1
/
5

社内ジョブチェンジ=会社を変えることなく今まで経験してきた業界・業種と異なるポジションに転職すること。

こんにちは。ITソリューション事業部の山下です。

LEAPは社内ジョブチェンジ制度を一つの強みとして持っているのですが、

「実際のそんな制度があっても、そんな事させてもらえないんじゃないの?」

または

「できたとて1から新しい業界や業種なんて大変そう・・・自分にはとても・・・」

って思っていませんか?

いーえ!そんなことありません!!

実はまったくそんなことないんです。いや、しいて言えば大変っちゃー大変です。

実際にLEAPで2つの業界・3つの業種を経験した私がどのようにジョブチェンジをし、またどのようにその仕事をおこなっていたのかを少しだけお話しさせて頂けたらと思うのでお付き合いください。

ジョブチェンジを行う、成功させるのに必要なのはキョウミ・ポジティブ・チャレンジ

もともとLEAPに入社した経緯といえば、前職で技術職をしていた時の監督がすごい楽そうに見えたので、「あー、俺も監督になりたいなー。」って思ったのがきっかけでした。

(きっかけなんてそんなものです。)

そして求人を見つけあれよあれよと言う間に未経験施工管理としてLEAPデビューを果たしました。

まぁデビューして最初に思ったのはあれですね・・・

すいません!舐めてました!!楽そうって言ってゴメンナサイ!!!

覚えることが膨大で一緒に働く人の人数も経験したことない人数・・

日中は現場を駆け回り事務所に戻っては書類をつくり打ち合わせに出席する・・

ぜんぜん楽じゃないやーん・・・! むしろすごく大変!!

ただすごく大変だと思う反面、使ったことがないCADや見たことない大規模な建設現場の内側を体験し意外と仕事は楽しんで行うことができました。

そのなかでも一番興味を持ったのがCAD(図面を描くソフトです)。

CADなんてもちろん触ったことないしパソコンも得意なほうではない・・・

だがしかし! 建設業界においてひときわインテリ感を出してくるCAD・・・

出来るようになりたくてなりたくて震えました。(インテリに憧れがち)

だけどもちろん未経験の若手なんぞに実際の図面なんて描かせてもらえるわけない。

だって図面ってすごい重要じゃん、その通りに建物ができていくんだよ??

しかたがない・・・・無理か・・・

・・・ ・・・

・・・いいや!そんなことない!

それやったらコイツCAD使えるやーん!って思わせればいいだけのこと!

まずは操作できなきゃ話にならないので定時後に空いているパソコンを使って練習をさせてもらうことにしました。

その時に思ったのが興味あることって自分でも驚くぐらいはやく吸収できるのだな、と。

与えられることをこなしていくことも大事ですが、自ら動いてチャレンジすることはとても重要なのだなと(無理やりタイトルに合わせにいってるわけではないですよ)感じました。

初歩の操作を一通り覚えたら次はやっぱり実際に図面を描いてみたくなるんですよね。

とまらない欲求を叶えるために立てた作戦はこうです。

「先輩、いま先輩が描いている図面と同じものを定時後に私も描いてみていいですか?」と

「それでもし!先輩が描いてるものと同レベルのものが描けたらぜひ使ってほしい!」と・・・

天伏図という天井の器具の配置を示す簡単な施工図ではあったけれど、

未経験から初めて2か月後に私の作った図面が世に放たれたわけです。

1つの結果を出すとそれが仕事の信頼へとつながる。

簡単な図面とはいえ実際に現場で使えるレベルの図面を描いたことにより「これもやってみれば?」「これはできるかな?」と、どんどん難しい図面を任されるようになっていきました。

(今思えばいいように使われていただけでは・・・? とは思わないことが幸せだと思うのです。)

そうしてデビューした現場が無事竣工し、次なる現場へ。

2つめの現場でも図面を描かせてもらえ、その後は改修やデータセンターの現場ではメインの図面を任されることも。

図面を描けるという事はその建物に対して誰よりも詳しいという事。

入社3年後には改修現場で代理という形ではありますが現場代理人もさせてもらえるようになりました。

その後も現場を駆け回りは図面を描き、いつかは図面の専門家として施工図だけではなく設計などもやっていきたいなぁと思っていた、平成24年 夏。

社長からの一言

「山下って営業に興味ないん?」

「・・え?あります。」

・・え?

いや、いろいろ思いましたよ?4年間とはいえ積み上げてきた施工管理としてのスキル!資格!給料!(←ここ一番大事)

でも考えました。その経験を活かして建設の営業できるのって、さては俺だけでは??と・・

翌月には建設事業部の営業として第2のリープのキャリアをスタートしていました。

何事もチャレンジです。

ただの転職ではなく社内ジョブチェンジというメリット

初めての営業職は戸惑うこともありましたが施工管理職で身につけた、1つのものをみんなで作り上げていくこと。

コミュニケーションをとり円滑に仕事を進めていき、時にはクレームやトラブルに対応していく。

そんな営業職にも活かせる経験がたくさんあり、さほど困ることなく従事していけたかなと思っています。

(もちろんまったく無かった訳ではないのですよ!たとえば・・あ、文字数が足りないので割愛させていただきます。)

なによりも同じ会社内でのジョブチェンジがゆえに、社員旅行や社内イベントで顔を合わせている人たちと仕事をしていくので人間関係を一から構築しなくていいのは最大のメリットだと思います。

その後は現在のポジションであるITソリューション事業部の管理職に携わっています。

もちろんIT業界も管理職も経験はなかったのですが

・置かれた立場により自分を成長させる

・最初から完璧にできる人なんていない

・みんな最初は未経験 知らなくて当たり前

・チャンスがあるならやらなきゃ損

・経験は無駄にはならず必ず何かしらの役にたつ

と、ポジティブに考えるとなんとかなったし、なんとかなるもんだと今も思っています。

株式会社 リープでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社 リープ's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more