1
/
5

「現地から変えていく」リフト初の海外拠点にかける思い

こんにちは。

リフト株式会社で海外部門の責任者をしております、千々岩です。

この度、弊社で初の海外拠点をベトナムのハノイに設立することになり、4月より私が現地駐在となりましたので、駐在後まだ1ヶ月しか経過していませんが、設立からここまでに至るストーリーについて書かせていただきます。

海外拠点設立までに

私たちの会社、リフトを一言で表すと、日本で働きたいと思う外国人と彼らを採用したいという企業をマッチングし、双方が幸せな関係を作るためのサポートをする会社です。こう聞くと聞こえがよいですが、日本人従業員だとしても、そうした双方の関係を築くのに多くの会社が苦労しているように、外国人にはそれに加えて、言葉・文化の違い、そしてそれに起因した双方の思いの違いから、両者の間には、とても多くのすれ違いが起こります。

そうした一つ一つのすれ違いに対して、間に入り、時には泥臭く、解決していくことも私たちの仕事の一つです。

リフトに入社後、そうした外国人人材と企業の間に入って、双方をサポートする業務を約1年半の間行ってきました。中には、日本の企業に対して外国人雇用に関する啓蒙活動を行ったり、人材に対して教育を行うということも必要もありました。しかし実際、私自身が日本人であり日本で生まれ育ったため、外国人側の思いや、家庭環境などバックグラウンドについて十分に理解することには限界があり、また彼らが日本で働きながら言語や文化を勉強することをサポートすることに関しても、国内だけでサポートするのは困難な場合が多いです。そんな中、彼らの多くは日本入国前に、母国で教育・研修を受けているため、その現地での事前教育にリフトが入っていくことができれば、より効果的な人材への教育ができるとともに、企業にコンサルティングを行なっていく際のヒントも見つかるのではないかという思いから今回の拠点設立にいたりました。

コロナ禍での駐在開始について


コロナ禍での拠点設立、駐在となり、私の渡航の際に2週間の隔離があった他にも、現地での業務にあたり様々な政府の規制や日本への入国制限があるなど、影響も多々あり1日も早い回復を望む毎日です。

現在、現地スタッフは、グループ会社含め30名ほど在籍しており、全員が現地のベトナム人。日本語を多少話せるスタッフも半分ほどいるため、コミュニケーションはなんとかなっていますが、教育の場面で、私が臨時の日本語教師となり会話や、発音を教えるということも行なっています。

その他の業務では、ベトナム人人材を採用したい日本の企業とのやりとりや現地での募集、ベトナム政府に提出するための人材の書類作成などの実務の他、スタッフの教育、業務のオペレーションや教育のフローを作成といったマネージメント面など、自分の裁量で決定し、現場に落とし込んでいくといったことを行い、バタバタではありますが、予想外のこと多く、刺激的な毎日を過ごしております。

今後の活動を通して

今回、拠点をベトナムに設立することとなりましたが、今やベトナムは日本の在留外国人の国別ランキングでも、中国、韓国に続き3番目の国で、現時点ではコロナの影響で入国がストップしておりますが、今でも何万人という実習生が日本に入国することを心待ちにしています。

しかし、近年、ベトナム経済が急速な発展し、人件費が上がっていることや、日本にいる一部のベトナム人の犯罪がテレビなどで取り上げられ、ベトナム人人材に対するイメージが悪化していることなどから、一部の人材業界ではでネクストベトナムとして、インドネシアやミャンマーといった国に労働者をシフトしていく動きも見られます。

そのような中、私たちが今回、拠点をベトナムに決めたのは、技能実習制度をはじめ、日本への出稼ぎ先進国であり、現在世界で一番日本で働くための教育に関心の高いこのベトナムで、リフト独自の教育や情報発信を通して、事前教育を改革していくことは、日本やベトナムにとって、そしてネクストベトナムとなるであろう国々にとっても非常に重要になると考えるからです。

今後の目標としては、これまで日本で企業と外国人人材をサポートしてきた経験を生かし、また日本のスタッフと連携をとりながら、入国後の問題を事前に防ぐために現地での教育や情報提供をより強化していき、またベトナムの文化や人材のバックグラウンド等の現地で私が得られる情報を企業に伝えていくことで、人材と企業の相互理解を深め、日本全体の多分化共生及び世間でよく言われているダイバーシティ・アンド・インクルージョンを加速させるための事業を実現していきたいと思います。

リフト株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more