1
/
5

石原 将:顧客の立場に立って本質を見抜くマーケターへ

石原 将(Sho Ishihara)

  • 兵庫県出身。
  • 2020年11月入社。
  • 高校卒業後、京都と神戸の懐石料理屋で2年修行。
  • その後、飲食店の経営形態の変革の必要性を感じ、ITと飲食店を掛け合わせたベンチャー企業に入社し、飲食店の立ち上げを担う。
  • その後、IT留学を経てアプリ開発〜新規事業の立ち上げを経験し、現在はHR事業のマーケティング業務に就く。



◆JELLYFISHで携わっている仕事

ー顧客の立場に立つマーケターになるべくトライ&エラーを繰り返す日々ー

HR事業で主にマーケターとしてSNSを通じての法人開拓をさせていただいております。

具体的には今までの顧客リストの中で動きがないところにメルマガなどのチャンネルを使ってアプローチをしています。どのようにしたら効果を最大化させることができるのか、日々模索ですが、明確な答えがないところがマーケティングの面白いところでもあると思っています。

自分が顧客の立場に立ってみて、お客さんが言う悩みの背景には実はもっと根本的な欲求があるのではないか。顧客が求めているものは別のものではないのかと顧客の発言に対して常に疑問を持ちながら、アプローチすることを深く追求していく作業にとてもやりがいを感じています。法人ごとにアプローチの仕方を変えるなど、顧客の目線に立って思考、行動ができるように研究中です。


(大阪自宅にて、フルリモートで働いている石原さん)

◆戦略を立て実行して得られた効果について

ー真っ直ぐに熱意を伝えることで得られた確かな手応えー

企業様に対して言い方を一つ変えただけでアポ率が変わったことですかね。今まではメルマガを堅苦しい公式的な文章で送っていたのですが、より自分が持っている熱量を伝えられる文章に書き方を変更しました。自分が心を動かされたことをそのまま書いたり、熱意をそのまま伝えると思いがけず良い反応を頂いたんですよね。節々に脆いところがあったとしても自分の情熱を伝えることの重要性を学んだ瞬間でした。

◆マーケターとしての今後の目標と展望

ー目標は、気が利く人になることー

色々な視点から物事を見て、提供される側の先回りをすることができる人になりたいですね。そのためには自分がもしその立場ならどうなのかをいかに考えられるかが重要だと思います。

実は1月に自分で考えたアプローチ法でアポイントが全く取れず苦い思いをしたことがあったんですよ。JELLYFISHのサービスを求めていないところにアプローチをかけてしまって、結果が出ませんでした。そのことを通して、どこに僕たちのサービスを求めている人がいるのか。本当にこのサービスを求めているところは実は思いも寄らないところにあるのではないか、これを見極めることが大切だと学びました。相手の本心を見抜いて、相手が求めるサービスを提供できるマーケターに成長していきたいですね。

◆「働く」とは?

ー働くとは、「学ばせてもらった対価として払うもの」ー

僕はなぜ働くのかと問われたら、自分の自己成長のため、学ぶため、楽しいからと答えます。将来に生かせることを学ばせていただくその対価として「働く」という行為があると思っています。

僕は仕事に行きたくないと思ったらその時点で自分の思考が止まり、「行きたくない」が自分の脳内を占めるようになってしまうので常に「どうしたら役に立てるのか」というマインドで仕事をします。そうしたら学びが止まらないんですよ。仕事に対して面白くないと思うなら、それは自分が学べることを探せていないサインだと思っています。学べることを模索して行動してみてそれを自分のものにする努力を怠らないようにしています。



◆JELLYFISHのメンバーについて

ーJELLYFISHの仲間は協力者であり、良きメンターー

僕は企業という組織の中で正式に働くのは初めてで。去年いた企業はベンチャーの執行委員だったので、上司がいたわけでもなかったし、部下もインターン生の他にはいませんでした。なので、最初はどういうふうに接したらいいのかわからなかったし、自分がやっている仕事に対して協力を仰ぐのが難しかったです。

特に僕はフルリモートという働き方で遠隔地から仕事をしているので、正直孤独だなと思うこともありますし、自分で自分を律する必要があると感じますが、上司に相談をするとすぐ自分がやっていることにアドバイスをくださったり、自分のために動いてくださったりするのでありがたいですね。目的が達成されるならその手段にこだわることなく、自分がこういうやり方をしてみたいという申し出に対して「やっていいよ。」と柔軟に対応してくださいます。だからこそ、自分がやっていることで結果を出して、会社に貢献したいという想いも自然に生まれてきますね。



◆JELLYFISHについて(OBメッセージ)

ー会社が変えてくれるのではなく、自分自身で変えていくー

当たり前のことですが、自分がやった分しか成長できません。JELLYFISHはそのことが身にしみてわかる会社です。逆に言うなら、自分が挑戦する分だけ成長する機会を与えてくれる会社ですね。

会社選びで迷う人も多くいらっしゃると思いますが、重要なのはどこで働くかより自分がどう成長するのかだと思います。まずは自分がどのように成長したいのかを考え、自分の市場価値を上げることが重要だと感じます。自分の価値が上がれば、必ず周りの人が自分を見つけてくれますし、環境はついてくるものです。自分の市場価値を把握し、それを高めるための最善の選択をしていただけたらと思いますし、その選択肢の一つとしてJELLYFISHという環境があります。

株式会社JELLYFISH's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings