1
/
5

「こんな時だからこそ、つながりを大切にしたい」総勢約150名!四半期に一度の全社集会をオンラインで開催しました!

はじめに

今回の新型コロナウイルスの感染症により亡くなられた方々にお悔やみ申し上げると共に、影響を受けた方々の一日も早い回復と、感染の早期終息を心よりお祈り申し上げます。

日本でも緊急事態宣言が発令され、日々状況が変化しておりますが、お客様、従業員、および縫製工場や生地メーカー、物流、商業施設、その他すべてのパートナー企業のみなさまの健康と安全を第一に考えることを基本方針とし、事業を継続しています。

FABRIC TOKYOでは、2月22日より予防策への対応、また集団感染を防ぐためいち早く東京オフィスで働く従業員の完全リモートワーク(自宅作業)化へ踏み切りました。

そんな状況下ですが、4月10日に四半期に一度の全社集会、通称「みんなの超会議」を開催しました。

書き手の素直な気持ちとしては、複雑な部分もありますが、「FABRIC TOKYOはコロナウイルス に負けずに頑張っていますよー!」「Zoomでも全社集会はできるぞー!」ということを伝えるため、暗い雰囲気は出さないようにレポートしていきます!

2020年1月開催「みんなの超会議」レポートはこちら!

2020年第二四半期開催「みんなの超会議」レポート!

今回のテーマ「5つのわ」

前提からお話しすると、2019年から2020年3月までのハイライトは「全国出店を加速させた」ことでした。

2019年は、関西初となる大阪店の立ち上げを皮切りに、京都、名古屋店オープン。そして、2020年2月には福岡初店舗をオープンし、店舗数は19店舗になりました。

前回の全社集会では「つながり」をテーマにしていましたが、東名阪福にまたがって店舗出店エリアを拡大したFABRIC TOKYOは、「今、改めて組織として同じ想い」を持って爆進していく必要があると考えました。第一四半期で「つながり」を意識したからこそ、次は「わ」を広げ、強い組織を作る必要があると考え、このテーマを掲げました。

特に、新型コロナウイルス の影響を受けている今だから、、、!こそ、このコンセプトはより重要な意味を持つと思いました。

あいにく、東京2020オリンピックは延期になってしまいました、、、が、すべてのステークホルダーの方々との「わ」を広げ、在宅ワークが続く中でも皆がなにかしらの「わ」を感じてもらえるように、そんなきっかけづくりがしたい、と。

そんなことを考え、幹事チームを中心にこのコンセプトを掲げました。

ここからは実際のレポート

合計で2時間近くあり、すべてレポートするのが難しいので(笑)、

・オープニングコンテンツ
・代表の森が、今考えていること
・スペシャルコンテンツ

の3つのハイライトに絞り、ご紹介していきます!

コロナウイルス の影響で、社内MTG、全社集会などオンラインでやらざるを得ない必要がある会社が多いかと思いますが、この記事を通じて「こういう取り組みをしているのか〜!」「こういう取り組みもいいね!笑」など、感じていただけると嬉しいです。

ではでは、初めて完全オンライン開催となった、全社集会!レポートしていきます〜!

オープニングコンテンツ

当日は、4月10日の朝9:00スタート!というスケジュールでした。

普段、10:00から始業していることもあり、幹事メンバーも全社員も少し早めの1日のはじまり、、、、、、リモート開催で体もシャキッとしていないだろう、、、ということで、


みんな朝ダヨ!おきておきて〜〜〜!



という号令のもと、「ラジオ体操」からスタートしました!(笑)


恥ずかしがらず、ちゃんと参加してます

出典:ラジオ体操第一・実演
URL:https://youtu.be/_YZZfaMGEOU



トントトントトン!



ハイッ!開いて!





閉じる!





開いて




閉じる!




いや、めっちゃ開いてない?

俺の目は騙されへんよー!俺騙したら、大したもんやー!


深呼吸です

息を吸って〜〜〜〜〜〜〜〜はきま〜〜〜す〜〜〜
5、6、7、繰り返しましょう

ティロティロティロ、、、リン、、、







という具合で、合計150名近くの社員がZoomの前でしっかり3分間ラジオ体操第一をしました。みんながどうだったのかわかりませんが(笑)、素直な感想を残しておきます。


シャキッとしました(笑)

では、ネクストコンテンツへ。

続いては、代表の森さんから

今、思っていること、社員へ伝えたいこと

みなさん、お疲れ様です。森です。

国内で新型コロナウイルスの感染が広がり、FABRIC TOKYOへもさまざまな影響が出ています。

例えば、4月7日の緊急自体宣言を受け、各商業施設の決定に伴い、関東を含む、関西のリアル店舗を臨時休業せざるを得ない状況になりました。本日時点では、表参道店、銀座店、名古屋店、京都店は営業を続けていますが、今後の影響により臨時休業の意思決定を下す必要がある可能性もあります。

日々、刻一刻と変わる感染動向に対し、経営陣も正しい情報をとり、迅速な意思決定を下すよう取り組んでいる状況です。FABRIC TOKYOのみんなにも、自ら正しい情報をとり、今後の見通しの仮説を立て、各部署の意思決定をしながら仕事をして欲しいと思っています。

新型コロナウイルスの感染拡大がいつまで続くのか不透明ではありますが、歴史に学ぶと、今回のような世界規模の有事が起きた際には市場が変化するタイミングであるとも言えます。歴史に学び、これからの未来の当たり前を想像する必要があるタイミングです。

全社員になんども伝えていますが、FABRIC TOKYOはただ洋服を売っている会社ではありません。洋服を通じて、働く楽しさを届けている企業です。従業員数は150名前後の規模ですが、まだまだ規模としては小さいです。つまり、変化を受け入れ、柔軟に動きやすい事業規模であると言えます。

この事態を乗り越えるためにも、一人一人「変化する必要がある」ということをこの超会議の場を通じて、認識して欲しいと思います。

新型コロナウイルスに関しては、関東を中心に暗いニュースが多いが多いですが、明るいニュースもあります。新型コロナウイルスの集団感染が最初に発生したとされている中国・武漢の封鎖は、4月に解除される予定です。NYでは、まだまだ油断ができない状況で山場が続いていますが、ウイルスに対して「みんなで闘っている」と感じています。

日本でも感染拡大に伴い、人に当たってしまう報道も出てきていますが、本来の敵は人ではなくウイルスのはずです。だからこそ、FABRIC TOKYOの社員一人一人には「今、自分は何ができるか?」を個人で考え、行動するようにして欲しいです。

さいごに、みなさんに3つのお願いです。

1つ目、自分自身、ご家族、ご友人の安全の確保をしてください。

2つ目、ピンチをチャンスにしましょう。今までできていたことができなくなり、逆にいろんなことを仕込めるタイミングでもあります。新しいことを学習する時です。

3つ目、今、自分たちがやれることを一つひとつやっていきましょう。

これからも色々なことを経営陣で意思決定し、社内へ発信していきます。時には納得いかないことも出てくるかと思いますが、信じてついてきてください。

今回の目玉!スペシャルコンテンツ!

リモートで、心が離れがちな今だからやりたいこと、、、それは「思い出」「ドラマ」を嚙みしめたい!

急成長を遂げるFABRIC TOKYO、毎クオーター難易度の高い目標に向かってみんな一緒に挑戦しているわけですが、実はちゃんとできていないのが、振り返り。目標未達や課題の裏でも、たくさんの達成目標や嬉しいドラマが生まれています。

なので、今回は大小関係なく、みんなが生み出した成果をお互いに褒め称え合おうではないか!ということで、、、企画したのがこちらの企画!

66 Win session!(どーん!)

※Win session(ウィンセッション)とは、目標設定・管理手法「OKR」を運用する上での取り組みのひとつ。同じチーム内のメンバーで集まり、今週の進捗具合を互いに共有し、褒め合うチームミーティング。FABRIC TOKYOでも、プロダクト部から運用がはじまり、今では各部署も行なっています。毎週末、プロダクト部がスタンディングテーブルで「Win〜!」と盛り上がっています。

今回、なんと全部署から合計103個!Win!が集まったそうですが、大人の事情(笑)もあり、103個から66個に厳選いただきました。

実際の参加イメージ

画面に向かって「Win〜〜〜〜!(ウィン〜〜〜〜!)」と叫ぶ!笑

めっちゃ新鮮!新しい!

とはいえ、初めての試み。みんながついていけているか、広報チェックをいれていきましょう。

ブレてるのがいいですね、勢いを感じます。

恥ずかしそうなメンバーもちらほら。いいんです、いいんです。なにせ初めてですし。恥ずかしいですよね(笑)

ん・・・寝起きな人おる?

プライバシーを考慮して名は伏せますが、広報チェック的にアウト案件でした。

攻めも守りも広報は大事ですね。

すこしおちゃらけましたが、なんとなく雰囲気伝わりましたでしょうか?(笑)

66 Win sessionの楽しみ方をお伝えしたところで、残りは実際に幹事から発表してもらった2020年第一四半期の「各部署からのWin!」をお届けします。全部紹介すると長すぎるので、ハイライトに絞ってご紹介します!

経営管理

・固定費削減プロジェクト立ち上げ!1日あたりの固定費、約1,500円削減に成功!Win!

・持続可能な組織づくりのために、みんなの制度をみんなでつくる「Agile HR」スタート!Win!

・経理担当の長瀬さん、地元山形に帰省し、リフレッシュ!Win!

マーケティング

・新商品「ビジネスカジュアルジャケット」発売!1ヶ月で目標販売着数を達成!Win!

・社内転職制度で、風間さんがジョイン!部署の平均年齢が若返る!Win!

・福岡出身の張さん、念願叶って故郷・福岡出張&福岡店立ち上げを推進!Win!

経営企画

・梱包資材の大幅見直しに着手!一配送につき数百円規模のコストカットを実現見込み!Win!

・経営企画の情報の見える化スタート!広報機能が搭載!Win!

・杉山さん、1Qで髪色を3回チェンジ!鎌田さんから頭皮を心配される!Win!

社長室

・代表の森さん、4月8日に34歳の誕生日を迎える!Win!

・広報の高橋、社内で開催したオンライン飲み会で取材獲得!一週間に2度のテレビ放送と自宅公開(笑)を経験!Win!

・サスティナブル担当の峯村さん、サスティナブルブランド国際会議2020に登壇!が、写真なし!本当に登壇したのか?疑惑浮上!Win!

新規事業企画室(STAMPチーム)

・完全無人店舗でのオペレーション開始!「コンタクトレス」型でポストコロナ時代の店舗爆誕!Win!

・NHKの取材獲得!当日、朝6:00の放送では3Dスキャンのデモで村瀬さんがパンイチ(笑)で出演!Win!

生産管理チーム

・念願の短納期プロジェクトがいよいよ始動!納期短縮に期待大!Win!

・お直し料金の見える化を徹底!お客さまへのご案内がよりクリアになり、生産性UP!Win!

・三浦さんが坊主ヘアにチェンジ!生産管理チームの風通しがよくなる!Win!

カスタマーサポート

・コロナウイルス対策として「オンラインチャット接客」を導入!PC、スマホどちらでも利用可能に!Win!

・コロナウイルスに負けるな!カスタマーサポート全体が攻めるカスタマーサポートへ変化中!Win!

プロダクト部

・プロダクトマネージャー4名体制となり、プロダクトマネジメント体制が加速中!Win!

・各プロダクトマネージャーがぬいぐるみをデスクに常備。プロダクト部のデスクを中心に癒しを与えるファンシーな世界観を醸成!Win!

・スクラムマスターこと、楠本さん。リモートワークで3つのハングアウトに同時参加し、デジタル聖徳太子になる。Win!

店舗開発

・既存店舗の改装、新規出店含め、1ヶ月で過去最高の4店舗出店!Win!

・2020年2月には福岡初となるリアル店舗をオープン!内覧会ではゲストの皆さまからも好評の声!Win!

事業推進(店舗運営チーム)

・初の福岡進出となる、天神ソラリアプラザ店オープン!エリア拡大により、メンバーが全国へ羽ばたく!Win!

・大宮店勤務の平山さん、自身の成功体験を言語化&店舗チームへアセット化するために、プロジェクト始動!Win!

・大宮勤務でスーツが大好きな平山さん!リモートワークも朝からスーツで登場!Win!

、、、という感じで、合計66個のWin!をみんなで叫びました(笑)

オンライン初開催&全社員参加型の「FABRIC TOKYO 66 Win Session」でした。楽しんでいただけましたでしょうか?(笑)ほか、動画もあったのですが、社内向けなので割愛します(笑)

さいごは総勢150名!「わ」ポーズで締めました!

合計2時間〜を超える全社集会、さいごは今回のテーマ「輪」を演出するために、画面前で輪っかを作りました。カメラがなかったり、通信トラブルがあったりで映っていないメンバーもいますが、そこはご愛嬌で(笑)

せ〜〜の!!わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!








以上、初めて全社員リモート + Zoomで開催した全社集会「みんなの超会議」のレポートでした!

(魂込めましたよ、、、渾身の1記事です。。)

コロナウイルスの影響により、途中から完全リモート化に踏み切った超会議でしたが、幹事チームの尽力のおかげで、大きなトラブルもなく開催することができました。

3ヶ月前は代々木オフィスで開催できていたのに、、、と思い返すと、今までの全社集会の当たり前が根底から覆った状況下でした。そんなタイミングでしたが、幹事チームが柔軟な発想と実行力で、コロナウイルス化での新しい当たり前、全社集会の当たり前を作ってくれました。まさに歴史に残る、素晴らしい全社集会でした!

オンラインだと参加者側からのフィードバックは感じにくいというデメリットもありますが、同じ場所にいなくても、幹事チームが目指していた「わ」を感じることはできたのではないかな?と感じます。

Zoomなどのビデオ会議ツールでも、全社集会はできますよーーーー!!全然いけますよーーーー!!ということを、僕から念押しして伝えておきます(笑)

FABRIC TOKYOの事業を取り巻く環境も日々変化していますが、ピンチを受け入れ、変化に柔軟に対応できるメンバーがいれば、必ずブレイクスルーができると思います。「コロナに負けるな!」じゃないですが、4月からも一人一人が今、できることを考え、行動していきたいですね。

次回の開催は、2020年7月!冒頭と同じですが、コロナウイルスの影響を受けた方々の一日も早い回復と、感染の早期終息を心よりお祈り申し上げます。

幹事のみなさま、ありがとうございました!Win!

株式会社FABRIC TOKYO's job postings
25 Likes
25 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more