とことん考え、とにかく動く。ビジネスに感性と理性のバランスを。

株式会社インテグリティ・ヘルスケアに入る前

【就職活動】 就職活動をした当時、世の中はITバブル真っ只中で数多くのベンチャー企業が新しいビジネスモデルを打ち出し、市場をにぎわせていました。既成概念が崩れて新しいものが生み出される時代の潮流を感じながら、就職活動をおこなっていました。企業経営への興味から、コンサルティング業界でインターンなどにも参加しましたが、最終的には事業会社に就職。入社後まもなくしてインターネットビジネスの事業開発部門が創設され、そこへ配属されることになりました。そこは、国内外の新しい技術やビジネスの目利きをし、日本へ導入し、事業を立ち上げ、自ら営業して収益を上げろという、すべてを独立して任される社内ベンチャー的な部門であり、自分にとっては願ってもないフィールドとなりました。

【新入社員時代】 すべてが新しいものだらけ。会社としても大きなチャレンジであり前例がない。だからこそ、新人であっても新しい情報を最速で入手し、考え抜いたもの勝ちだと思い、とにかく動きまくりました。市場調査に競合調査、企業との提携や営業の現場にも出て、提案が通ればそのまま導入コンサルティングまで。事業の立上げの面白さに興奮しながらも、4年目に異動発令、そのタイミングで退職、新たな道を模索し始めました。

【コンサルティング会社時代(独身時代)】 事業会社を退職後は、初心に戻りコンサルティングファームへ転職。戦略策定や投資評価のためのビジネスモデル分析といった上流工程もあれば、オペレーション効率化のためのプロセス改善など様々なテーマに取り組みました。どんなに新しい領域であっても考え抜いて行動することで道が切り開けるということが確信に変わっていきました。

【コンサルティング会社時代(子育て時代)】 マネージャに昇格し、少しひと段落ついたところで一人目を出産。現場感覚を維持するためにと出産後4か月で現場復帰。過酷なPJ現場にワークライフバランスの難しさを感じ、これまでの知見や経験を活かせるミドルオフィス的なポジションに異動。2人目を出産し、再復帰したところで、ふと「このままでよいのだろうか」、という疑問が頭をよぎりました。

現在

【化学変化が起きる毎日】 現在は、インテグリティ・ヘルスケアでビジネスチームをリードしています。 戦略検討の重要なフェーズですので、とにかく自分が思っている疑問や考えを形にし、みんなと議論しながら、戦略の方向性や検討しなければならない課題をあぶりだし、最速で検証を行う毎日です。

第一線で活躍しているエンジニアにデザイナー、マーケター、医療現場のフィールド経験者と様々なバックグラウンドを持ったプロフェッショナル集団ですので、会話をすればするだけアイデアが出される、するとまた新たなひらめきがわいてくる、ということの繰り返しで、1回の議論を終えると脳が汗をかいているかと思うくらいフル回転したことが分かります。

疲れますが、自分ひとりで考えていた時には思ってもいない考えが飛び出し、チーム全体がすさまじい速さで加速していくのを感じることに大きな喜びと達成感を感じています。

株式会社インテグリティ・ヘルスケアについて

【きっかけは未来への不安】 それまでの人生は自分中心の世界で、いかに自分がキャリアアップしていけるかに注がれていました。しかし、子育てをする中で、社会との接点が増え、子供の未来に思いを馳せる時間も増え、そして離れて暮らす両親の将来も考えるようになり、自己完結の世界では解決しえない課題に気づきました。誰もがいつまでも健康でいられるわけはなく、助けられ支えられて生きている。

親を支える立場となったとき、そして自分が支えられる立場になったとき、喜んで受け入れることができるだろうか。コンサルティングで取り組む課題は、自分が抱える課題とは全く異なる次元であり、むしろ、自分が感じているこの社会課題を解決することを仕事として取り組めないだろうかと思い始めました。

【未来を変える希望】 そのような中、「在宅医療」というキーワードが飛び込んできました。患者さんにとっての物理的距離を気にすることなく、医師と患者、そして患者を支える家族がつながることができれば大きな安心になり、まさかの事態を未然に防ぐこともできます。なによりも、病院という無機質な空間ではなく、自宅という生活の匂いが染みついた家族の歴史を感じる空間で最後を迎えることができることの安らぎは何物にも代えがたいものです。

インテグリティ・ヘルスケアを知ったとき、すでに祐ホームクリニックは都内数か所に開設され、在宅診療を行っており、さらには震災被害を受けた石巻、そしてシンガポールへと展開をされていました。武藤先生と園田さんの高い理念はもちろんですが、その理念を形にし、確固とした基盤を築き、さらに世の中に広めようとされている。このとき、私の脳裏によぎった言葉は「義を見てせざるは勇無きなり」。何かに突き動かされるかのように、園田社長へコンタクトしたのでした。

【園田社長との出会い】 とはいえ、医療知識も経験もない初心者マークの私が飛び込んでどうにかなる世界ではないことも知っていましたので、最初は、どんな形でもいいから関わりたいという一心で話を聞きに行きました。

園田社長は少々(かなり?)戸惑いながらも、私の話を黙って聞き、私がインテグリティ・ヘルスケアの中でどんな動き方ができるかを考える時間をくださいました。私からも何ができるかを提案し、お互いの認識をすり合わせるやり取りが続き、今のポジションにたどりつきました。

型にとらわれず、目の前のものをそのまま受け止め、熟考し、最後は思い切りよく判断を下される園田さんのしなやかさに魅せられ、園田さんと一緒に働きたいという強い衝動が起きました。

【武藤先生の理念と”インテグリティ”】 ビジネスサイドで関わる身として、この領域は社会課題としてニーズはありながらも事業化は難しいとされていましたので、事業化を進めていくうえで譲れない一線について対話をしました。武藤先生から、「インテグリティ」と速答。「正しいことをやっていれば自然と結果はついてくる。真善美、インテグリティが第一である」。

ぶれない軸を共有できたことでビジネスチームにジョインしていく覚悟ができた瞬間でした。

今後どういうことをしていきたいか

両親と離れて暮らす子育てと仕事に忙しい毎日を送るワーキングマザー代表として、離れていても家族の状況がわかり、適時に医師や看護師といった医療プロフェッショナルの助言をもらい、必要な対応が行える、そのような安心できる社会インフラを築きたいと思っています。

実現方法はいろいろと考えられます。遠隔でも患者の状態をWatchする見守りや、容体の急変時に医師と連携し、必要な診察を受けられる仕組みなど。しかし、重要なことは、社会インフラとして当たり前に存在する世界を築くこと。その実現に向けては、自社でプロダクト開発していくことももちろんですが、行政府や民間企業の協力を得て、大きなうねりとしていくことが重要と考えています。ビジネスチームは、「あったらうれしい」を描き、それを実現するための戦略を考え実行していきます。「こうなったらいいのに」と思っている方、一緒に実現していきましょう!

株式会社インテグリティ・ヘルスケア's job postings
Anonymous
Fc62dbff 53cb 4d36 9dca caf68ec43699?1528790191
Anonymous
C0ad5858 c015 422a 91d0 864e2878dc82?1525830854
931bdf8d 95de 4420 a69b 3053e9553a32?1505214902
0b175edd 1abe 4b73 8a37 ad90e1aabfa4
12 Likes
Anonymous
Fc62dbff 53cb 4d36 9dca caf68ec43699?1528790191
Anonymous
C0ad5858 c015 422a 91d0 864e2878dc82?1525830854
931bdf8d 95de 4420 a69b 3053e9553a32?1505214902
0b175edd 1abe 4b73 8a37 ad90e1aabfa4
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon