1
/
5

「自分の人生の中に仕事がある」という働き方が実現できる環境が魅力だと感じました

自分のこと

2018年1月に入社しました、新井周平です!

学生の頃からデザインの勉強をしており、最初は紙媒体の業界から入りましたが、WEB業界に興味が湧きサイトのデザインを学びつつマークアップも一通りできるようになりました。その他にも、写真撮影・レタッチ・イラスト・動画作成ができたりできなかったりします笑

現在の役割

ディレクターをやっています。

ディレクターの作業範囲は会社によって様々だと思いますが、メゾンマークでは、お客様と仕様の打ち合わせをして、デザイナーやコーダーに情報共有、実現可能なソリューションを提案したり、プロジェクトを円滑に回せるようスケジュール管理を行います。また案件ごとの予算を決定する部分にも関わっています。

メゾンマークを知ったきっかけ

メゾンマークを知ったのは転職活動中です。それまでは全く聞いたことのない会社でした。

メゾンマークに惹かれたエピソード

メゾンマークに惹かれた点はいくつかありますが、一番印象に残っているのはWEBソリューション事業部営業兼人事部長の永松さんが本当に親身になって僕のことを考えてくれていたことです。

新入社員という関係性を超えて、家族のように僕の将来の展望を考えてくださったり、如何に早く入職できるか対策を練ってくれたりと、挫けそうな時も励ましてくれました。

このようにメゾンマークは一般的な企業に比べずっと社員同士の結びつきが強く、互いを思いやる気持ちが強いという点でとても惹かれました。

実際に入社してから抱いた感想

会社紹介で読んでいましたが、改めて風通しの良い社風だと思いました。

肩書き的な意味での上下関係はもちろんありますが、普段の仕事の中でそれを感じることはほぼありません。例え上司であっても、自分の考えはきちんと伝えることができ、実際にそれが役員レベルにまで浸透し、必ず何かしらの形でフィードバックがあります。

また働き方においても、今までは「会社を中心に自分の人生がある」という感じでしたが、今では「自分の人生の中に仕事がある」と言うことが可能です。最小限のルールはあるものの、就業時間や場所に囚われ過ぎず自分らしい働き方を行えるのは、メゾンマークの大きな魅力だと思います。

今後のキャリアビジョン

自分の適性を生かし、引き続きディレクターとして実力を付けたいと考えています。

まだまだ力不足な点も多いので、日々の仕事をただこなすだけではなく、最新技術や周りにも気を配って、常に最善の判断を下せるディレクターを目指していきたいです。

どういう人と働きたいか

既存のルールや上からの指示に常に疑問を持ってくれる方と働きたいです。「このやり方よりこの方がいいんじゃないか」「指示が来たけどそれって本当に必要なことなのか?」等、自分の考え方や経験を活かして、新しいソリューションを提案してくれる方となら、より良いWEBサイトやサービスを提供できると思っています。

株式会社MAISON MARC's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more