1
/
5

CD部長期インターン生にインタビュー!どんな人が真面目に向いてる?仕事内容は?やりがいは何?


こんにちは!真面目社で長期インターンをしている石井です。

今回はクリエイティブディレクション部でインターンをしているロヒさんにインタビューをしてきました!

Profile

武蔵野美術大学の造形構想研究科の大学院生
昨年の10月から真面目社に長期インターンとして入社
趣味:絵を書いたり写真撮ること
大学とかでは主に映像と写真の制作を行っている
中国から日本へ


Qなぜ真面目で長期インターンを始めたんですか?

実は、真面目社との出会いは少し変わっているんです。

昨年の8月頃に歯医者に行ったんですけど、その時に担当の先生からの紹介で知りました。
(その先生はアズサさんのご主人でした笑)

真面目社をネットで調べた時に、jimotoなどのプロジェクトに興味を持ったので担当の先生に真面目社の社長を紹介していただき、クリエイティブディレクション部として長期インターンを始めることになりました。

Q映像に興味を持ったきっかけは?

小さい頃からアニメやテレビの番組が好きだったことがきっかけです。
あとは、ミュージックビデオを見るのも好きでした。

元々は、絵を描くことが好きだったので、グラフィックデザイナーになることが目標でした。
でも、日本に来たタイミングでグラフィックデザインが本当にやりたいことではないかもしれないと思うようになりました。

そこから、映像を作ってみたいと思い、武蔵野美術大学の映像学科に入学しました。

今までずっとデザインも写真も絵も一人の作業が多かったんですけど、映像制作はチームで作品を作っていくことにすごく楽しさを感じました。
さらに、0から始まったものを少しずつ構成をして、編集まで仕上げていくことも楽しかったので映像制作の道に進もうと思いました。

Q今の仕事内容は?

主にプロジェクトのプランニングを行っています。

具体的な例でいくと、「エニタイムのある風景」のプランニングをしています。

ロケ地を探しやスケジュールを組むなどの事前準備を行い、実際に撮影の現場にも同行します。撮りたい絵や物を探し出して撮影し、撮影した動画の編集を行っています。




Q仕事の中で面白い・難しいと思うことは?

面白いなと思うのは、撮影に行くたびに新しい発見があることです。

撮影の現場で、自分の思いがけない話を聞くことができることがすごく面白いなって思います。
あとは、美しい風景などを見た・聞いた後にそれを映像にして人に伝えていくことも面白いなと思います。

難しいことは、撮影現場に行ってみないと分からない部分がとても多いことです。

最初に準備していたものと全く違う撮影の状況になったときに、柔軟に対応していくのがすごく難しいなって思いながら、その状況も楽しんでます。



Q休日の過ごし方は?

普段は街歩きをしたり、ロードバイクに乗って出かけることが多いです。

自分の興味がある建築物を見に行ったりしています。



Q真面目ってどんな会社?

みんなお互いに助け合って、一緒に前に進んでるような会社です。

ドラマでよく見る職場での戦いみたいなものが一切なく、平和でみんな助け合って一緒に前に進んでいることがすごくいいなっては思ってます。

また、みんな自分のやりたいこととか、頑張りたいことに集中してっていう印象があります。

Qどんな人が向いている?

映像業界は全部そうかなって思うんですけど、ある程度の精神力と体力がある人。

あとは、何事も楽しめる人がすごく向いていると思います。
真面目社は小さい会社なので、人手が足りなくて大きなプロジェクトにいきなり関わることもあるんです。

でも、何も分からない状態だとしても、楽しみながら最後までやり抜ける人は楽しいと思います。


真面目社では、22卒・中途・長期インターン生を募集しています。
少しでも真面目に興味を持ってくれたら、是非一緒にお話ししましょう!!

株式会社真面目's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more