笑いあり涙あり!イノベーションの表彰式

みなさん、こんにちは!イノベーション広報担当の遠山です。
すっかり寒くなって冬っぽくなってきましたが、風邪などひかず元気に過ごしたいですね。

イノベーションにはさまざまなイベントがあるので、これから、ちょっとずつ紹介してきたいと思います。記念すべき第一回は、表彰式について!

人事のやまみーこと山宮さんに、いろいろと聞いてみました。

人事のやまみーこと山宮さん


ー イノベーションの表彰式について教えてください!

表彰式は大きく分けて2種類あって、1つは四半期表彰、もうひとつは年間表彰です。

四半期表彰は、その四半期で活躍したメンバー・チームの表彰、年間表彰は、年間を通じて活躍したメンバーと新人を表彰します。ちなみに年間の表彰式はレストラン等で盛大に行うんですよ。


ー 個人賞だけではなく、チーム賞もあるんですね! ちなみにどうやって選考してるんですか?

①経営理念「inno-ism」の体現度、②成長度合い、③周りへの影響度合い、の3つを基準に選考します。
全ての基準を満たさないといけないので、「該当なし」の時もあるんですよ。


ー ただ単に成果だけで評価するわけではないんですね。ちなみにMVPなどの表彰って、多くの企業が行ってると思うんですけど、『イノベーションならでは!』みたいなところはあるんですか?

私が思う『らしさ』は2つあって。1つめは「涙」、2つめは「自分だと思っていなかった現象」です。
イノベーションは、【感動:皆が感動する仕事を!】【成長:自ら機会を創りだし機会によって自らを変えよ!】というの価値観が強いため、表彰された嬉しさはもちろんあるものの、まだまだやることがあるし、「もっとできることがあった」って思っている社員が多いんです。

だからこそ、「えっ私?!?!」と驚く人も多いし、受賞したにもかかわらず「もっとできたのに・・・」と悔し涙を流す人もいます。イノベーションのValueに「謙虚・誠実」というのがあるんですが、こういう場面をみる度に、イノベーションっぽいなーって思います。


ー 実は私も今回VP賞とチーム賞を頂いたのですが、たしかに「えっ私?!?!」ってなりました。
 受賞できるなんて全然思ってなかったですね。笑

続いて受賞者にも話しを聞いてみましょう。今回インタビューに答えてくれるのは、イノベーション史上初のMVP連続受賞を果たした、うみさんこと花田さんです。

なにやら気取ったポーズでパシャリ


ーMVPおめでとうございます。 MVP連続受賞なんて、すごいですね!

ありがとうございます!名前を呼ばれた時は驚きと嬉しさで震えました笑

連続受賞は誰も成し遂げてないと聞いていたので、密かに狙ってたんですよ。笑
ただ、前回から目標にしてたチーム賞は今回も取れなかったので、本当に悔しいです。

なので次は、必ずチームで賞を取ります!


ー チーム賞、応援してます! ちなみに表彰式の良さって、どんなところにあると思いますか?

自分が行ってきたことを評価いただける事は素直にやる気になりますし、もっともっと頑張らなきゃなって思います。また、部署外の方の成果も知れるので、業務に活かせそうな事があればと参考にしています。

あとは、表彰式後に、チームだけじゃなく社員みんながお祝いの言葉をかけてに来てくれてくれるのも、とっても嬉しいです!そういうところがイノベーションぽいなって感じますね。


ー さいごに今後の意気込みを一言!

自分のチームや関わった方が次は賞を取れるように自分が出来る事を増やし、自他共に成長を加速させていきたいです!

ー 自分のことだけではなく、チームのことを考え行動している姿が、イノベーション史上初の連続受賞に繋がってるんですね! インタビューに答えていただき、ありがとうございました。

いかかでしたでしょうか?毎回、笑いあり涙ありの表彰式は、私が好きなイベントのひとつです。
少しでもイノベーションの雰囲気が伝わったら嬉しいです。

株式会社イノベーション's job postings
笑いあり涙あり!イノベーションの表彰式
Satomi Tohyama
株式会社イノベーション / マーケティング・広報グループマネージャー
26 Likes
26 Likes

Weekly ranking

Show other rankings