1
/
5

社長のおかん(本物)が、客観的にwwwaap(というか息子)について考える

はじめまして、株式会社wwwaapの代表取締役をやらせていただいている、中川元太の生みの母です(笑)
ふつうはこんなところに母親は登場しませんよね。
名を成した人ならともかく、駆け出しのIT社長の生い立ちなど語っても、ね。
でも、まぁ、番外編っていうことで、彼のルーツを紹介します。

▼サンタクロースを信じ、野球一筋だった少年時代

「そうだ、いいこと考えた!」これが彼の小さいころの口癖でした。
目をキラキラさせて「いいこと」を語る、そう、彼は面白がる天才でした。
いつも、面白がって笑い転げていた君、日々、母は面白かったよ。

サンタクロースは12歳まで信じていましたね。
そりゃ、親の楽しみですもん、演出もしましたけどね。

でも、さすがに6年生になって12歳だし…「実はさ…」と告白をしたところ滂沱の涙。
君は「ひとりにして」と自分の部屋へ…。母はタオルを口に当てて…笑いました!!

『サンタクロースを信じた子どもは、目に見えないものを信じる心の部屋が育っている』児童文学者の松岡享子さんの著書『サンタクロースの部屋』の一文と出合った時、感涙しました。
内心、心配していた母は、救われたものです。

そして彼を語るには、野球です。
小学2年生から少年野球チームに入って高校まで、野球一筋の毎日。
それは、それは、熱心で、飽きることなく、ずっと丸坊主の、潔い野球少年でした。

感心するのは、道具を大事にしたことです。小学生からずっと変わらず、毎日、寒空でも玄関前で道具の手入れをしていました(玄関前を命じたのは母ですが)。

思えば、試合より練習が人一倍好きだったように思います。
もっといえば練習をしている自分。厳しい練習をしながら、「仲間と明日を夢見ている自分」。
誰よりも早く行って道具の準備やグランド整備して。かけがえのない友も野球で得ましたね。

野球の記録ノートや、架空のメンバー表とか作って、飽きずにシミュレーションゲームもやっていましたね。
そうそう、小学生の時、ピンチの時ピッチャーサークルに集まる場面を想定したギャグづくりもしてました! 「小学生は生姜くせい」といった時は、天才かと思いましたね、母は! (笑)

▼今につながる根っこと幹

彼にとって野球が幹なら、漫画は根っこですね。
手塚治虫、キャプテン、スラムダンクからワンピースまで、漫画少年でした。
テスト前には、本棚全面に『マンガ禁止』の大きな張り紙をしてあって、笑いましたね。
まっ、よく貼りなおしてはありましたが、ね(笑)

なんせウチは『ゲームのない家』。ホラーみたいな名称ですが(笑)
単純に母がキライだったという理由で、ゲーム買わんよ!
その分、漫画にのめりこんだのでしょうね。

漫画、っていうか落書きも、よく描いていましたね。描くときは、擬音や効果音付き!
見ると、鉛筆で真っ黒な画用紙。タイトルは『闘い』彼だけわかるアートですかね。

美術館や画廊にも小さい時からよく連れて行きました。理由は母がスキだから。
私自身ギャラリーに勤めていたこともあり、アートする人も身近な存在だったかも。

イラストレーター茶畑和也氏とか、家に若き日の「奈良美智」の作品があったりして(名古屋の苦学生だった本人から破格で購入。家宝です! 話すと長い。またの機会に)。

大学生の時、バックパッカーで欧州に行って「美術館巡りをした」という話を聞いたときは、彼の枝葉になっているんだ、と嬉しく思いましたね。

思えば、彼の世界は、まず2次元の世界からだったな、と。
サンタクロースも野球ノートも、漫画も美術も、2次元の世界からとびだして、現実さえ通り越して、イマジネーションの世界にとんでいった。

彼は、たっぷり、そんな時間を過ごしてきた子供だったなぁ…。

こうして書きながら、いま初めて合点がいきました。彼がこの仕事を選んだ理由。
be continued ここから、つながっていたんだなって。

▼“面白がる天才”は、大好きな仲間を得て進化し続ける

でも、こんな超アナログ少年が、ITの会社に就職なんて、晴天の霹靂くらい、びっくりしました。
パソコンも大学からですよ。パソコンに向かう彼も知りませんもん。

18歳からの彼は、ヒッチハイクとか欧州に一人旅とか無鉄砲で。もう知らん顔してましたね、母は。
たまに会うとトンガって生意気で、カンジ悪かったもの(笑)

就活の時、しきりに『この時代しかできない仕事をしたい!』って言っていましたね。
会社を始めるって言ったときは、驚天動地! 息ができませんでした。
泣いて止めたら『僕がこんなにワクワクしてるのに!』って怒られましたっけ。

彼は、今でも「そうだ、いいこと考えた」って言いながら、大好きな仲間に囲まれて、仕事に向かっているんだと思います。

最初から信じてくれたサキ(藤井彩生)ちゃん!感謝! 
「こんど尊敬する人が入ってくれるんだ」と紹介されたノブ(高橋伸幸)さん! 
ほかの仲間も「スゴイ人が入ってくれる!」「おもしろい奴なんだよ」って繰り返し話す彼の言葉を聞いて、今は心底、安心しています。

ひとが好き、ひとを信じる。ともに喜ぶ。それこそ彼の一番の才能だから。

この会社は、きっといい風吹いてるね!
『The answer is blowing in the wind』

株式会社wwwaap's job postings
25 Likes
25 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more