタイピングをdocomoと共に仕掛けていけたら、非常に象徴的なものができると思います。同時に、枠にとらわれず、さまざまな企業とイメージソースR&Dのコラボレーションをどんどん誘発させていきたいです。


クリエイティブカンパニーとして、どうあるべきか

まず、大枠の部分で広告文脈としては、課題解決要素とエンタメ要素の2つの要素の両立が求められると感じています。

企業活動である以上、課題解決要素は前提として存在しますが、そこに楽しいのか?ワクワクするのか?といったエンタメ要素を体験設計の中に落とし込んでいけるかどうかが、今後より大切になってくるのではないかと考えています。抽象的ですが、「便利で面白い!」そういったモノ・コトをクライアントと共にアウトプットしていくためにも、ユーザーをしっかり見据えた体験設計、コミュニケーションを考えたクリエイティブを創っていくパートナーでありたいと思っています。

表現の要素においては、映像や3DCGといった動きがあるものを体験設計の中に適切に組み込んでいくことも必要ですし、今までは別々にやることが多かったオンライン/オフラインをコアアイディア、コアコンテンツで統合したコミュニケーションにして繋いでいくこともとても大事です。

代表の小池も言っているように、イメージソースにはいいものを創り出したいという人材が多く集まっています。このストロングポイントを活かし、デザインとテクノロジーを駆使して、コミュニケーションを形にしていくための集団であるために、クリエイティブに真摯に向き合い、クラフトマンシップを見つめ続けることには、今後も変わりありません。


わたしが「やりたい」こと

漠然としていますが、個人として、今年は何か手を動かしてつくることをしたいと思っています。私は代理店常駐が長く、ディレクター/プロデューサーの立ち位置で人につくってもらう側だったので、個人的に自分でつくることにトライする予定です。

会社の目標では、メンバーがこの会社で働いてよかったなと思えるような会社作り。そのために環境の整備であったり、社内ムードを盛り上げながら一体感をつくり、すべてのプロジェクトを円滑に進めていきたいと思います。

小池と、私二人より2021年への想いを書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。イメージソースでは、一緒に働く仲間も募集しています!興味を持っていただけた方は是非エントリーもお待ちしています。


Webディレクター
インンタラクティブなWeb制作!進行管理が得意なWebディレクター募集!
『鮮度の高いデジタルコミュニケーションを、デザインとテクノロジーの融合で実現し、社会とユーザーに豊かな体験を提供する』をミッションに掲げ、デジタルコミュニケーションを包括的に提案するクリエイティブブティックです。 Webサイトやアプリ、デバイスの他、インスタレーションを強みとして、デザインと最新のテクノロジーを駆使した、最適なデジタルコミュニケーションを企画・制作しています。 ■新体感プロジェクションマッピングイベント「YOYOGI CANDLE 2020」 イベント特設サイトやアプリを通じて投稿されたメッセージが、プロジェクションマッピングとしてビルに投影される、インタラクティブな体験の演出が話題。「DIGITAL SIGNAGE AWARD 2018」にてグランプリを受賞。 https://www.imgsrc.co.jp/work/yoyogicandle2020/ ■「BUMP OF CHICKEN」オフィシャルサイトリニューアル UI/UXのデザインや、トラフィックパフォーマンスをより快適にするためのシステム構成などの工夫を行い、ファンがスムーズにアクセスしやすいWebサイトを構築。 https://www.imgsrc.co.jp/work/bumpofchicken/ ■CITIZENグローバル・キャンペーンサイト「Save the BEYOND/CONNECTING 8 OCEANS」 コンセプト設計、コンテンツ企画、デザインビジュアル制作、全8ヶ国語に及ぶサイト内情報設計からフロントエンド実装まで、クリエイティブワーク全般を担当。 https://www.imgsrc.co.jp/work/citizen-promastersavethebeyond/
株式会社イメージソース
UI/UX Designer
ブランドやサービスで機能するデザインを!UI/UXデザイナー募集!
『鮮度の高いデジタルコミュニケーションを、デザインとテクノロジーの融合で実現し、社会とユーザーに豊かな体験を提供する』をミッションに掲げ、デジタルコミュニケーションを包括的に提案するクリエイティブブティックです。 Webサイトやアプリ、デバイスの他、インスタレーションを強みとして、デザインと最新のテクノロジーを駆使した、最適なデジタルコミュニケーションを企画・制作しています。 ■新体感プロジェクションマッピングイベント「YOYOGI CANDLE 2020」 イベント特設サイトやアプリを通じて投稿されたメッセージが、プロジェクションマッピングとしてビルに投影される、インタラクティブな体験の演出が話題。「DIGITAL SIGNAGE AWARD 2018」にてグランプリを受賞。 https://www.imgsrc.co.jp/work/yoyogicandle2020/ ■「BUMP OF CHICKEN」オフィシャルサイトリニューアル UI/UXのデザインや、トラフィックパフォーマンスをより快適にするためのシステム構成などの工夫を行い、ファンがスムーズにアクセスしやすいWebサイトを構築。 https://www.imgsrc.co.jp/work/bumpofchicken/ ■CITIZENグローバル・キャンペーンサイト「Save the BEYOND/CONNECTING 8 OCEANS」 コンセプト設計、コンテンツ企画、デザインビジュアル制作、全8ヶ国語に及ぶサイト内情報設計からフロントエンド実装まで、クリエイティブワーク全般を担当。 https://www.imgsrc.co.jp/work/citizen-promastersavethebeyond/
株式会社イメージソース
フロントエンドエンジニア
オンラインイベントの新時代こそ活躍する!WEB×実空間の体験作りエンジニア
『鮮度の高いデジタルコミュニケーションを、デザインとテクノロジーの融合で実現し、社会とユーザーに豊かな体験を提供する』をミッションに掲げ、デジタルコミュニケーションを包括的に提案するクリエイティブブティックです。 Webサイトやアプリ、デバイスの他、インスタレーション(デジタルクリエイティブを融合させた豊かな体験づくり)を強みとして、デザインと最新のテクノロジーを駆使した、最適なデジタルコミュニケーションを企画・制作しています。 ▼新体感プロジェクションマッピングイベント『YOYOGI CANDLE 2020』 イベント特設サイトやアプリを通じて投稿されたメッセージが、プロジェクションマッピングとしてビルに投影される、インタラクティブな体験の演出が話題。「DIGITAL SIGNAGE AWARD 2018」にてグランプリを受賞。 https://www.imgsrc.co.jp/work/yoyogicandle2020/ ▼人気バンド「BUMP OF CHICKEN」Webサイトリニューアル UI/UXのデザインや、トラフィックパフォーマンスをより快適にするためのシステム構成などの工夫を行い、ファンがスムーズにアクセスしやすいWebサイトを構築。 https://www.imgsrc.co.jp/work/bumpofchicken/ ▼CITIZENグローバル・キャンペーンサイト CITIZENのスポーツウオッチブランド「PROMASTER」の2020年のグローバル・キャンペーン「Save the BEYOND/CONNECTING 8 OCEANS」の、コンセプト設計、コンテンツ企画、デザインビジュアル制作、全8ヶ国語に及ぶサイト内情報設計からフロントエンド実装まで、クリエイティブワーク全般を担当させていただきました。 https://www.imgsrc.co.jp/work/citizen-promastersavethebeyond/
株式会社イメージソース


CGデザイナー・ディレクター
世界観を作り上げるCGデザイナー・CGディレクター募集
イメージソースは、『鮮度の高いデジタルコミュニケーションを、デザインとテクノロジーの融合で実現し、社会とユーザーに豊かな体験を提供する』をミッションに掲げ、デジタルコミュニケーションを提案から行う制作会社です。 近年、オンラインイベントの実施や5G環境を活かした表現が求められるプロジェクトが増えております。そのようなプロジェクトで活躍していただけるCGデザイナーを募集します。 イメージソースでは、Webやインスタレーションなどデジタル全般を手掛けているため、プロジェクトの種類も様々。これまでの経験を活かし、WebやVR、インスタレーションなど、幅広い分野のデザイン業務に携わることができます。CG制作だけではなく、幅広くインタラクティブな体験作りに携わってみたい方はもちろん、UI/UXに関する経験も詰めるので、今までの強みを活かして新たな経験を積んでみたい方にも、ぜひ応募いただきたいと思っております。 <実績紹介> ●IMG SRC PROTOTYPES VOL.07 イメージソースのR&Dの成果をプロトタイプとして発表する定期的な展示イベント「IMG SRC PROTOTYPES」。2020年は新型コロナウィルス感染拡大の影響のため、オンライン展示として実施しました。バーチャルなイベント会場を、ガイド付きの少人数グループで移動しながら楽しめるシステムを自社開発し、運営者と参加者が、ビデオや音声でコミュニケーションを取りながら、複数のコンテンツを回遊しながら体験していく仕組みによって、オンラインでもお互いが「そこにいる」感覚を持つことができる展示会を実現しました。 https://note.com/imgsrc_inc/n/n139748079840 ●GMO DIGITAL HACHIKO 渋谷FUKURASの新施設「待ち合わせスポット GMOデジタル・ハチ公」に導入された「デジタル・ハチ公」のコンテンツ制作を担当しました。「デジタル・ハチ公」は、3Dホログラムを活用し、お手や伏せなどの触れ合い体験や、さまざまな国をハチ公と一緒に旅することができる、インタラクティブなハチ公像です。 https://www.imgsrc.co.jp/work/gmo-digitalhachiko/ ●NIKE AIR MAX BEATMAKER AIR MAX DAYで提供された「AIR MAX BEATMAKER」の制作を担当。没入感の高い巨大な4面プロジェクションの空間に、6台の自走式トレッドミルを設置し、映像/音響システムと連携。履いているAIR MAXの種類によって自分のサウンドパートが決まり、走る速度でメロディやリズムが変化。さらに参加者全員の息が合うと、スクリーンに投影されるビジュアルも変化していきます。 https://www.imgsrc.co.jp/work/nike-airmaxbeatmaker/
株式会社イメージソース
株式会社イメージソース's job postings

Weekly ranking

Show other rankings