1
/
5

【社員インタビュー⑥】ビジョン実現に向けて語り合い、行動につながる組織を目指して。

*株式会社リヴァ 社員インタビュー第6弾*

今回はリヴァトレ高田馬場センター長の中川に、組織づくりを意識した取り組みと、そこに寄せる想いを聞きました。


プロフィール

中川 洋(なかがわ ひろし)

所属:リヴァトレ事業部/リヴァトレ高田馬場センター長
入社時期:2014年

Q1.現在の仕事内容・チャレンジ内容

現在の仕事内容はリヴァトレ高田馬場でセンター長として、利用者の支援・センターの運営管理・地域や関係機関とのネットワーキング・スタッフのマネジメント等を行っています。

その他、チャレンジしていることとして自センターだけではなく他のセンターを含めたリヴァトレ事業部全体の戦略立案に携わっています。

また、業務以外の取り組みにはなりますが、「社内勉強会」を2019年2月に有志メンバーと一緒に立ち上げました。それから現在まで毎月1回開催しています。このような周りを巻き込んだ活動も私としては大きなチャレンジです。

Q2.自分の人生で大切にしていること

仕事、と答えたいところですが(笑)、まずは家族の存在ですね。いまの私が在るのも家族のおかげだと心から思っています。

そして一緒にリヴァで働く同僚の存在も私にとって大きな存在です。公私共に私の人生に出会いやきっかけ、良い影響を与えてくれた方がリヴァの同僚には沢山いて、とても感謝しています。基本的に私は休日は人とあまり会わないのですが(笑)、たまに会うのは大体リヴァの同僚だったりします。

最後に、仕事において大切にしていることは、関わる方の様々な「生きづらさ」に対してわずかでも「生きやすさ」のきっかけや手がかりを共に見出せたらという願いです。また、私自身も一人の人間として同じく「生きる」ことに向き合い、成長していきたいと考えています。

Q3.今後やりたいこと

リヴァのビジョンである「自分らしく生きるためのインフラをつくる」の実現に向けて、まずはリヴァの色んな社員とそれぞれが描くインフラの形を「語り合う」ことからはじめたいですね。

実は社内勉強会も将来研究や発表をしたいという社員との語り合いをきっかけにスタートしました。ゆくゆく社内勉強会は業務外ではなく業務内で教育や相互研鑽の機会として定着させることを目標に取り組んでいます。

そして「学ぶ」ことと「実践」は両輪であるという社風をつくっていけたら嬉しいです。もちろん、そのためには安定したセンター運営と業務の余白を生み出す必要があるので、リヴァトレ事業部としてどうすればより効率的に、かつより効果的にサービスを提供していけるのかを考えていきたいです。

私一人のできることは限られているので、そんなことを一緒に語り合い、実現できる「チームづくり」「組織づくり」が今後のわたしのやりたいことです。

★株式会社リヴァHP→https://liva.co.jp

株式会社リヴァ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more