1
/
5

【I.S.M.C開催レポート】新規事業クチコミ旅行アプリ「RECOTORI」のリリース前後の課題と成功事例を社内でシェアしました!

インタースペースの重点施策の1つに、「BtoC領域の強化」があります。この重点施策を実現するため、“きっかけ”の場として立ち上げたのが【I.S.M.C ~インタースペースメディアクラブ~】です。

I.S.M.Cとは、メディア事業のナレッジシェアプロジェクトです!

広告やデザインも含めたメディア事業に関するナレッジを共有し、当社の事業の強化に繋げる場として、1か月に1度の頻度で勉強会を開催しています。

2月のテーマとなったのは、新規事業のクチコミ旅行アプリ「RECOTORI」です。本サービスの企画者・プロダクトオーナーである新卒2年目の中田が登壇しました。

新規事業「RECOTORI」とは

「RECOTORI」は自分と近い価値観の人のクチコミから、自分にあった旅行先を見つけることができるサービスです。

ユーザーは自分が行った旅行先・スポットを「投稿する」ことで旅行の思い出をサービス上で管理することや、気になる旅行先のスポットを「検索する」ことができます。

投稿と検索がユーザーの主な動きになるので、まずはさまざまなスポットを積極的に投稿してくれるインフルエンサーにご協力いただき、情報量を増やすことが重要でした。

インフルエンサーを増やすために行ったこと

今回の勉強会の内容は下記のとおりです。

①RECOTORIが生まれるまでの流れについて

②熱量のあるユーザー・コミュニティの作り方

③RECOTORIが行ったインフルエンサーの開拓・コミュニティ活用方法

④ディスカッション:【新規事業のユーザーの増やし方】と【熱量あるコミュニティの作り方】

新規事業の裏に隠された泥臭いアクションや、RECOTORIが行っているファンマーケティングを主に説明してくれました。

話を聞くだけではなく、参加者同士で当社の新規事業「Welnomi」のファンを増やす施策について、ディスカッションも行いました。

月額500円で1来店1杯のお酒が無料で楽しめるサービス「Welnomi」は、お酒好きな方が利用することが多いのではと考え、「飲み屋街とコラボする」「利用者同士で一緒に乾杯できるきっかけを提供する」などさまざまな意見が飛び交っていました。

普段は別領域で活躍している社員と事業アイデアについて会話できることも、I.S.M.Cのおもしろさの1つです。

▼月額500円で1来店1杯のお酒が無料で楽しめるサービス「Welnomi」

なぜサービスのファンを大切にしているのか

今回の勉強会で特に印象的だったのが、「なぜコミュニティ・真のファンが大事なのか?」という説明でした。 中田が説明した理由が下記の通りです。

・ファンが一番そのサービスに共感して良いと感じてくれている

・ファンは一番の拡散力を持っている

・ファンのコミュニティができるとその中でサービス改善のアイデアが生まれはじめ、結果的にプロダクトの改善に繋がる

・ファンの存在が自分たちの存在価値・意義になる

「RECOTORI」はユーザーのクチコミによって成り立つサービスだからこそ、熱量の高いユーザー=コミュニティ・ファンの意見を取り入れながら事業をブラッシュアップしていくことが重要です。

立ち上げ当初は、インフルエンサーの開拓をするために泥臭い地道な努力を積み重ねてきました。

例えば、旅行好きが集まるイベントに足を運び、旅行好きな方と交流をする。SNSを通じて旅行系インフルエンサーにアプローチしてみる。このような、地道なアクションを継続的に続けることで企画者は何をどのように伝えたらファンが集まるのかというノウハウを見つけ、KPIをクリアしてきたようです!



「RECOTORI」インフルエンサーのコミュニティ形成が進んでいる今では、オンラインでのやりとりだけではなく、オフラインでのコミュニケーションもとっています。

インフルエンサーとの交流会は、サービスに関するユーザーの意見・視点をよりクリアに伝えてもらう場になっています。

それだけではなく、つくり手の想いや立ち上げまでの過程をユーザーに伝えることで、一緒により良いサービスをつくる仲間づくりもできています。

スタートしたばかりのサービスだからこそ、自社内のメンバーだけで企画をするのではなく、ユーザーの意見を大切にしながら、一緒にサービスを大きくすることの大切さを改めて学ぶことができました。


ぜひみなさんも当社の新規事業「RECOTORI」を使ってみてください!

RECOTORI

次回のI.S.M.Cレポートもお楽しみに!

株式会社インタースペース's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more