1
/
5

【20新卒メンバー(4)】技術力と穏やかさでチーム全体を支える『穏やかテックリード』を目指す!

<プロフィール>
久保 路(くぼ あゆむ)
1993年富山県生まれ。大阪大学理学部数学科を卒業後、教育関係の企業へ入社。塾の教室長として教室運営・営業に携わる。その後、数学への再燃をきっかけに東北大学理学研究科数学専攻に進学。2020年4月よりランサーズに新卒入社し、開発部へ。趣味は漫才とお酒(特にクラフトビール)。

優秀な能力があるにもかかわらず、進学を断念する人がいる…

いまの自分の価値観が形成されたきっかけは2つあります。

1つは、前職時代に大学の友人の勤務状況を耳にした時です。
周りとの人間関係や企業との価値観のギャップによって、仕事に楽しみを見出すことができていない人が数人いたり、精神的に追い詰められて退職される方もいました。(夜中にその友人から泣きながら電話がかかってきたことも…)

この時から、皆が自分らしく働けるために必要なことは何か、日本の働き方は固定化されすぎていないかという問いが自然に生まれました。

もう1つは、大学院時代の同期と先輩の進路を耳にした時です。
大学院で所属していたコミュニティでは、研究者を目指している優秀な人が多く集まっていました。

しかし、彼らの中には泣く泣く研究者への道を諦める人もいました。

なぜなら、研究者になるためには、博士後期課程(約3年)に進学する必要があり、大幅な費用がかかります。また、博士後期を卒業しても、大学教員のポジションの倍率が高いことと民間企業への就職が難しいこと(高年齢・供給過多と言われるそうですが、認識がもっと変わってほしいです)から、将来への不安が膨らんでしまいます。

以上の理由から、優秀な能力を持っているにもかかわらず、進学を断念する人がいると感じました。

そこで、彼らの能力を買う人たちとの繋がりや能力を発信できる場があれば、進学後でも自由に稼げる環境を得ることが出来るため、進学に前向きになる人が増えるのではないかと思うようになりました。

皆が自由に生き方を選択できて、穏やかに暮らしていける社会へ

上記の体験をもとに、私が実現したい社会は「誰もが自身の能力を発信できる社会」であり、かつ「多様な働き方があることが常識となっている社会」です。

これらが実現すれば、様々な人の才能や能力が埋もれずに、社会に役立っていきます。更に、そのような場が保証されていれば、自分の進路に必要以上の不安を抱えずにチャレンジできるはずです。

まとめて抽象的に言うと、皆が自由に生き方を選択できて、穏やかに暮らしていける社会にしたい!です。

全員のベクトルが一致していて、一人ひとりが全力なランサーズ

さて、ランサーズを志望するまでの過程を述べます。

上記のような考えを胸に悶々としている中、Wantedlyでランサーズの募集を見つけました。「個」を生かして自分らしく稼げる社会を目指しているランサーズの考え方が自分の原体験にヒットした為、一先ず話をたっぷり聞きに行くことに決めました。

実際にランサーズ社員の皆様の話を聞いて、社員の方ひとりひとりが本気で社会を変えたいと願い、望む社会の姿が全員で一致していることに気が付いたんです。

全員のベクトルが一致していて、一人ひとりが全力なランサーズなら、働き方に変革をもたらすことができると確信につながった瞬間でした。

技術力と穏やかさで、チーム全体を支えられる存在に!

目標は、技術力と穏やかさでチーム全体を支えることのできる存在になることです。

「穏やかテックリード」を目指しています。簡単に言うと「よく分からないから久保に聞いてみよう」という声が大量発生して頼られる存在です。

その為にまず何よりも突破するべきことは、日頃の業務を問題なく行えるための最低限の技術を吸収すること(まず全体像を抽象的に捉えて、その後に理解を具体化していこうと思っています)。

それから、できるだけニコニコしながらPCに向かうこと(気持ち悪いかもしれませんが、私は集中しすぎると怖い顔になる時があるらしいので、気を付けようと思っています)。」

これらを念頭において、日々努力をしていきます!!

ランサーズ株式会社's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more