1
/
5

【数字で振り返る】2020年4月のメディア掲載まとめ!

広報の高橋(@maataroudesu)です!

今月もメディア掲載をまとめていきます。

4月は新型コロナウイルスの影響により、お届けできるネタが少なめですが、前回ご紹介した「性別を聞かないお店 - FABRIC TOKYO think inclusive fashion」プロジェクトの関西TVでの放送、新型コロナウイルス感染対策を目的とした「ソーシャルディスタンス」推進の取り組みを中心に振り返っていきます!

2020年4月メディア掲載まとめ!

◼︎ FABRIC TOKYO

・掲載合計:7件
・Webメディア掲載:4件
・誌面掲載:1件
・TV放送:1件
・新聞:1件

ハイライト🎉

4月のハイライトは、新型コロナウイルス感染対策を目的に、人との距離を置くように求める ”Social Distancing” を広めるために、アレンジしたロゴを公開したこと。

ロゴを公開したのが4月6日。当時は首都圏での感染拡大に伴い、不要不急の外出を控えるように呼びかけがあり、全国的にも感染者数が増えている段階でした。

小池都知事の記者会見が記憶に新しいかと思いますが、まさに一人一人が感染拡大抑止に繋がる行動が求められているタイミングで、「ソーシャルディスタンスの周知に取り組むことで、 感染拡大の防止に繋げる一助になれば」と考え、公開に至りました。

結果として、どれくらいこの取り組みが影響を与えることができたのか?は不明瞭...ですが、新型コロナウイルスのような有事の際に、自社から世の中に対するコミュニケーションの取り組みとして、新しいチャレンジができたのではと思います。

「いつもより #距離を保とう 」を合言葉に制作した「ソーシャル・ディスタンス」ロゴ

4月のプレスリリースはこちら

FABRIC TOKYO

2020/04/01 - 宣伝会議
逆流する情報を汲み取るのがD2Cの本質、ブランドと顧客が直接つながる時代のCX「FABRIC TOKYO」


2020/04/07 - TASCLAP
男の格上げは、オーダースーツに頼るべし。おすすめ10ショップで理想の1着に出会おう


2020/04/10 - KBS京都「京bizX」マチネタ
性別を聞かないお店を目指して、FABRIC TOKYOラクエ四条烏丸
https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kyo-bizx/


2020/04/14 - Fashionsnap
ファッションブランドが「ソーシャルディスタンス」を啓発、ザラやアンリアレイジがロゴをアレンジ


2020/04/15 - PENCIL by Schoo
「当事者たる起業家が考える、2020年テックトレンド」(出演者:山下 智弘 / 水野 雄介 / 森 雄一郎 / 福田 浩士)


2020/04/16 - PENCIL by Schoo
「当事者たる起業家が考える、2020年テックトレンド」(出演者:山下 智弘 / 水野 雄介 / 森 雄一郎 / 福田 浩士)


2020/04/20 - 学生新聞(TOP CONNECT)
株式会社FABRIC TOKYO - ユーザーエクスペリエンスをデザインする会社になる

以上、2020年4月のメディア掲載まとめでした!

4月は新型コロナウイルスの影響で全社員在宅ワークとなり、従来のように新企画を売り込むことができず、悔しい1ヶ月でした。

一方、明るいニュースもあり、3月にリリースした「性別を聞かないお店 - FABRIC TOKYO think inclusive fashion」プロジェクトをKBS京都様にご紹介いただくことができました。3月の国際女性デーに向けて、約半年間準備をしてきたこの企画。関東だけでなく、関西でも少しずつ広まっていく手応えを感じ、素直に嬉しかったことを覚えています。

次回の更新は5月!在宅ワーク2ヶ月目に突入しますが、変化を恐れず、新しい価値を生み出していけるように取り組んでいきます!

株式会社FABRIC TOKYO's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more