1
/
5

ヤフーから参画したデータサイエンティストが、データで『良い会社の定義を変える』ことに挑戦する理由とは?

リンクアンドモチベーション エンジニア広報です。今回の社員インタビューは、大手ECサイトを運営するヤフー株式会社(以下、ヤフー)からリンクアンドモチベーション(以下、LMI)へ参画したデータサイエンティスト黒崎のご紹介です!

本記事では、データサイエンティストならではの視点で、モチベーションクラウドの魅力やデータを起点とした今後のビジネスの可能性について触れています。

【今回のストーリー登場者】
黒崎 康介(2020年6月中途入社)
株式会社リンクアンドモチベーション データサイエンティスト(※)

(※) データサイエンティスト:社内外の大規模データの収集から分析、事業への活用までを行う仕事です。LMIではモチベーションクラウドシリーズのデータを蓄積するデータ分析基盤の運用や、顧客向けにデータ分析のレポート作成、顧客満足度を予測する機械学習モデルの開発などを行っています。

あらゆる人が、個性や強みを活かして活躍できる社会へ

ーー 黒崎さんのこれまでのご経験をお聞かせください

黒崎:前職はヤフーのデータサイエンティスト兼マネージャーとして、主にeコマースのサービス改善を担当していました。当時のヤフーは、機械学習の導入を進めているところで、私の役割は、eコマースサービスの売上を機械学習を用いて向上させることでした。

ヤフーは多くのサービスを持っているため、ユーザーにサービス間をうまく回遊してもらうことが重要です。私は主に、その回遊を制御するプロダクトを担当していました。ユーザーが検索エンジンで検索した際、検索クエリに関連のあるサービスを予測表示する精度がサービスの売上に多大な影響を及ぼします。

当初はエンジニアが勘と経験で考えたルールで関連サービスの表示を制御していましたが、勘と経験ではABテストをしてみても精度は上がらないことが多く、サービス改善には限界がありました。そこで制御ルールを機械学習モデルで置き換えることを提案し予測表示の精度の向上を実現しました。一日で億単位の取り扱いがあるプロダクトだったので、その精度が上がることによる事業への影響力も大きく、データサイエンティストとしてやりがいを感じていました。

ーー LMIでの役割についてお聞かせください

2020年6月にLMIに中途入社してからは、モチベーションクラウドで取得したデータの集計・分析、データを活用する基盤の運用などを担当しています。モチベーションクラウドは、組織状態を定量化し、組織課題を顕在化させ、改善まで一気通貫でできるクラウドサービスです。

直近の取り組みでは、モチベーションクラウドで取得した従業員と企業の相思相愛度を示すエンゲージメントスコア(以下、ES)とお客様からいただくデータ(退職率など)を掛け合わせて分析しています。例えば、退職率とESの相関を分析することで、退職率を下げるためにはモチベーションクラウドのこの項目を改善すると良いといった提案をしています。

エンゲージメントの向上が、退職といったお客様の課題の解決に繋がることを示すことで、ESの価値をより実感してもらっています。他にお客様からいただいているデータには、営業利益率のような業績データや顧客満足度、ストレスチェックのテスト結果などがあり、いずれもお客様にとって非常に重要なデータを分析しています。

ーー LMIに入社を決めた理由をお聞かせください

黒崎:会社という組織には、様々な能力やスキルをもった人が所属していますが、能力やスキルを活かしきれず成果が出ていない人を冷遇する企業も多いと思います。私は、世の中に成果を出せない人はいないと思っており、その人が持っている能力やスキルを活かせない組織の問題だと感じていました。

また、少子化が加速する今後の日本社会を見据えた際、労働者の能力やスキルを最大限に引き出していくことで、企業の生産性も向上し、最終的には日本のGDPにも寄与できるのではないかと思いました。
そんな中、人のモチベーションやエンゲージメントに特化した事業を展開しているLMIに興味を持ち、自分が得意とするデータサイエンスを用いて、労働者が生き生きと働ける社会づくりを加速できるのではと思い、入社を決めました。

データサイエンスで、人と組織の課題を可視化する

ーー LMIのデータチームの役割についてお聞かせください

黒崎:開発組織におけるデータチームの役割は、データを用いてプロダクトやコンサルティングを改善・サポートすることです。実業務としては、前述のようなお客様のデータとESデータを掛け合わせた分析の他に、業界や人数規模など様々な切り口での比較分析、コロナ前後におけるESの変化の分析などを行っています。これらの分析によって、組織改善のポイントがわかりやすくなったとお声を頂いています。結果として、プロダクトとしての優位性を感じていただいています。

また、顧客向けだけではなく自社のコンサルタントへのサポートも行っています。モチベーションクラウドのユーザーログイン情報やアクセスログに関するデータ集計基盤やダッシュボードを構築し、社内のコンサルタント向けに提供しています。また、上記の顧客の行動データと、コンサルタントの行動データを用いて、顧客満足度を予測する機械学習モデルを構築・運用しています。その顧客満足度に応じてお客様へコンタクトを取ったり、顧客満足度への影響が大きい行動を取ってもらうことで、効果的に顧客満足度を上げられるようにしています。

組織状態の「診断」から「変革」までを自動化し、組織の未来を予測する

ーー 現在のデータチームの課題を教えていただけますか?

黒崎:モチベーションクラウドで実現できるのは組織状態の「診断」が中心です。組織の「変革」については、まだまだ現場のコンサルタントがお客様に並走しサポートすることで実現しています。

将来的には、コンサルタントのサポートなしにモチベーションクラウドシリーズだけで組織状態の「診断」から「変革」まで行えるようにし、お客様自身で自走して組織を改善していけるシステムを目指しています。お客様が自走できる状態を実現するためには、モチベーションクラウドの診断結果にその時の組織状態だけでなく、改善すべき組織課題も明示し、さらにその組織課題の改善に効果的なアクションをお客様に提案する機能も必要です。膨大で多種多様な組織診断結果に対して最適な課題やアクションを提示するルールを作るのは難しいため、データチームが機械学習を用いてチャレンジする領域だと考えています。

また、現在のモチベーションクラウドでは、組織に問題が生じた後の対症療法の側面が大きいので、データサイエンスの技術を使って「予防」ができるようにしていきたいと思います。組織状態の悪化の兆候を掴み、問題が起こる前に先手を打つ「予防」が実現できるよう、データを用いて弊社のモチベーションエンジニアリング(※)を進化させていきたいと考えています。

(※) モチベーションエンジニアリング:経営学・社会システム論・行動経済学・心理学などの学術成果をもとに創られた、リンクアンドモチベーション独自の基幹技術です。リンクアンドモチベーションのサービスやプロダクトは、モチベーションエンジニアリングをもとに設計されており、組織のエンゲージメント向上や個人のモチベーション向上をご支援しています。


ーー 黒崎さん、本日はありがとうございました。最後に読者へメッセージをお願いします

黒崎:はい。おかげさまで、モチベーションクラウドを導入いただく企業様は増えています。それに比例しLMIには様々な業界や従業員規模の組織データの蓄積も加速しており、データの活用次第ではよりモチベーションクラウドの競争力を高め、新たなビジネスを展開できる可能性も十分に期待が出来ます。

創業以来、長年に渡って組織コンサルティング事業を展開してきたため、ESという組織状態を表すデータが蓄積されていることはもちろん、個人を対象にしたサーベイのデータや社内コミュニケーションプロダクトの閲覧率やいいね数などといった、モチベーションクラウド以外のプロダクトのデータも豊富にあり、LMIは人事データの宝庫だと感じます。

今後は、データチームとして社内外のデータをフルに活用し、事業成長を牽引していきたいと考えています。データ×HRTechに興味を持っていただける方を募集していますので、ぜひエントリーをお待ちしています!

株式会社リンクアンドモチベーション's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more