1
/
5

来月新卒入社!入社前インターンで感じたことと入社を決めたワケ

こんにちは!

今年の春、LIFULL senior 入社予定の松繁です!

現在は2週間限定でインターン生として採用のお手伝いをしています。

社員の方々にご協力いただきながら、すでに3つの記事を書かせていただきましたが、様々な部署のお話が聞けて、入社前に大変勉強になりました。

そんなインターンを通して思ったこと、感じたことをラフに記事にしたいと思い、本投稿を企画しました!

この記事を読んで、LIFULL senior にご興味を持っていただければ幸いです!

(業務中の写真がないので、業務とは全く関係のない旅行の写真をちょくちょく載せておきます 笑)

<自己紹介>

松繁 明香里(まつしげ あかり)

2020年3月 北海道大学卒業

生まれも育ちも札幌市という生粋の道産子(北海道生まれという意味です!)ですが、東京で働きたいという想いが強く、就活時代はほぼ東京のみで就活していました。

就職活動を終えてからの一年間は、人材系のベンチャー企業でインターンを経験。

その経験を通して採用に興味をもったこともあり、今回のインターンでは管理部で採用のお仕事をお手伝いすることになりました。

入社後の配属は、入社するまでのお楽しみです!


▼沖縄旅行にて


<今回のインターンでの業務>

わたしの業務は主に、Wantedlyの記事作成、採用管理ツールを使用した候補者管理 の2つでした。


特に、Wantedlyの記事作成は大変でしたが、何より楽しかったです!

まず、社員さんが実際に行っている業務がどんなものなのか直接学ぶことができて、社内で社員の皆さんがどんな業務をしているのかという理解にもつながりました。

そして、それをまとめて記事にすると、皆さんが読んでくださり、コメントをいただけるということがモチベーションにもつながり、とてもやりがいのあるお仕事でした!

記事はこちら:エンジニア歴15年のベテラン社員が語る、エンジニアのあるべき姿

新卒1年目!営業社員が語る、新規事業への想いと挑戦


また、採用管理ツールを使用した候補者管理も、LIFULL senior の採用の仕方を体感することができ、学びの多いお仕事でした。

私が請け負っていた仕事は、新卒候補者の面接日程の調整と連絡のみでしたが、過去に行った面接の評価基準やコメントを確認することができるので、「どんな評価軸があるのか」「どうやって候補者の方と出会っているのか」など、管理ツール画面や社員さんの動きを見ながら学ばせていただいていました。

また、人事だけでなく、現場社員でありながら採用も兼任している社員さんがいるということも LIFULL senior の採用の大きな特徴だと思います。

実際に一緒に働く現場社員とお話しできる機会は、就活生目線でも嬉しいことですよね。


<インターンを通して感じたこと>

インターンを通して感じたことは、社内の風通しの良さと社員の方々のあたたかさです。


私は現在インターン生として働いていますが、なんと席は社長の泉さんの目の前

一インターン生が社長の目の前で仕事をできるなんてこと、そうそうないですよね…

仕事中も泉さんに話しかけにこられる社員さんも多く、風通しのよさを感じました。


また、社員さんのあたたかさにも日々感動しています。

インタビューに応じてくれた社員さんたちは、共通してこんな言葉をかけてくれました。

「追加で聞きたいことあったら、またいつでも連絡してください」

お忙しい中、一インターン生のためにインタビューや取材を快く受け入れていただけるだけでもとてもありがたいのに、社員さんたちの「心遣いを忘れない姿勢」が素晴らしいと思いました。


ほかにも、他部署の方々にお忙しい中毎日ランチに付き合っていただいたり、同じ部署の社員さんも業務について気にかけてくれたりと、優しい社員さんに囲まれた2週間でした!

▼富山旅行にて


<私がLIFULL senior に入社を決めた経緯>

私が LIFULL senior に入社を決めた経緯を少しお話します。

これを読めば LIFULL senior の魅力を感じていただけると思います!


冒頭でも記載した通り、東京メインで就活をしていた私ですが、そう簡単なものではありませんでした。

3年生の2月、第一志望群の会社が全落ち

何度か選考を通過して、全て最終選考レベルまでいっていたのでかなりのショックでした。

最終選考で落ちるということは単に能力不足というより、「自分の性格やタイプがその会社に合っていなかったのだ」と合理化し(笑)、自分の就活の軸を見つめなおすことにしました。

それをきっかけに、100人前後のベンチャーフェーズの規模感でありながらも、自身の成長だけでなく、自分以外のもの(社内、社会全体など)にもベクトルを向け、社員同士がお互いに尊重しあえるような会社が良いと思うようになりました。

今思えば、この挫折経験がなければ LIFULL senior に出会っていなかったと思うので、挫折も必要な経験なんだと実感しました。


そんな挫折経験の末、とある就活エージェントに紹介された企業がこの LIFULL senior でした。

「ここ、松繁さんに合ってると思うんだよね!」

正直この時点では、シニアというマーケットに強い興味があったわけではありませんでしたが、過去の挫折経験から、「その会社との相性」の大切さを学んでいた私は、信頼するエージェントの言葉を信じて説明会に行ってみることにしました。


会社説明会というと、人事の方が会社説明をし、数名の社員の方と座談会後、選考案内をしてその場でエントリー希望の確認というものが一般的かと思いますが、LIFULL senior は違いました。

なんと一発目の新卒向け会社説明会で、社長の泉さんが黒T・ジーパン姿で登場!

驚きました。

社長登壇によって、トップが考えていることや、新卒採用を大切にしていることが感じられ、初期接点で、LIFULL senior が「人」という財産を本当に大切にしていることを実感しました。

社長も交えたざっくばらんな座談会終了後、私は迷わずエントリー希望を提出して帰りました。


その後の選考フローも、堅苦しい面接はなく、人事の方、現場社員、社長とお話させていただき、改めて学生側が LIFULL senior のことをより知るための選考だったと思います。

そういった「何事も相手目線で」という姿勢も、LIFULLグループが掲げる社是、「利他主義」を表していて、カルチャーが社内に浸透していることを実感しました。


そうやって選考を進めていくうちに、あっという間に最終面接。

面接終了後、泉さんから驚きの一言。

「社内見てく?」

まだ内定を出していない学生に、社長と二人で社内見学をさせてもらえることなんて、普通はあり得ません。

普通にとらわれず、相手のためになるのならなんでもやる!

そういったカルチャーを持った素敵な会社なんだと、最終面接後にも実感しました。

そうして LIFULL senior に入社を決めて、まもなく1年。

たった2週間のインターンでしたが、社員の方々には大変お世話になり、感謝しています。

入社後も、あらゆるLIFEをFULLにするために、一生懸命働かせていただきたいと思います。

4月からもこんな素敵な職場で働けると思うとわくわくします!

部署はまだ決まっていませんが、定まっていない自分の意見も取り入れていただきながら対話させていただいているところです。

4月からも、会社が掲げる「2025年までに100事業」に貢献したいという想いと、何事も常に自分から学ぶ姿勢を忘れずに頑張ります!「SWITCH」にもチャレンジしたいです…!

LIFULL senior は新卒の募集も受け付けております。詳しくはこちら

※2021年卒の募集は締め切りとなりましたので、ご了承ください。

株式会社LIFULL senior's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more