1
/
5

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」 「案件管理」機能をオプションサービスとして今秋より提供開始~ 契約関連業務を一気通貫し、法務のDXを加速 ~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」において、法務部が事業部から依頼される契約書の作成、審査の受付を一元化する「案件管理」機能を、今年秋より有料のオプションサービスとして提供を開始いたします。これにより、LegalForceは契約書の案件受付から管理まで、契約書業務を一気通貫してサービスを提供可能となります。

■ 「案件管理」を一元化

企業において、事業部門から法務担当者に契約書の審査、作成など「案件」の依頼は、メールをはじめ、グループウェア、電話、口頭、社内ツールなどのコミュニケーションツールを通じて行われています。コミュニケーションツール上で案件の受付と進行を管理することが難しいため、多くの法務組織では、案件台帳を作成して、業務を管理しています。しかし台帳の作成・維持は煩雑である上に、誤記、記入漏れ、更新の遅れ、対応漏れなどのリスクと隣り合わせです。さらにメールは宛先に含まれるメンバー以外に共有されず、社内・部門内の知見が蓄積されない課題も見受けられます。

上記のような課題に対し、「LegalForce」上で案件依頼を集約し、ワンストップで進行を管理する「案件管理」は、、法務業務の効率化と品質向上に貢献することが期待されます。

「案件管理」機能により以下のとおり、業務の効率化を実現します。

  • メールの宛先に、指定されたメールアドレスに送るだけで、依頼案件内容が「LegalForce」に自動で反映
  • 法務部担当者は「LegalForce」上で依頼者に直接返信し、コミュニケーションが可能
  • 法務部担当者は担当以外の案件の進捗も閲覧、検索が可能(検索機能は将来追加予定)
  • 案件に対するコミュニケーションが「LegalForce」上に集積され、ナレッジの蓄積・共有が可能

本機能は今秋にリリース予定であり、「LegalForce」の有料オプションとして提供いたします。

■ LegalForceが契約書業務を一気通貫したサービスを提供し、法務のDXを加速

LegalForceでは、すでにAIで契約書を作成、審査する「LegalForce」、AIで契約書を保管・管理する「LegalForceキャビネ」を提供しており、締結は電子締結サービスと連携しています。

このたびの、「案件受付」機能追加によりLegalForceは契約業務を一気通貫して提供可能となり、法務業務のDXを加速させていきます。

株式会社LegalForce's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more