社会に影響を与えるために「企業名」よりも「価値観」を選んだ就職活動

はじめまして。リーディングマークに18卒で新卒入社した針谷(はりや)です!

入社後、新卒採用事業部(レクミー)の営業担当として「初めての”働く”をワクワクに」を合言葉に、
企業様、学生の皆様に採用の支援をしています。

さて、突然ですが、皆さんはどんな時にワクワクしますか?

僕の場合、

・誰もやってないことに挑戦すること
・多少しんどくても、120%努力し続ければ、成し遂げられる可能性があることに挑戦すること
・高い目標に向かって、みんなで走ること

にワクワクします。

つまり、他の人がやっていることやっても、周りと同じように生きていても全くワクワクを感じません。

それは、なぜか。

周りから無理だと言われながら、何かを成した経験から今の価値観があると思っています。

例えば...

・サッカー部にて、メンバーで一番技術力がなかったものの、気合いと根性でメンバー入りし、
 東京都大会新人戦優勝(母校では初の都大会優勝)
・偏差値32から早稲田大学入学 等々
(更にその上がいるので、実績はさておき、がむしゃらに頑張ったとは思います。)


好きな言葉:

「下剋上」「ジャイアントキリング」
(弱いチームが強者に勝つほど気持ち良いことはないですね!)

そんな僕は、学生時代に創業間もないベンチャーでインターンをさせて頂く中で、スピードの早さ、責任の重さを感じ、なんとなくベンチャーで働く方が自分に合っているのかな、と就職活動前から思っておりました。

就職活動前から「働くこと」を考える機会を持てたことは貴重な体験でした。
(インターンでは貴重な経験をさせて頂いたことに大変感謝しております。恩返しは少しずつさせて下さい。)

そんなことを思っていた僕が、なぜ、リーディングマークに入ったのか。
就職活動時代のお話をさせて頂きます。

就職活動時代

3年の12月までアメリカに留学をしており、
よし、ラーメンと寿司を食って、就職活動頑張るか!と思いながら、
悠々と成田空港から電車に乗ろうした時、こんなことを感じました。

あれ、日本ってこんなに暗い国だったっけ?

初めての感覚でした。21年間住んでいた日本がこんなに雰囲気が重く感じるとは…
周りみんな携帯見ているか、下向いている…

いつも前しか向いてない僕からすると考えられないことでした。
(母親にポジ男と言われていたぐらい、めちゃめちゃポジティブです。)

なんでだろう。

電車に揺られながら、感覚的に思いました。
人生で使う時間の大半を占める「仕事」を楽しめてないだろうか?

就職活動をしながら、就活の傍ら調べていました。

・仕事にやりがいを感じている割合が17%
・1人あたりの労働生産性がOECD加盟国35カ国中、20位
・それに少子高齢化が進み、労働者年齢人口が減っていく

これはやばい…

留学や旅行を通し、様々な国に行き、魅力的な国がたくさんあるなーと思いながらも、
でも、やっぱり日本って最高だなと思っていた僕からすると結構ショックな出来事でした。

労働生産性を向上させる方法はたくさんあると思いますが、

人が適正配置される→楽しく働ける→結果が出る→自分の仕事に誇りを持つ→生産性も上がる
(何よりも人生そのものがより豊かになる)

当時、僕はこれだと思い、気付けば、人材業界中心に就職活動をしていました。

就活の軸

・社会的にインパクトがあること
・社風(①ビジョンに共感できること②熱くて、賢い人がいること)

社会的にインパクトがあるという点では、前述であるように、人材業界を中心に見つつ、
今までにないものを世に出し、付加価値を創出しているという点でベンチャー企業を中心に、
時間があれば、様々なセミナーやイベントに行っていました。

社会の変化のスピードが早い中で、自分の成長こそ安定だと考えていたので、成長できる環境が良いと考えておりましたが、成長なんて最終的には自分のマインドセット次第ということで、

誰と何をやるか

という点だけ最終的には気にしていました。

最後は直感

誰もが知るような大企業から、業界注目のミドルベンチャーまで、いくつかの内定を頂いておりましたが、最終的に、40名のベンチャー企業であるリーディングマークに入社を決めました。手を挙げれば、できる風土がある等、様々な要因はありましたが、

仮に3年後に入ったとしても、企業のフェーズも人も変わってしまうから、
“今”、大企業ではなく、”このメンバー”とマーケットで勝負したかった。


これが大きな理由です。


(たまたま男性社員が多いですが、素敵な女性社員もいます!)

どんな企業に行ったとしても、就活生は最後の意思決定で必ず悩むと思いますが、
なぜ、その意思決定できたかというと、

選択した後のアクションのほうが重要だということ。
そして、何よりも今ここでチャレンジしなかったら後々後悔しそうという直観でした。

そういう風に思える熱くて素敵な社員さんたくさんいます。
そして、そこには新卒採用マーケットを良くしていきたいという考え(=何をやるか)が根底にあります。

今でも内定承諾をした時の意思決定は正しかったなと思っています。

今後成し遂げたいこと

1.マーケットにインパクトを残し、リーディングマークをより強い組織にする
今いる組織を勝たせないとその先のでかいことも成し遂げられない。まずは、目の前の壁から乗り越えていこうと思っています。

2.人の可能性を最大化させる
"
人はいつでも変われる" と考えが根底にあります。

覚悟を持ち、自分のやっていることを意味づけし、努力を楽しめることができたら、大抵のことは為せると考えています。

今は登録頂いてるユーザーさんにキャリアを考える時間を作ってあげたい。後悔がない人生を送れるきっかけを作りたい。将来的には、大学生だけでなく、高校・中学と事業を広げたいです。フィールドはビジネスでも、教育でもいいと考えていますが、まずは、自ら体現できるように頑張っていこうと思ってます!

最後に

・どうせ1回きりの人生だし、人と同じ生き方をしてもおもしろくないと思う方
・やるならでかいことをしたい。それも既存のことではなく、自分で創っていきたいという方
・言っていることよくわからないけど、なんかこいつおもしろいと思う方

ぜひ、オフィスに遊びに来て下さい!

就活の相談でも、雑談でもwelcomeです!

株式会社リーディングマーク's job postings
社会に影響を与えるために「企業名」よりも「価値観」を選んだ就職活動
Shuhei Hariya
株式会社リーディングマーク /
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more