1
/
5

業界未経験で入社した真壁さんに、キャリアについて聞いてみた

EXPERTNETWORKはリリースしてから丸3年が経とうとしています。
おかげさまでエキスパートのご登録者数、法人アカウント数、売り上げ、ともに右肩上がりで成長しておりますが、まだまだ日夜試行錯誤を繰り返している弊社です。

今回は、新たな仲間として12月に入社した真壁さんに、Libera に入社した理由や今後についてインタビューを行いました!

本日は宜しくお願い致します!まずは、Libera に入社するまでのキャリアを教えてください。

大学3年で、長期インターンをしたことが私社会人経験のスタートです。
そもそも、大学に入学したときは社会人になることについてあまりポジティブなイメージを持っていなかったんです。周囲にはあまり楽しそうに働いている人がいませんでした。電車の中でも疲れた顔をしている人が多く、明るい将来をイメージすることができなかったのです。その為、漠然と国家公務員になろうとか考えていました。

そんなときに、小栗旬、石原さとみの「リッチマン、プワウーマン」というドラマを見て考え方が変わりました。
こんなにポジティブに夢や野望を追いながら働いている社会人もいるんだ、こんな世界もあるんだ、と素直にイメージが変わりました。

そこから卒業後のビジネスパーソンとしてのことを考えるようになったのですが、正直社会人になるといっても「スーツを着てる」くらいのことしかわからなかったですね笑

そんな中で、インターンをした会社に出会い長期インターンをすることになるのですが、そこでは太陽光発電パネルと蓄電池の営業し、結局1年間で簡単なマネジメントをさせていただけるまでになりました。
当時は10年間の売電が終わる時期でした。売れなくなった電気を、今後は貯めて自分たちで使うということに切り替えをということで、かなり売れましたね。フルコミッションだったので最大で100万/月くらい稼げましたね笑

それだけ稼げたなら、そのまま正社員として入社するということも考えたのですか?

はい、そのまま入社する気はありました。ただ、冷静に周囲を見てみると、ほとんどが学生インターンと社会人数年の若手しかいない会社だったんですよね。社会を知らない人しかいないというか、この環境でこれからもやっていくことに対して、漠然とした不安がありました。

そこで、就職活動をしようと決意し、前職の不動産会社に内定をもらって入社しました。
不動産営業は楽しかったですよ。いろいろ自分で考えながらお客様と接点を作って、購入してもらうよう努力をしていきました。

しかし、改めて周囲を見てみると、熱中して仕事をしている人はあまりいなかったんですよね。
古い業界ですし、違和感のある商習慣も肌に合わない感じがありました。

そんな中で、副業としてパーソナルコーチングを始めました。
累計200名以上の方とキャリアに関するセッションを行い、いろいろな方の悩みをお伺いする中で、多くの人が仕事のことで悩んでいるということがわかりました。

サービスとかモノが発達してあふれている世の中であってもこんなにも悩みもがいている人が多いのかと、改めて実感しました。
それであれば、私自身が肌で感じたこの悩みや問題点にアプローチできることを仕事にしていきたいという思いが強くなっていきました。そして、これは不動産営業では不一致であるということは明確でした。

そこで転職を決意して今に至ります。

Liberaに入社しようと決め手になった部分はどのような部分ですか?

転職活動でスタートアップ、ベンチャーを様々見ていく中で、多くの会社は「システムを作って採用の過程に導入する事で採用成果が変わる」とかいう、現在の大きな仕組の中でより効率的に、効果的にしていくというプロダクトを示していました。
これ自体はとても意義のある話だとは思います。しかし、私の転職の軸としてはこのような改善の話しではなく、「市場全体の仕組自体を変える」ことにアプローチできる事業をしていきたいと考えていました。

Liberaの選考は複数回に及んだのですが、EXPERTNETWORKは今までの商流とは異なる選択肢を市場に示すことで、エグゼクティブを中心としたプロシェアリングの市場の抜本的な適正化、変革に取り組んでいること、また、何より代表の安西との対話を繰り返す中で、作っていきたい世界や価値観に対して、自分の価値観に一致する部分が多く、ここで働きたいと思えました。

実際に入社してみていかがですか?

入社してみて経営陣と距離が近いというのは、入社前から認識はしていたが、実際に入社からとても良かったと感じています。経営の意思決定に対して、なぜその考えに至ったのかをすぐに聞ける事は財産になると感じています。

業務の面ではtoB営業の中でも、経営者への営業という、営業の中でも難易度が高いことに取り組むことになり、日常で触れる知識や情報の絶対量が増えているのは強く実感します。
また、事業の作る事の大変さとか、一つ一つの設備のありがたさ、売上を作ることの大変さを学べている事は、自分にとってとてもプラスになっています。

前職と違う点でいうと、会社の看板が地域の顧客層にある程度認知されていた為、自分の実力以上の結果が帰ってきてきていたなと、改めて強く感じています。
Liberaはまだリリースしてから数年しかたっておらず、営業場面でも完全に個人の力として成果に跳ね返ってくる。入社前はすぐに成果をと息巻いていましたが、実際初めて見ると自分自身の実力の不足感を感じることが多々あります。その結果、ワクワク、焦りなどの複雑な感情がありますが、やりがいを感じています。


今後に向けた目標や意気込みを教えてください!

せっかく、このような立ち上げ期のスタートアップに入ったのだから、組織を自分で作って売上拡大していきたいと考えています。
インターンの際に、大学生を集めてマネジメントして成果を上げた経験もあるし、自分で仲間を集めて売上を作っていけるようなLiberaの中核の人材になっていきたいですね。
「Liberaに食わせてもらっている」ではなく、「みんなを食わせていける」様な人間になりたいと考えています。

また、Liberaに限らず、社内外でライフスタイルに対して良い影響が与えられる様になりたい。
前職で副業としてコーチングをしてきたが、私一人の力で、できるだけ多くの人の価値観に影響を与えられる、そんなキャリアを歩めたら嬉しいなと思います。

今後Liberaに入社してくれる方へメッセージをお願いします!

弊社への応募をしてくださった時点で、何をすればいいか、漠然とした不安がある場合、それを一緒に探しながら成長できる様な会社にしていきたいと考えています。
漠然としているけれど、やりたい事があったり、自分を変えたいという人に対して、一緒に走っていける様なそんな環境を作っていくことで、Liberaのビジョンの体現をしながら事業拡大をしていければいいと思っています。

一緒に偏見のない、適切な機会が適切な人に提供できる世界を作っていきましょう!

本日はありがとうございました!

ありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

真壁さんは、業界未経験での入社となりますが、どんどん知識を吸収しながら業務に当たってくださっております。

今後は弊社の中核人材になっていくことをみんなが期待している人材です!これからの活躍も追いかけて発信していきますでの楽しみにしてください。

Libera株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings