What we do

カブクでデザイン・3Dプリント製造した車
社内勉強会の風景
◆カブクについて◆ 当社は”3Dプリンター”をつかったデジタルものづくりを軸とし、ハードウェア・ソフトウェア・デザインが融合したプロダクト・サービスを開発運営しています。試作から量産まで対応したオンデマンド製造サービスをはじめ、法人向け製品開発ソリューションの提供、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポート、産官学連携による先端技術研究等に取り組んでいます。 Kabuku Connect(https://www.kabuku.io)は2D/3Dデータをアップロードするだけで即時見積が可能な自社開発のオンデマンド製造サービスです。 国内外の工場ネットワークを利用し、見積から納品までワンストップサービスを提供しています。 ◆Kabuku Connectの事例◆ - 自動運転車両「Milee(マイリー)」 https://www.kabuku.co.jp/news/pressrelease_tierIV_collaboration20171211 - 物流用AIモビリティ「Logiee(ロージー)」 https://www.kabuku.co.jp/news/pressrelease_tierIV_collaboration20180116 - カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作 https://www.kabuku.co.jp/news/ceatec-honda-20161003 - トヨタと連携して3Dプリントカスタムパーツ制作「OPEN ROAD PROJECT」  https://www.rinkak.com/jp/openroad

Why we do

AIモビリティ「Milee」
物流用AIモビリティ「Logiee(ロージー)」
「ものづくりの民主化」がカブクのビジョンです。 その為には既存のビジネスモデルでは不十分であり、テクノロジーと製造業の領域で新しい価値を創り出す必要があると考えています。 ものづくりにおいて、これまでは個人やクリエイターが何かモノ(商品)を作ろうと思うと、金型を発注し生産設備を手配しなければならず、かなりの初期投資が必要でした。 しかし、ソフトウェアのテクノロジーを駆使すればそうしたハードルを一気にクリアし、誰でも個人で安価に、手軽にものづくりを行えるようになる可能性があります。 そして、その為には製造プロセスの最適化や工場の生産性の向上、素材の適正化や需給バランスの最適化が必要になります。 カブクではまずBtoBサイドに事業を拡張していくことで、製造業領域に機械学習や深層学習、3Dに関わるテクノロジーを軸にアプローチし、段階的なステップを踏んでいく事で、文字通り誰でも簡単にものづくりのビジネスができる社会の実現を目指していきます。

How we do

ボドゲ部の活動
Welcome Partyの様子
◆カブクで働く3つの魅力◆ 1. スピード✕挑戦✕安定 2013年1月設立のテック系スタートアップかつ一部上場企業の連結子会社というバックグラウンドを持つため、スピードと挑戦と安定を兼ね備えた環境で働ける点が魅力です。社員研修や毎週開催される社内勉強会により確実に技術力・実力を付けることができ、さらにスタートアップならではのスピード感をもった挑戦の出来る環境を兼ね備えています。  2. 製造業×AI×IoT 第四次産業革命に繋がるIoT、機械学習やクラウドサービスのソフトウェア技術と、それをリアルな世界に活かす知識・経験を積んでいけるため、技術力の向上に加えて幅広く未来に繋がるキャリアを構築できる環境で働けます。 3. 仕事×家庭✕自由 経営陣をはじめ、子育てしながら仕事をしている仲間がたくさんおり、育児や保育園や子どもの病気時にかかわる突発的な家庭の都合にも、出勤時間や自宅勤務含め柔軟に対応出来ます。小さなお子さんがいても安心して働く事ができます。また、面談を通して明確化されたゴールにより成果が評価されるため、働き方の裁量を大きく個人に任される自由があります。