新オフィス移転後、初開催!ドアが開いていたら社長と1on1できる人気企画「オープンドア」を開催しました!

はじめまして!新卒2年目で、普段はリアル店舗で働いている佐野緑です!Wantedlyブログ初投稿でドキドキですが、宜しくお願いします!

私は今期、リアル店舗での仕事に加え、部署を横断してさまざまな取り組みに参加&挑戦できる社内プロジェクト、通称『TRY プロジェクト』に参加し、チームビルディングチームに所属しています。

ミッションは組織課題の解決!

このチームでは半年に一度、社内で実施しているモチベーションクラウド(社内サーベイ)で出た組織課題の解決をチーム全体の共通の目的とし、活動中です。

FABRIC TOKYOは今、事業拡大に伴い全社で100名を超えてくるフェーズに入っているので、社員が増え、組織が縦割りとなってくるタイミングで発生する組織課題への対策改善を目標に、部署の異なる計6名のメンバーで社内向けの企画やイベントを行ってます。

今期、取り組んでいる2つのテーマ「関連部署間の連携」「ナレッジの汎用化・標準化」 

この両方の課題に通じる改善策になればと思い、去年好評だった「オープンドア」を新オフィスで開催しました。

先週から新オフィスになり『MARUEI』(旧オフィス・丸栄ビルの名前からとってます笑)と呼ばれる社長室で、朝9時から11時までの2時間、森さんと1on1ができるように企画しました。

▼2018年開催時の様子はこちら!

「オープンドア」って一体何を話すの?

オープンドアとは、ネーミング通り、「社長室のドアが空いてたらいつでもだれでも入ってきて、自由に1on1できる」という取り組みです。

話す内容は、

・緊急性が高い相談
・会社の将来への突っ込んだ質問
・今後のキャリアの相談
・言い出せていない有望なアイデア
・日頃抱えている不安や悩み

などなど。

普段、森さんになかなか聞けないこと、相談できないことも「オープンドアなら、カジュアルに相談できる!」という機会になって欲しいと思い、企画しました。(ちょうど、代表の森もニューヨーク出張帰りで、当日は時差ボケのまま行ってもらいました笑)

新しいメンバーも続々と増え、100名以上の組織になった今、代表の森と1on1でコミュニケーションを取るのがなかなか難しい。前日どれくらいのメンバーが来てくれるかと、企画チームとしてドキドキしていましたが、たくさんのメンバーが参加してくれ、大成功でした!

森さん

1on1は意図しなければ機会を作れませんが、今回オープンドアを通じて普段ミーティングや立ち話などしかしないメンバーとも直接コミュニケーションを取ることができ多くの気づきを得ました。人によってはポジティブな提案、一方で悩みを抱えるメンバーもいましたが1on1をしたあと部屋を出て行く表情が明るくなっていたのが印象的で、オープンドアの実施意義を感じました。また定期的に行いたいと思っています。

以上、新オフィスで仕事の相談ももちろん、仕事以外の話でもウェルカム!な「オープンドア」企画のご紹介でした。

今後も社内の取り組みをご紹介していきたいと思いますので、ぜひページをフォローして、チェックしてみてくださいね!

事業推進部 コーディネーター 佐野緑より

株式会社FABRIC TOKYO's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more