1
/
5

代表メッセージ:ライフサウンドとは

採用応募してくれる皆様への最初のメッセージ

ライフサウンドのページをご覧になられている方、ご閲覧ありがとうございます。ライフサウンドの代表の山内です。 弊社のミッションについて少しお話ししたいと思います。

COLORFUL LIFESTYLE FOR ALL「多彩なライフスタイル実現に貢献する」

『目指したい道』や『やりたい事』に対し、周りの雑音を気にせず、迷わずに走れる社会の実現に貢献したい。自分の個性にかけて、一生懸命な人たちを支援したい。ライフサウンドを設立した根本的な動機はそこにあります。もし、人を感動させることができる様な素晴らしい力を持った人が、この社会的な環境の中に埋もれてしまうようなことがあったら、そこを引っ張り上げるのがライフサウンドのミッションです。 その根底にあるもの、才能に溢れる素晴らしい個性たちがそれぞれ光り輝く領域で、多彩なライフスタイルを実現できる社会を実現するために私たちは歩き続けます。
こんなメッセージで始まった会社です。

ライフサウンド設立のきっかけ

このミッションを思いついたのは大学時代。もう15年以上のも前のことです。音楽に没頭し日々を過ごしていた際に、自分の師匠である音楽家の方が音楽をやめると言い出したことから、「なぜこんな素晴らしい才能が音楽をやめなければならないのか?」「自分はそれに対してなにかできないだろうか?」と考えたことがきっかけでした。当たり前のように良い大学を目指し、大企業を目指す。当たり前の理想のキャリアがはびこる世の中で、自分の個性にかけて勝負していく人たちへの理解は今に比べて少ないものでした。

僕がこの会社を作った当時この意味を理解してくれる人は自分の周りではなかなかいませんでした。

会社のメッセージはここ数年、「いいものを広めていかないことは罪である」として発信していました。これは当時、もともとのメッセージが身近な人にも理解されず、もっとわかりやすくしてほしいという要望が強かったからです。当時僕が感じていた社会への息苦しさを理解してくれたのは数少ないメンバーでした。

今思うと時代がついてきてなかったんだなと思いました。

今、急速に進む多様性と価値観のアップデート

最近海外に出向き、そして日本でもよく思うことなのですが、様々な多様性が認めれる社会に移行していると感じます。 わかりやすいものが良いとされる風潮や「長いものに巻かれろ」というに発想に押しつぶされることは世の常ですが、少しずつそういったテレビ的な発想も若い人たちの間で変わってるように感じます。

以前は「常識」だったことが覆され、ここ数年で急速にアップデートされています。 過去の社会が描く理想の生き方から、価値観の多様化はスピードを増して進化し、 自分らしさを尊重するそんな時代がきています。

マイノリティがフラットに発信できる時代。そういう人たちが集まり、つながり新しい考え方と文化を産み出すことで世の中はより面白くなる気がしています。その芽の成長をどのように促進し、サステイナブルな状態に発展できるようにもっていくか。ここに挑戦していきたいと思います。

ライフサウンドの社名、実はこんな意味があります

ライフには命、人生、生活、生きがいという意味があります。 サウンドは音ですが、音には様々なカラーとその組み合わせがあり、多彩な表現方法をもたらします。 このふたつの言葉を合わせることにより、人生に多様な生き方があることを認め、多くの人がもつ「常識」にとらわれない、多彩なライフスタイルを支援したいという思いを表しました。 ライフサウンドという名前には『鼓動』という意味も込め、力強く、心臓の様に変わらずリズムを刻み続け、才能あふれる個性達にエネルギーを提供していきたいと考えています。

音の数だけ生き方があっていい。世間の流行に惑わされる事なく、我が道を進む決心をして自分が一番心がワクワクする事をすることをどれだけの人ができるか。そういった道筋をしっかりとつくって支援して世の中の同志たちに見せたいと思います。

コロナに負けず、この苦しい状況が終わったら事業をスムーズに展開すべく新しいメンバーの力が必要です。

ぜひご応募ください! 今回はデジタルマーケター、セールスプランナーを募集させていただきます。

ライフサウンド株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings