1
/
5

小売大手企業から AI ベンチャーへ。プログラミング未経験・ド文系の私が、気づいたらマネージャーになっていました!

はじめまして! 株式会社キカガクの堀川佑太と申します。

ハンドボールが世界一楽しいスポーツだと信じて疑わない 25 歳です!!

私の現在の職務は、

  • 各種オープンコース(研修)の登壇
  • 法人研修の設計 ~ 登壇
  • 採用業務(2 次面談を担当)

などを行っています。 上記に加えて、10 月より研修事業部マネージャーとしての業務にも携わっています。 ですので、新入社員がキカガクに入社後、最も関わりがある立ち位置にいる人だったりします。

今回は、プログラミング未経験・文系・数学苦手な私が、安定的な大企業から AI ベンチャーであるキカガクに入社を決意し、どの様にして現在の職務につくまでに至ったかをこの記事に書こうと思います。

  • キカガクがどんな会社か知りたい
  • キカガクにはどんな人が働いているのか知りたい
  • プログラミング未経験・ド文系で、 AI・機械学習について学べるのか不安だ

と思っている方に読んでいただけると嬉しいです!

キカガクに決めた理由

前職は安定した大手企業。でも、、、

前職は、ある大手小売企業の店舗担当として販売接客をはじめ、パートやアルバイトの方に対するマネジメントなど行っていました。仕事自体は楽しく、周囲の方々にも恵まれていましたが、自分はこのままでいいのだろうかと感じることが多くありました。
携わる業務には限りがあり与えることができる影響の小ささ、アウトプットする機会がなく感じることができない自身の成長、それらが当時の私にとってフラストレーションの原因になっていました。

転職の意思決定に必要なものはいつも、、、

転職活動を始めた時、私には例えば「エンジニアに成りたい」という希望や、「〇〇のスキルを身に着けたい」といった目的はありませんでした。なので、私にとっての転職の軸は、自身の影響を強く持つことができ、それを社会に還元できるか一つの業務に固定せず、様々な分野において業務に携わることができるかの 2 つでした。
その様な考えを持ちながらも、特に前者において「方法として何ができるか」を明確にできないまま、転職活動をすすめていました。そんな中で、キカガクについて調べ、面談や選考を受ける中で教育がその方法として最適では無いかと考えました。
キカガクの考える教育には、教育者が教えて終わりではなく、受講生同士の教え合いとしての教育や、学んだ受講生が次に知りたい内容を講師が更にインプットするという意味の教育も含まれています。
この教育の波及効果はその他の何よりも社会に影響を与えることができ、これからの社会を変えるのであればこれを手段として用いない手は無いと感じました。

もちろんこれだけでなく、働いている方の人柄や自身の主体性次第では、20 代では通常経験できないことができるベンチャーという環境にも惹かれてました。
ですが、根本的にはベンチャーであろうと、自身の目指すべきところとその企業が目指すもの(ビジョンやミッション)が合っているかが決め手になっています。

入社してから、マネージャーになるまで

激闘の 2 ヶ月間

以上の様な経緯で、私はキカガクに入社しました。 入社後のキカガクの研修カリキュラムでは、2 ヶ月のインプット期間があり、この期間は基本的にディープラーニングハンズオンセミナーの登壇に向けて学習のみを行います。 プログラミング経験も無ければガッツリ文系である私は、この登壇という目標に向けて人生において今までにないほどの努力をしました。1 日約 12 時間程度の勉強と、週に何度か動画撮影をしながらの登壇練習を行う、この様な毎日を送っていました。

ですが、これが辛かったかと言うと、私の場合そうではありませんでした。 学ぶことすべてが新しく、かつその知識は、自身のこれからの仕事とスキルに直結していると実感でき、むしろ楽しく思っていました。

また、頑張れた理由の一つに、キカガクの学んだことを共有すること、それをアウトプットすることに対して称賛する文化があります。私含め多くの講師にとって、その称賛の声や、フィードバックがモチベーションの維持に繋がっています。

ベンチャーマインド

私は、もとより専門性がなく、何かに特化した能力はありませんでした。 だからこそ業務に対する敷居がそもそもなく、できる業務には手を出す様にしていました。

気がつくと様々な仕事が舞い込み、いろいろなプロジェクトなどにアサインされていました。 ベンチャーという性質上、仕事を自分から獲得していくようなマインドが必要であり、これをどれだけ意識して行っていけるかが重要だと今も振り返って思います。

Do → Plan ~ Do へ

自身の仕事の内容が変わってきつつあると感じたのは、名古屋事業部の立ち上げメンバーとして業務に携わることになったときです。 当時のキカガクは、名古屋での知名度・実績ともにありませんでした。
キカガク名古屋事業部は、まさに 0 ~ 1 を生み出すフェーズにありました。 ここでは、集客の策を練り、実施するなど、それ以前は誰かの指示のもと実行する Do が多かったですが、自身で計画し実施する Plan ~ Do までを行うようになりました。

このような経緯を経て、現在では研修事業部マネージャーとして業務に携わっています。

あなたはキカガクに合っている??

プログラム未経験・ド文系、まさに 0 から始めた経験から、私はこんな人がキカガクに合っていると考えています。

  • 自分で仕事を作り、獲得するというマインドを持っている
  • 他人事を自分事として捉えることができる
  • 主体的にコミュニケーションが取れ、肯定的かつ素直に人の意見を受け取れる

どれも多くの場合、組織に属するには必須のスキルであり当たり前のようですが、実は非常に難しく、ここに人としての能力が浮き彫りになると考えています。 キカガクでは、リモートを含めたハイブリットな働き方であるため、これらが特に重要になってきます。

採用担当者目線で考える求める人物像に関して書いたブログもありますので、是非こちらも読んでみてください!

ベンチャーへの転職が不安な方へ

以上が、私の転職から入社そして、研修事業部の MGR になるまでの経緯になります。 採用も行っている身として、ぜひこの辺りは最低限抑えてほしいという希望の内容も含まれているのでご一読いただけると大変うれしく思います。

この記事を読んでいる方の中には、過去の私と同じ様にイマイチくすぶっているような感覚を持っている方は多いのではと思います。 そして少なからずベンチャーという環境に踏み出すことに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
ここに関しては、結論、ご自身でベンチャーという環境に適しているかを判断する必要があります。
また、ベンチャーと一括に言ってもそれぞれの企業でその性質は異なるので、その点も考慮に入れる必要があるでしょう。

このブログをもって少しでもキカガクに興味を持っていただけた方、是非選考に挑戦してみませんか?
選考時にもキカガクがどの様な会社なのか、私達からお伝えできればと思います!

AI・機械学習講師
教育で社会を変えたい方歓迎!AI・機械学習を学び講師として活躍したい方募集
▍これまでのキカガク キカガクは AI・機械学習領域の教育事業を手掛けています。 ビジネスの現場にAIを含めた新しい技術を正しく導入できる人材の育成を目指し、実務で必要となるスキルを厳選して習得できる各種セミナーを提供しています。 2017年に設立され、2021年現在5期目のまだまだ成長途中のベンチャー企業です。 創業から4年間で、オンライン/オフライン研修で延べ45,000人を超える方々に受講いただいており、最近では、医療・製造・小売など業界に特化した専門的な講座も展開できるようになり、事業の幅が急速に広がっています。 これまでの実績はこちらの会社説明資料をご覧ください。 https://docs.google.com/presentation/d/12ozB03uPVStqVLnpUrZT_4mMjBYYHrTHktDJeymgeEA/edit#slide=id.p1 ▍これからのキカガク 現在はAIに関する研修事業が中心ですが、これからはさらに大きな領域に挑戦していきます。 多くの方が学べるプラットフォームを新規事業として作っています。 また、その構想を超えて、教育を起点とした社会の変革を起こしていきます。 これまでの教育はわかりやすく教えることがゴールでした。 しかし、キカガクが目指している人物像は、教育を超えて、実社会へ知識を還元できる人材です。 教育事業を通じて、知識や経験を養うことで市場価値を高め、そして、新しい事業の立ち上げに携わっていただきたいと考えています。 人にわかりやすく教えられる豊富な知識があり、新しい事業の立ち上げを支えられる技術力もあり、 そして、日本や世界の社会課題を解決したいと思える高い志がある人材を目指します。 このような志もレベルの高い人材を育てることができるのは教育が中心の企業だからです。 キカガクはAIの会社と認識されることもありますが、教育事業を通じて、これまでの日本や世界にはいない優秀で志高い人材を多く輩出し、これからの日本や世界の課題解決を支えていきます。 教育はすべての入り口です。 教育が好きなことはもちろんですが、教えるだけにとどまらず、社会へとその知識や経験を還元したいと思える志の高い人材と一緒に、これからの新しい事業を一緒に切り開いていきたいです。 ▍実績一覧 □ 開催セミナー ・ディープラーニングハンズオンセミナー(Microsoft共催) ・アセスメント人材育成コース(ABEJA共同開発) ・キカガク長期コース □ 各種認定講座 ・日本ディープラーニング協会E資格認定 ・日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供するエンジニア向け「E資格」認定講座 □ Microsoft共同開催 ・日本Microsoftと共同でセミナーを開発 □ 第四次産業革命スキル習得 ・経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」認定講座 ・厚生労働省指定の「教育訓練支援給付金」対象講座 ▍サービス □KIKAGAKU AIを無料で学べる学習サイト https://free.kikagaku.ai/ □ AI人材になるための 動画学習プラットフォーム  キカガク ★現在無料で受けることができるコースも配布中です! https://www.kikagaku.ai/
株式会社キカガク

現在いまにゅのプログラミング塾にて採用動画も公開中です!!

キカガクとはどんな会社なのか、社員はどんな人が働いているのか短時間で多くの情報を知ることができます。

そして、文章だけでは伝わりにくい情報も、動画を見ることでよりイメージしやすくなるかと思います。

現在転職活動中の方や、キカガクに興味がある方、是非一度ご視聴ください!


株式会社キカガク's job postings
48 Likes
48 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more