What we do

ad:tech Tokyo internationalで登壇する弊社代表 新田 耕平
信頼し合える仲間たちと高いレベルで切磋琢磨します
========================== あらゆる産業分野の「売れる仕組み」を構築する仕事! クライアントは大手食品メーカー、大手化粧品メーカー ========================== 「真面目なる広告マンの技量を最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なるマーケティング会社」 これが我々KOQONTOZAI が最も大切にしている価値観です。 この価値観を守るべく我々が徹底している考え方、それは「机上の空論ではないソリューションと成果を」。 KOQONTOZAIは、WEB×マスメディア×ダイレクトマーケティング×ブランディングの各領域を横断して、クライアントのマーケティング課題を解決する統合型マーケティング企業です。 認知、商品サービスの理解、EC店頭展開、購買、リピート施策の「分断」を企画力とIT技術で解決し、顧客生涯価値の最大化を図っています。 また、これまで分断されてきた「ダイレクト施策」と「ブランド施策」を融合し、その際の最大の障壁となる「セクショナリズム」という企業組織の問題も人間力と胆力を以ってこれを突破します。 ことクリエイティブ領域に於いては、クライアントが求める「ビジネスの成功」のための各指標に対し、他のプレイヤーを寄せ付けない目標達成実績とクリエイティブ力を持っています。これもひとえに人間力と胆力の賜物であり、泥臭く地道にその技術を研鑽する姿勢の中から生まれます。 それは具体的に言えば、 ・徹底した取材に基づく商品サービス知識×国語力をベースにしたコピーライティング ・膨大なA/Bテストデータに基づくUI設計 ・各種ブランド案件の知見に基づくハイセンスデザインにも十分配慮したデザイン設計 上記を追究するにより、これまで分断されてきた「ダイレクト施策」と「ブランド施策」の融合を具現化することができる国内でも希少なポジション獲得を目指しています。 KOQONTOZAIは大手ナショナルクライアント、大手農業法人など幅広い企業に対して「デジタルパフォーマンスマーケティング」を提供しているマーケティング会社です。「デジタルマーケティング」と言わずにあえて「デジタルパフォーマンスマーケティング」と呼ぶ理由、それはKOQONTOZAIがあくまでも「ダイレクトマーケティング」に軸足を置くプレイヤーであり我々がクライアントから求められている課題は、「アクセス数の増加」や「クリック数の増加」ではなく「売上の最大化」であり「LTV(顧客生涯価値)の最大化」だからです。 これらの課題は「メディア提案」に終始する従来型広告代理店のビジネスモデルでは解決できません。 全体のシステム構築、物流・決済方法、CRMやその運用方法、また社内教育に至るまでをトータルにプランニングする必要があります。メディアの買い付け方法一つとっても、ブランド広告とは全く異なるイレギュラー作業が必要です。 我々の知見から申し上げますと乗り越えられない課題はありません。企業、すなわちクライアントも代理店も媒体社も「人」が運営しています。 「人」がやっている以上、例え困難な課題があったとしても、それを解決する方法は必ずあります。 大切なのは、それをいかに「粘り強く」、「人間力を持って」対峙するかなのです。これがKOQONTOZAI流の「デジタルパフォーマンスマーケティング」の真髄です。

Why we do

代表取締役社長の新田 耕平はバリバリの業界人です(笑)
女性も安心!原則ノー残業で仕事もプライベートも充実!
========================== 『成長産業』で『正しく努力』することが最も大切! 昇りエスカレーターで全力ダッシュすることで見える世界 ========================== 2020年には約20兆円にまで成長が予測されているダイレクトマーケティング市場(EC含む)※DMG調査より。 通販流通額の約50%がマーケティングコストの目安であると考えれば約10兆円、この数字こそがまさに我々のフィールドです。飽和する日本国内市場において唯一の成長分野であるIT×Eコマースは今、最も需要のあるサービスと言えます。 情報リテラシーの向上、デバイスの多様化や低価格化により、これまで主であった健康食品、化粧品、本、雑貨などのB to C分野以外にも、情報サービスなどを中心に、B to B分野での活用が積極化しています。 また、市場参入を先送りにしてきたような成熟型老舗企業なども参入意欲を高めており、今後、ありとあらゆる産業においても事業機会の拡大が期待されています。 そんな中、圧倒的に不足しているのがEコマース支援サービスを提供するプレイヤーの存在です。 KOQONTOZAIはメディア、IT企業、Eコマース専業、デザイン制作会社各フィールドのプロフェッショナルとして真の意味での「プロ」を目指しています。 私たちは、ダイレクトマーケティング領域に特化したフルラインサポート業務を大手ナショナルクライアント企業に対してサービスとして提供しています。 狭義には、商品を直接消費者に販売したいという企業の直販体制構築&運営支援を指しますが、広義には、特定情報に対する消費者からの「返信」を促すことによってビジネスを加速させたい全ての企業のマーケティング活動サポートが業務の対象となります。 ========================== KOQONTOZAIが大切にする絶対的な価値観とは!? Creativity is mighter than the swordの確固たる哲学と志 ========================== Creativity is mightier than the sword. ~ 創造性は剣よりも強し ~ ピーター・ドラッカーは「ポスト資本主義」の中で「知識は企業の最も大事な生産資源であり、知識労働の生産性が重要」だと定義しました。これまでの土地・労働・資本財で圧倒的に長ける存在を「知識」で勝ることができる世界です。 KOQONTOZAI では、有名な「The word is mightier than the sword.~言葉は剣より強し~」を昇華させた言葉「Creativity is mightier than the sword.」をスローガンとしています。 株式会社KOQONTOZAIはダイレクトマーケティング業界の中でその存在を知らぬ者はいない頭脳派プロフェッショナル集団です。扱う領域はWEBを中心にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、イベントと多岐に渡ります。従来型の広告代理店と違いクライアントから求められるのは“売上の最大化”であり“LTV(顧客生涯価値)”の最大化です。成果は全て数字で可視化されるためプレッシャーも多い反面、頑張れば頑張った分だけ評価されるというダイナミックな醍醐味を味わうことができます。そんな超プロフェッショナルな環境の中で自分の能力を大きく高めたい、クリエイティブの側面からマーケティングエリートの仲間入りをして自分の可能性を大きく拡げてみたいというアグレッシブな仲間を求めています。 もしあなたが、我々のプロジェクトに参加することができたならば、これらの非常に独自性の高いスキルセットを手に入れることができます。

How we do

大阪オフィスは立地抜群の北浜です!
東京オフィスは芸能人やセレブが行き交う白金台プラチナストリートです!
========================== マーケティング理論と感情理論に基づき戦略を構築! 心理学とデータで仮説を立ててテクノロジーで検証する ========================== 「真面目なる広告マンの技量を最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なるマーケティング会社」…これが我々が最も大切にしている価値観です。 自由には責任が伴います。愉快には個人の愉快と周囲の愉快の両立が求められます。いわゆる「三方良し」の考え方です。 また自由闊達にして愉快なる会社であり続けるために、マーケットの中で求められ"続ける"存在でなければなりません。 弛まぬ努力が必要とされます。とはいえ苦しいだけの努力をしていたのでは続きません。これらを「夢中」になって真面目に愉快に探究できる人を求めています。 【メンバーについて】 イケメン(?)に美女(?)、芸大に体育大学、工学部、天然キャラ、オジドル、お嬢様、恥ずかしがり屋さん、元ニートなどなど様々なメンバーが働いています。 将来の夢やなりたい姿は各々違えど、「真面目なる広告マンの技量を最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なるマーケティング会社」この価値観だけは全員で共有しています! KOQONTOZAI が最も大切にするのは人間力と胆力です。 ========================== アットホームで幸せな仕事環境にこそ叡智は宿る! 健全な体と精神を保つために経営システムを完全IT合理化 ========================== 社員は現在28名(男性19名、女性9名)。皆仲良くとってもアットホームな雰囲気です。 社内ではジャズや昭和歌謡、ゲーム音楽までもながれ、ボケとツッコミが乱舞し、面白可笑しく和気藹々ながらも切磋琢磨し、目標をもって仕事をしています。 新卒やインターン生でも業務改善、新企画など提案ができる風通しの良い社風です。 プロフェッショナルとして、サービスの品質を維持向上させつつ、いかに生産性を高めることによって労働環境を良好な状態にキープするかということに徹底的にこだわっています。 そのため、あらゆる経営管理システムを最新ITシステムで合理化しオペレーションはほぼスマホで完結しています。 また、デジタルマーケティング業界におけるオリンピックとして名高いad:techではもはや常連。そのため業界内知名度は高く、かなり仕事はしやすい環境が整っています。 インターン生でも商談参加や企画提案など、仕事の裁量度は業界随一。 自主性、プロ意識、倫理観を持ち、互いを尊敬し合うことができるならば年齢性別問わず人物本位で広く門戸を開いています!

Page top icon