「アパレル業界を変えようとする"想い"を感じました」アパレルOEM企業で営業として働いていた私がFABRIC TOKYOに入社した理由

\「私がFABRIC TOKYOに入社した理由」新記事ができました!/

2019年8月入社、リアル店舗全体を担う「事業推進チーム」に所属する、菅勇希(すが ゆうき)さんにインタビューをしました。

社員の顔が見える新コーナー!「私がFABRIC TOKYOに入社した理由」

▼社員の入社ストーリーを続々、更新中です!

菅さん、よろしくお願いします!

皆さん、こんにちは!FABRIC TOKYOコーディネーター職の菅 勇希と申します!2019年8月に入社し、現在は関西店舗にて接客や販売・店舗運営を行っています!10年ほどギターをやっているので、かなり!ギターにはうるさいです(笑)転職を検討されていて、関西の店舗を下見される際は、ぜひお気軽にお声がけください!

説明会で感じたFABRIC TOKYOの魅力

菅さんの入社までのストーリー

── 前職ではどのようなことをしていましたか?

前職はアパレルOEM企業で、営業として働いていました。

具体的には、各取引先さまの企画担当者や生産担当者とシーズンごとの商品企画・生産に関して商談をし、受注した商品の生産・お届けなど、幅広く担当していました!


── FABRIC TOKYOにはどのようなきっかけで入社されましたか?

前職時代に、アパレル業界のアナログさ・慣例に囚われた前時代的なやり方に疑問を感じ、転職を考えていました。

転職先としては別業界も考えていましたが、登録していた転職エージェントの方から「大阪でFABRIC TOKYOの説明会がありますよ」とご案内をいただき、参加したのがきっかけです。

決め手は、そこで行われた懇談会でした。代表(森さん)からの事業説明や、関西で働くリアル店舗メンバーとの懇親会を通して「アパレル業界を変える!」という想いと、会社が好きな人の集まり(懇親会での会話でそう感じました!)というところに魅力を感じました。


業務の幅を決めず、新しいプロジェクト・業務に挑戦していきたい

── 入社後から、過去どのような仕事をしてきましたか?また、今の仕事について教えてください。

リアル店舗で勤務し、接客や販売・店舗運営を担うコーディネーターとして入社しました。

入社後1ヶ月は代々木のオフィスで採寸や業務に関する研修を受けました。その後、関西店舗配属となり、採寸やライフスタイルに合わせた生地提案などを通して、FABRIC TOKYOの魅力を少しでもお客さまに感じてもらえるよう、日々邁進しています!


── 今後、どのようなことに挑戦したいですか?

挑戦したいことは無数にありますが(笑)、直近では新店舗の立ち上げに挑戦したいと思っています!

0から1を作ることの難しさや、チームビルディングの大切さが学べること、また今まで距離の関係でサービスを体験できていなかったお客さまに価値をお届けすることに挑戦したいと考えています!

ゆくゆくは教育、商品企画にも挑戦したいです!


── 転職を検討している方へメッセージ

FABRIC TOKYOは本当に入社前と入社後のギャップがない会社だと思います!

少しでもご興味を持ってくださった方は、ぜひ一度説明会に足を運んでみてください!そこで良い印象だったら間違いなく合うと思います!新しい仲間と一緒に働けるのを楽しみにしています!

株式会社FABRIC TOKYO's job postings
「アパレル業界を変えようとする"想い"を感じました」アパレルOEM企業で営業として働いていた私がFABRIC TOKYOに入社した理由
Masahiro Takahashi
株式会社FABRIC TOKYO / 広報・採用
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more