What we do

世界をログしよう!
社内は明るく落ち着いた雰囲気
ログミーは、イベントでのセッションをはじめ、 対談、セミナー、スピーチといった、 “誰かが公に語った言葉”を すべて文章として書き起こす(=ログ化する)ことで、 価値ある発言がその場に居合わせた人だけでなく、 時間と空間を超えてより多くの人が共有できるように ストックするプラットフォームです 現在、テーマごとに下記3つのバーティカルメディアを展開しています。 ■ログミーBiz IT業界を中心に活躍する20・30代のビジネスパーソンが関心を寄せるイベントのセッションを全文書き起こし、配信するメディア https://logmi.jp/ ■ログミーFinance 上場企業の決算説明会を全文書き起こし公開することで、投資家間における情報の非対称性を解消するメディア https://finance.logmi.jp/ ■ログミーTech IT・Web業界で活躍するエンジニアの勉強会やイベントなどを全文書き起こし、配信するメディア https://logmi.jp/tech

Why we do

ログミーブルーの壁が印象的なオフィス
2年前に越して来たオフィスもすでに手狭に
ログミーのMission|価値ある情報をすべてのひとへ ログとは "あとから、誰でも、すべての” 事実を把握できるよう残す記録のことです。 ログをすべての人に開かれた情報として残し、 誰かが必要とした時にアクセスできるようにすることで、 記録の価値が生まれます。 私たちは、ログを通して、 人生を変えるきっかけになる誰か発想や、社会に影響を及ぼす政治や経済などの情報に、 すべての人がアクセスできる世界を作ります。 そのために、価値ある発信をする人・コミュニティを尊重し、 その活動に貢献し、支援していくためのプラットフォームを提供します。 −−− ■SNSが当たり前となったことで、逆説的にオフラインイベントが盛り上がっている今こそ求められる、イベントアーカイブの場 イベントコンテンツには、スピーカーの生の声が直接聞けるという醍醐味があり、これほどまでにオンラインコミュニケーションが当たり前になった今、逆説的に日夜さまざまな場所でイベントが催されています。 イベントには企画から実施までたくさんのエネルギーが注がれ、その場限りにしてしまうのは惜しいものも多くあります。また、才能ある人がイベントでおもしろい話をしても、その会場に居合わせた人にしか伝わりません。 私たちは、そういったコンテンツをログ化し、すべての人が必要な時にアクセスできるようにすることで、スピーカーが提供してくれた貴重な情報と出会える場を作りたいという思いから、ログミーというサービスをスタートしました。 ■情報の価値づけの最終判断は、ユーザーの権利である ログミーのMissionの一節に 「ログとは "あとから、誰でも、すべての" 事実を把握できるよう残す記録のことです。ログをすべての人に開かれた情報として残し、誰かが必要とした時にアクセスできるようにすることで、記録の価値が生まれます」 と記載しています。 私たちはこの考えに則り、情報の価値づけの最終判断はユーザーに委ねるべきだと考え、記事編集の過程で「コンテンツのトリミング」をあえて行わないことをポリシーとしています。

How we do

営業と編集で協力してサービスを改善していきます
ログミーの行動指針|3つのValue 私たちのMissionを遂行するために、ログミーで働く人たちが共有している3つの価値観をご紹介します。 <Respect> 価値ある情報の発信者に敬意を払おう。 発信者のメッセージを適切に編集し、 より良いコンテンツとして世の中に届け、 良質な発信者がきちんと評価される世界をつくろう。 <Pride> 自分が誇れる仕事をしよう。 細部へこだわり、 美意識にこだわり、 成果にこだわり、 最良のものを作ることに努めよう。 <Movement> 新しいカルチャーを生み出そう。 誰も気がつかなかった価値を見出し、 自ら世の中に働きかけ、 浸透させることで、 社会を進化させよう。 −−− ログミーのチームについて 組織が成長している中で、チームは臨機応変に変わっていきますが、ログミーを大きく支えるロールについて紹介します。 ■編集 ログミーのサービスを支えるログコンテンツの制作を行います。 取材先の選定(企画出し)にはじまり、取材交渉からコンテンツ制作まで、記事制作に関して一貫して責任を持ちます。広告企画のプランニングなども行います。 ■セールス 企業のマーケティングパートナーとして、ログミーがお役に立てるよう、日々クライアントワークをしています。商品開発やイベント企画、運営なども手掛けています。 ■開発 ログミーの長文コンテンツを快適なユーザー体験で届けられるようエンジニアが日々改善を行っています。 ■ブランドコミュニケーション ログミーブランドのグロースをするためのチームです。マーケティングはもちろん、組織づくりを進める過程でインナーコミュニケーションやナレッジシェアにも力を入れ、社員のスキルアップによる品質向上を目指しています。