1
/
5

エンジニア勉強会「Sharing The Knowledge」第11回目を開催!

こんにちは。ランドネット広報担当の山崎です。

社内エンジニアの増加に伴って11月から開始したエンジニア育成のための社内勉強会「Sharing The Knowledge」。

その第11回目が開催され、今回もスピーカーが自分の得意な分野をプレゼンテーションして知識の共有を図りました!

-第1テーマ「気配り力」

1人目のスピーカーは入社4ヶ月目の豊田さん。

豊田さんは、前職有名ホテルの高級レストランスタッフとして一流のサービスを提供していたこともあり、気遣いと気配りの違いや、今日から出来る身近な気配りのご紹介、気配りの磨き方など、一流ホテルで培ってきた経験を共有してくれました。

気配りとは日常の何気ない所から生まれてくるので、相手がどういったことに喜んでくれるのかを常に意識していくことも大切です。
「気配り」という視点からアンテナを張って過ごしていると、相手の望んでいることに対し自然に行動することが出来たり、された側の気持ちも和らぎ場の雰囲気を温めることも出来ます。

とくにエンジニアは開発を進めるにあたっては1人で作業することも多い分、コミュニケーションも滞りがちです。
そういった時に少しの気配りをすることで、エンジニアが心地よく働ける環境作りにも通じています。

この「Sharing The Knowledge」では、スキルや技術面を話すことが多いですが、個の持つマインドセットの共有など少し違う視点のお話も勉強になりますし、面白かったです!

-第2テーマ「AWSの12か月無料利用枠の期限が切れて焦る話」

2人目のスピーカーは3月に入社したばかりの野村さんです。

2019年秋から、ITパスポートの学習を始め、2020年8月からポートフォリオを携えエンジニアとして本格的に就職活動を始めたそうですが、ポートフォリオを制作する際に「12か月間無料で使える」という理由からAWSを活用したそうですが、未経験からのエンジニア転職は予想以上に難航し無料期間終了のお知らせが…。

そこで自分が活用しているAWSの金額を改めてチェックしたり、ポートフォリオの公開時間を採用担当者が見ていない時間は停止させたりと、工夫・改善をしたことでコスト削減に成功したそうです。

AWSを活用している同僚からも、「この話を聞いて調べてみたら勝手に引き落としされてた!」という声もあり、利用者にとってはためになるお話でした。

また採用担当者からは、面接時の野村さんのポートフォリオのデキはとても良く、構成図は作っていない人も意外と多いので良いポートフォリオだった!という言葉も。

AWSのサービス1つ1つは大きな金額ではないですが、全体でまとめてみると意外と高くなってしまっていることもあります。AWSを使って開発を進める中では、細かい金額も把握しておくことも大切ですね。

個人的には、ドメインの金額がcomよりjpの方が大幅に高いというのも驚きでした!
私はまったくのSE未経験者ですが勉強になりました。

ランドネットではとてもユニークなエンジニアメンバーが揃っています!
新しい知識を吸収しながら、楽しく働きたい!という方は、是非お気軽にご連絡下さい。

株式会社ランドネット's job postings

Weekly ranking

Show other rankings