もしもイノベーションに勤めたら?を勝手にシミュレーションしてみた~Coffee部編~

こんにちは、イノベーションの杉田です。
この時期は気温のふり幅がすごいので、毎日何を着ればいいのか悩みますよね。皆さん体調崩されてませんか?春までもうすぐですが、気を付けてお過ごしください。

話は変わりますが、イノベーション弊社には会社公認の部活動がたくさんありまして、それぞれ好きなスポーツや文化活動を楽しんでおります。普段の業務ではあまり話をすることのない他部署のメンバーと交流できるのもいいものです。

その中から今回は「Coffee部」についてご紹介します。ぜひコーヒー片手にゆるっとお読みください。

■Coffee部とは?

専用のミルやコーヒーを淹れる道具を保有し、気になる豆を買っては日々美味しく淹れる方法を模索している優雅な部。社内でバリスタ経験者による「ドリップ講座」や「コーヒー豆講座」なんかもやっています。時々、昼休みに「コーヒーおじさん」が現れて気まぐれにハンドドリップして部員以外の人にも振舞ってくれます。


こちら、コーヒーおじさんこと部長のビゲンさん


笠井 美弦(ビゲン、みっちゃん、コーヒーおじさん)
イノベーション歴 :2年4ヶ月
趣味       :麻雀(関西最高位戦日本プロ麻雀協会38期後期)、コーヒー
特技       :麻雀
座右の銘     :Have a Backborn; Disagree and Commit

たまに、業務終了後に気になる喫茶店や話題のカフェに突撃して、楽しくコーヒー談義をしたりもします。つい先日も有楽町まで出向いて、老舗喫茶でサイフォン式コーヒーを楽しんでいたので、いろいろ聞いてみました。


― Coffee部を作ったきっかけは?

立ち上げるちょっと前に、自宅でコーヒーを淹れるのに目覚めまして、会社でも業務の合間や休憩のときなどにみんなと楽しめたらいいなぁと思って始めました。コーヒーの布教活動もしたいというか。輪が広がるといいなと思ってますね。

※社内活動の風景


― いつも楽しそうに「ドリップ講座」してますもんね。
 これまでの活動で何か印象に残っていることはありますか?

プログラム言語が名前についてるコーヒー豆っていうのがあるんですけど、それの飲み比べをしてみたのは面白かったです。「Swift」という名前の豆がびっくりする味でしたね(笑)気になるかたは試してみてください。

あとはやっぱり「ドリップ講座」ですかね。おいしく淹れられる人が増えると、それこそ部署や役職を超えて輪が広がってくれるんじゃないかと期待しています。


― えー!プログラム言語のコーヒー、気になるなぁ。今度コーヒーおじさんに淹れてほしいです。
  部として「今後こうしていきたい!」みたいな展望はありますか?

今はドリップ(挽いた豆の上からお湯を注いで淹れる)だけしかやってないんですが、水出しとかエスプレッソなんかも試してみたいですね。あと社外の講座とかにも行ってみたい。

コーヒーを通じて会話が生まれて、人の輪が出来て、新しいアイデアが出来ていく・・・みたいな広がり方をすると素敵かな、なんて思います。

飲みすぎちゃうと胃が荒れたりもしますが、飲み方次第ではお仕事がはかどるなんて言う効果もあるようです。さぁ、コーヒーでリフレッシュしてもうひと頑張り!

株式会社イノベーション's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more