1
/
5

新卒入社して半年間会社の魅力を書き綴ってきた、採用担当の会社に対する本音

Photo by Marvin Meyer on Unsplash

こんにちは!

LIFULL senior採用担当の松繁です。

22卒の新卒採用が始まりバタバタしていると、前回の投稿からいつの間にか1ヶ月が経ってしまいました汗


この半年間、採用広報業務の中で社員にインタビューしたりアンケートとった内容を、Wantedlyのストーリーを使って会社の魅力として発信してきました。

そんな私が、LIFULL seniorに入社してから半年が経過したということで、入社してからの出来事を新卒目線で書かせていただきたいと思います!


今回は私の個人的な意見や感想が多いので、実際に新卒入社した社員の一意見と捉えていただければ幸いです。

▼入社前の記事はこちら


前回書いた記事も、今回の記事も、就活生の方はもちろん、転職先を探している皆さんにもLIFULL seniorについて知っていただけるような内容になっておりますので、是非ご一読ください!

(今回は夏の旅行の写真入れておきます。※業務には全く関係ありません。)

入社後の業務について

上に貼ったインターン時の記事では、

入社後の配属は、入社するまでのお楽しみです!

なんて書いていますが、4月以降もこうして採用担当として働いています。


入社前のインターンの時期に、上司といろいろ相談させていただき、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを、とことん話しました。

私自身、みんながイキイキして働けるような社会を実現したいという思いを強く持っていたので、採用という、人生において大事な選択をする就職・転職のタイミングでサポートができる仕事にはとても興味を持っていました。

仮に弊社に入社することがなかったとしても、

「LIFULL seniorに出会えて、選考を受けてよかった」

そう言ってもらえるような採用ができたら素敵だなと思います。


現在はそんな自分が希望した採用担当というポジションで働くことができてすごく嬉しいです。

業務内容としては、新卒・中途かかわらず、説明会や面談に出たり、自社PRのための採用広報、エージェントさんとの打ち合わせなど、幅広く関わっています。

そんな業務の中で、新卒目線で感じたことを書いていきたいと思います。


▼四季彩の丘にて


「新人だから」は、ない!

企業の魅力として打ち出される言葉の中に、「裁量権がある」という言葉があります。

就職活動や転職活動をしているとよく聞く言葉かと思います。

裁量権という言葉は難しくて、人によってその程度が違うと思います。

裁量権を仮に、「自分で考えて行動できること」と定義すると、正直どこの会社でもやろうと思えばできることだと思います。

それができないのは環境のせいではなく、自分の行動力次第ですよね。


会社側が提供する「裁量権」があるとするならば、それは業務に関して「新人だから」という扱いがないということではないでしょうか。

もちろん、初めてでわからないことはたくさんあります。

それは新人・ベテランにかかわらず、わからないことは周りの人に聞けば教えてくれます。

ただそこで、「新人だからここまででいいよ」とか「新人だからこれはやらなくてOK」とかそんなのはありません。

この会社の一社員として、自分は何をすべきか、どんな価値を提供できるのか、それを常に自分で考え、やりぬく必要があります。


つまり、「裁量権がある」というのは会社からのtakeではなく、自分から何をgiveできるのかを試されることである、と言えると思います。

長々と偉そうなことを書いていますが、私は皆さんよりもまだまだ未熟なので、いわゆるベンチャー企業の裁量権を目の当たりにして、正直、「新卒なのにここまでやるのか…」と思うこともあります。(笑)

ただ、それを一つ一つ着実にこなすことで、確実に成長していけるという実感があります。

個人の感想ですが、ベンチャーで1年働けば、その成長スピードを実感すると思います(って入社半年の人間が言うことではないですが 笑)


さらにLIFULL seniorには、一人一人の挑戦を称える文化があります。

失敗はよくないことではなく、それを次に活かせるのであればむしろよかったという考え方です。

私もこれまで何度も失敗してきましたが、その時に先輩社員は必ず、「どうしてできなかったのかと次にどういうアクションをとるか考えてね」と言いました。

これこそすごく大事なことです。

当たり前ですが、こうして一つ一つの失敗を次につなげていくことが、特に新卒には重要なことです。


▼秩父シャインマスカット狩りにて


ベンチャーと大手のいいとこ取り!?

ここまで読んでくださった方は、

「“新人だから”がないなら新卒研修なんてないですよね…」

と思われているかもしれませんが、新卒研修は、しっかりあります

しかも、親会社LIFULLと合同です!

入社してから、リモートではありましたがLIFULLと合同で新入社員研修がありました。

社会人にとって必要なマナーや仕事の考え方など、社会人の基礎を叩き込んでもらいました。


この前もちょうど、LIFULLと合同で入社半年研修があり、そこで半年の出来事をモチベーショングラフで振り返ったり、上司から暖かいメッセージをいただいたり、LIFULLの役員の方と懇親会をしたりと、盛り沢山でとても良い研修でした。

このように、研修や評価制度、福利厚生など、LIFULLの制度をそのまま運用しているものもあり、ベンチャーでありながらこの辺はしっかりしています


半年経ってどう?

この質問、この1ヶ月くらいで本当にいろんな人からされました。

次聞かれたら、この記事見てくださいって言えるように書いておきます。

どうだったかと聞かれると、長いようで短かった、そんな感じです。

正直楽しいことより大変なことの方が多かったし、もう投げ出したい!!と思う時もありました(笑)


その中で感じたのは、「LIFULL seniorって本当に素晴らしい会社だな」ってことです。

内部の社員が言うとなんだかわざとらしいのですが、新卒目線だと思って読んでください(笑)


私は天邪鬼なところがあるので、周りの友達が大手企業に入社を決める中、ベンチャー企業に入って、新卒でいきなり採用担当という割と珍しいキャリアを歩んでいると思います。

期待されているような気がして最初は張り切っていたのですが、やってみるとできないことだらけ

新卒だから当たり前、といえば確かにそうなのですが、今まで良くも悪くもあまり挫折経験がなかったので結構落ち込んだ時期がありました。

そんな時に助けてくれたのが、上司でした


コロナで友達にも家族にも会えず、辛くても相談相手がいない、でも何かアクションしないと崩れそうだったので、上司に相談してみることにしました。

その時は本当に、情けなくて申し訳なくて、せっかく採用してくれたのにごめんなさい、そんな気持ちでした。

でもそんな私の気持ちに寄り添ってくれて、何に悩んでいるのか、この先どうしたいのかをたくさん聞いてくれました。

もっと言うと、私の上司は取締役も兼務されているので、すっごく忙しいです(本当にお忙しい中申し訳なかったです…)。


この時、本当にこの会社にして良かったと思いました。

仲間を大切にしている社員が集まっている会社だからこそ、悩んでいる新卒の話も一人の仲間として受け入れ、どんなに忙しくても優先して相談にのることができる。本当に素晴らしいです。


また直属の上司だけではなく、別の部署の方に相談できる機会もたくさんあります。

部署の違う新卒でも、会社全体で育てようという意識が浸透していて、とにかく利他の精神でいっぱいです。

長々と書きましたが、私はこの半年で、この会社にしてよかった!と心から思っています。

だから皆さんに入社して欲しいんです!!(笑)


▼青い池にて

22卒採用始まってます

早いもので、この前21卒が終わったと思ったらもう22卒が始まるんですね。

21卒は2名採用に成功して、2名ともとっても素敵な方です。

と言っても、まだあまり直接会う機会はないのですが…


今度21卒のインタビュー記事も書きたいと思ってます!

22卒も素敵な方と出会えるように、がんばりますよー!

今年はインターンなども開催して、さらに新しい試みも始めています。

22卒の方はぜひ!乞うご期待!


また、興味を持ってくれた方は、新卒・中途かかわらず、カジュアル面談も可能ですのでぜひお気軽にご連絡ください!

それでは〜!

株式会社LIFULL senior's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings