1
/
5

未経験×フルリモートでも関係ない。リスペクトし合える仲間と歩む、骨太な挑戦の道。

未経験×フルリモートでも関係ない。リスペクトし合える仲間と歩む、骨太な挑戦の道。

今回インタビューを行ったインサイドセールスの豊田さんは、業界も職種も未経験で2020年3月に入社。コロナ禍で入社早々に全社フルリモートに切り替わる中でも、着実に成長を遂げたベンチャーイズムの持ち主です。

この記事では、彼がベンチャーへの転職を考える中でもロジクラを選んだ理由や、働く中で感じている魅力、描く未来についてお伝えしていきます!

決め手は、人とビジョン。本気になれる場所を見つけた。

ーまずは、インサイドセールスの職務内容について教えてください。

ロジクラのセールス部門はオンラインセールスとインサイドセールスに分かれていて、現状は1名ずつで進めています。

その中でインサイドセールスの職務は大きく分けると2つ。

1つは新規リードへの顧客架電です。無料でアカウントを登録し、インバウンドで流入してきたお客様に対する商談化の動き。もう1つはナーチャリング対応で、「継続して使ってもらうには何が必要か?」を考え、顧客データベースを元に、分析&アプローチをしていきます。

パスばかりを追うと離脱も上がりがちなので、インサイドセールスのミッションを「顧客の成功を体現すること」に置いて、どうしたら使ってもらえるかを考えて対応することを重要視していますね。


ー豊田さんの入社のきっかけは何だったのでしょう?

もともと父親が自営で製造業をやっていたり、いとこも小売業をやっていたり、周りに商売人の多い環境で育ったんですよね。新卒で規模の大きな会社に就職したものの、成熟した大手企業だけではなくて、自分で市場を切り拓いて世の中にインパクト与えられるような環境に身を置きたいなという思いがあって。

ベンチャーで転職先を探す中で、スカウトで声をかけてもらったのをきっかけに、未知の業界ではあったものの「話を聞いてみようか」と軽い気持ちで面談を受けてみることにしたんです。

ー入社の決め手は何でしたか?

学生起業で、もがき苦しみながら突き進んできた長浜社長の精神力とビジョンに共感したことですね。年齢も自分と1つしか変わらないのに、単純にすごいなって。転職にあたって「誰と働くか」を重視する中で、尊敬できる人に出会えたというのが大きかったです。

面接時に「死ぬ気で働きます!」っていうくらい惚れ込んだんですけど、「しっかりメリハリ付けて働いて欲しい」って言われて、出鼻をくじかれましたね(笑)。

フルリモートでも、支え合い高め合える環境がある。

ーITベンチャーも物流業界や職種も未経験で、入社当時はギャップを感じることも多かったんじゃないですか?

休む時はしっかり休むという社風は、入社前に持っていたベンチャーのイメージとは違いましたね。

逆に職務面では、この規模なのにオペレーションが仕組み化されていて、さすがITベンチャーだなって印象でした。流入があると通知が来るので、架電まで1分程度。お客様にも「早いね」って驚かれるんです。お客様の業務効率化や標準化を促進する立場として、自分たち自身がそれを体現できている環境だなと感じます。

他には、「給与以外、全情報オープン」というカルチャーにも驚きでしたね。前職が金融系だったこともあって、かなりギャップがありました。でもフルリモートという環境でもありますし、Slackで活発に議論をしたり、プライベートな投稿もしたりする文化も良いなと思っています。

ーロジクラはベンチャーの中でも異例な離職率の低さですが、その要因はどんな所にあると思いますか?

個人的には、周囲をリスペクトするカルチャーと、情報をオープンしている点が要因かなと思います。

例えば、リモートでもSlackを見れば今誰が大変なのかがわかりますし、リスペクトの文化があるから自然と「手伝いましょうか?」と声を掛け合えるんですよね。

あとはSlack内のリスペクトチャネルで週次で互いを称賛する取り組みも、モチベーションにもつながっています。「挑戦する仲間を称賛し助け合う」というバリューは個人的にも一番気に入っていますし、会社の文化としても続けていきたい所ですね。

ーリモートでのセールス業務は、コミュニケーションやモチベーション維持が大変ではないですか?

チームでは毎日、朝夕の2回のミーティングがありますし、セールス部門でのミーティングや全社のミーティングも週次でやっています。進捗も議論もオープンなので、フルリモートでもつながりは保てていますね。

特にセールス部門は数字で明確な共通目標が立てられている分コミュニケーションも生まれますし、モチベーションも保てますよ。

市場もキャリアパスも、切り拓けるかは熱量次第。

ー今後ロジクラをどんな会社にしていきたいか、豊田さんの視点でお話しください!

これはメンバー共通の想いですが、世の中になくてはならないようなインフラとなる会社にしていきたい。

すごく大きな目標なんですけど、その分、メンバーの熱量も本当に高いんですよね。お客様のペインを解消したいという強い想いを持ったメンバーが集まっているんです。私自身も、育った環境から中小企業の助けになるプロダクトに関われることは最大のやりがいになっています。

だから、着実に成果を積み重ねて行きつつ、本質的に「もっと世の中に必要とされるには?」を考えて、マーケットを切り拓いていきたいですね。

個人としても、社内のロールモデルになれるように、インサイドセールスの枠にとどまらずオンラインセールスやマーケティングに踏み込んだりと、さまざまなキャリアパスに挑戦したいと思っています。

ー最後に、どんなメンバーに入ってきて欲しいですか?

共通の目標に向き合って、走り続けられる人ですね。セールス×フルリモートなので、セルフマネジメント力は求められます。

一方でこれまでの業界の知識や経験はさほど問題ではなく、私もITや物流にはかすりもしない業界から転職していますが、それでも裁量を与えてくれて、意見にしっかり耳を傾けてくれる会社です。

入社したての頃に張り切って意見をぶつけても、フィードバックもくれない環境だとだんだん意見も言わなくなることってありがちだと思うんですけど、ロジクラはそんなことはないですね。すぐにフィードバックをくれるし、採り入れる時もすぐに動いてくれる。

なので、意思を持ってどんどん意見を言ってくれる方と一緒に目標達成を目指したいです。

ー豊田さん、ありがとうございました!

少しでもロジクラに興味を持たれた方はぜひ一度お話をしましょう。

「話を聞きに行きたい」を押していただけると嬉しいです!

株式会社ロジクラ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more