1
/
5

自分らしさってなんだ?(21卒内定者のシュウカツ体験記)


こんには、21卒内定者の瀧ヶ崎修斗(タキガサキシュウト)です。
今回は、私の就活について恥ずかしながら話していきたいと思います👏

まぁ正直、僕は、大学時代、自慢できることはやってません。
やってたことと言えば、バイトして遊ぶ、その繰り返しでした。学生団体に興味なかったし、語学を勉強したわけでもない。なので、履歴書を書いている時に笑ってしまいました。PRすることがあまりにもなくて。

だから経歴ではなく、自分(僕自身)という人間にフィーチャーして勝負しようと思いました。
その中で「自分らしさってなんだろう?」てことに悩みましたね。自分にあって他の人にないモノ。
うーん全然思いつかない。
まず、スタイルはよくない、それに全国大会にも出たことない、ましてや起業なんてするはずない。
「ドラえもーーん」って叫びたくなりますね。

でも、こんな曇天が晴れる転機が訪れました。本当にラッキーでした。
3月の上旬頃かな、ジョーカツ主催のイベントに参加したんです。そこで、光城さんって方のお話しを聞く機会がありました。この方が僕にとってのドラえもんでしたね。光城さんのおかげで就活観が、180度変わりました。
そして、かけていたいただいた言葉がこちらです。

「自分が当たり前だと思っていることが、他の人からしたら当たり前ではないんだよね」

なるほどな!!
それが自分らしさなんだろうなとその時に思いました。たぶん、自分らしさって自分では知っているようで、知らないのかなと思います。意識してつくるモノではなく、自然に出てしまうモノなのだろうと。
そう思ってからは、背伸びせず、ありのままの自分で面接に臨みました。
就活生・瀧ヶ崎修斗ではなく、プリンが好きな・瀧ヶ崎修斗として。
そしたら不思議と面接が楽しくなっていき、落ちることもなくなっていきました。

で、なんでアイエスエイプランに決めたかについてなんですが、面接の際に一番ありのままでいれた気がしたんです。面接慣れしていただけかもしれないですが(笑) あとビルの30階にオフィスがあるのも田舎者の僕にとっては魅力的でしたね。

僕が就職活動を通して感じたことは、就職活動って考え方次第で楽しくも、辛くもなるということです。最後に今後、就活を控える学生さんたちにこの言葉を知ってほしいなと思ったので、書いておきます。

「一人・一人が特別だからこの世に生まれてきた」

j・y Parkさんって方の言葉なんですけど、いい言葉ですよね。
この世に、同じ人間なんていないんですよ。なので誰にでも自分らしさがあります。
これから就職活動をしていく学生さんたちには、自分自身に自信をもって就職活動していただきたいです。
あ、でも高慢になっちゃいけないですよ!!
就職活動っていうのは、人間的にすごく成長できる期間でもあると思うので色々な経験をしてポジティブ思考でいきましょう!!   

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

株式会社アイエスエイプラン's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings